《症例報告》50代ランナー 足底筋膜炎、モートン病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

症状

左足:足底筋膜炎、モートン病、小趾の中足部痛

右足:特になし

 

2日後にハーフマラソンが控えている


検査・動作テスト

歩行チェックにての股関節の内旋(内捻れ)が見られる

右脚の外太もも(外側広筋、腸脛靭帯)からふくらはぎ(腓骨筋、腓腹筋)にかけて全体的に緊張が強い

可動域テストでは、特にの股関節の硬さあり

症状が左に対し、問題が見られるのは全て右。

履いて3ヶ月経過。右の靴底の減り方が極端

 

右の問題によって左が代償的に負担が増している。


施術

代償的に負担がかかり症状が出ている左ではなく、

右の緊張を取り、可動域を上げる

 

右股関節、右下肢を中心にトリガーポイント リリース。

腰椎のカイロプラクティックアジャストメント。

及び、全身を調整

 


インソール

レース用にSUPERfeet trimカーボン

練習と普段履き用に、SUPERfeet trimグリーン

 

 


改善確認

 

歩行とジョグでチェック

右の内捻れが緩和


運動指導

二軸を意識した歩行からジョグ

 


予後経過報告

 

ハーフマラソンで10年ぶりに自己新!

 

▼Sさんからの口コミ「的確なアドバイスで走り方が変わりました」

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*