トリガーポイントの原因と対処法

トリガーポイントの原因と改善方法

トリガーポイントとは?

病院、整体、接骨院…どこに行っても改善しない痛みやしびれ。

実は痛みやしびれのほとんどは、

「筋・筋膜性疼痛症候群=トリガーポイントが原因なのです。
1983年に米国のケネディ大統領の主治医を勤めたトラベル博士が中心となって、「筋筋膜性等痛症候群(トリガーポイント)」を提唱し、体系化しました。

それによると痛みの原因の95%が筋・筋膜だとしています。

トリガーポイント(以下略:TP)は、直訳すると痛みの引き金点という意味です。

痛みの原因となる部位が改善されないまま慢性化してくると痛みを感じる神経が過敏になり、脳が痛みを記憶してしまいます。

するとますますTPが活性化し、次は他の部位にも痛みやしびれを飛ばし始めます(関連痛、放散痛)。

わかりやすい例では、肩こりからくる頭痛、おしりのコリからくる下肢のしびれなどです。

はっきりとした痛みがなくても、動きの低下、筋力の低下を感じているならTPが悪さをしているかもしれません。

TPはシコリのようであったり、ロープ状に筋全体が硬くなるようであったりします。あなたが肩こりならコリッとした肩の強張りを知っているでしょう。また、触感がないケースもあります。

痛みがなくても関節の可動域が低下している、動きが悪い状態はTPによって筋・筋膜が硬く縮こまり、柔軟性の低下はもちろん、筋力が正しく発揮されない状態に陥っています。これを筋力不足と勘違いして筋トレに励むと、TPはますます活性化します。このパターンをたどる人、多いです。。

筋膜とは筋肉を包む薄い膜でコラーゲン状の

膜組織です。

筋膜によって臓器、筋肉などが正常な位置を保っています。筋膜の弾力性が落ちたり、癒着を起こすと、あたかも縮んだセーターを無理やり着ているような状態になります。連想してみてください。

トリガーポイントはなぜ発生するのか

一言で言うとTPは組織の酸欠です。血液の循環不良が起きています。

血液の中の酸素、栄養が各組織に循環しなくなると細胞レベルでみずみずしさを失います。細胞の生命線は核ではなく、細胞を覆う膜です(核がなくても細胞は生き続けますが膜がないとすぐに死んでしまいます)。膜組織がカサカサと元気がなければ、細胞の転写、新陳代謝のスピード、質、量もどんどん悪くなっていきます。

ではTPはなぜ発生するのでしょうか。

使いすぎか、使わなすぎ。

このどちらか、もしくはどちらもか、です。

デスクワーカーのように動きが少なければ、それだけ、血液循環が滞るわけですし、動きすぎたらそれはそれで鬱血します。

座りっぱなしは、TPだけでなく、脚のむくみ、腹筋、骨盤底筋などの体幹筋の衰え、骨盤、股関節のロック、背骨周辺組織の硬化、自律神経のアンバランスなどリスクをあげたら切りがありません。

最近では、耳石という平衡感覚を司る、内耳の組織が座りっぱなしによって刺激されなくなり、老化を進めてしまっていることがわかり、30分に一回は立ちましょうと警笛を鳴らしています。あのおなじみのテレビで話題になりました。

ガッテン流アンチエイジング術は耳石刺激で老化対策(NASA直伝)

本も出ています↓

こんなストレートなタイトルも↓

成果を出し続ける人の健康習慣

座らない!


そしてもう一つの原因は、繰り返しの反復動作、

例えば、流れ作業の続く肉体労働者、

慣れない動作による急激な筋疲労、

スポーツにおいてのオーバーユース、

悪いフォームによって生まれる代償動作が

局所的に負荷を高めてしまうケースです。

運動は筋、関節の運動連鎖の中で広い範囲で影響しあっているため、

思わぬところに原因を作っているなんてこも起こるのです。

越谷BASEができること

・施術によるTPリリース(整体コンディショニングコース)
イタ気持ちの良いトリガーポイントマッサージで

深層部までしっかり解きほぐし原因となる部位にアプローチします。

指圧のような施術が特徴で血行促進、重さが取れるような感覚、

スムーズな関節の動きなどを期待できます。

※施術だけではなく、運動指導、セルフケア指導、ご希望により、栄養指導などトータルでコンディショニングも行うパーソナルセッションが当店の特徴です。

こちらのコースがオススメです↓
整体コンディショニングコース

整体を受けるより、もっと治療に参加してセルフケアをできるようになりたい方(セルフコンディショニングコース

TPリリースを術者が補助しながら自身で行なえる内容です。
自分の感覚を指針にリリースをしていけることがTPリリースの最大のメリットです。つまり、「あーそこそこ!」「効く〜!という感覚のあるところが、まさにTPそのものでターゲットとなるからです。
セルフコンディショニングコースは身体に対する意識の高い方、アスリート、スポーツ愛好家にオススメのコースです。セルフリリースのいコツや身体動作の原理がわかれば日々の痛みの軽減、回復、怪我の予防などが自分の手でできるようになります。

また、トリガーポイント・パフォーマンス・セラピー社のGRIDフォームローラーやマッサージボールなどのツールを使ったセルフマッサージに興味がある方はセルフマッサージグループレッスン(準備中)、パーソナルレッスンで行なっております。

 

”自分で体のケアを行い、マッサージにより筋肉に弾力性を与え、目標とするレベルのパフォーマンスが発揮できるようになります。トリガーポイント・パフォーマンス・セラピー社の製品は、人間の手によるマッサージの感触を再現しているので、家に居ながらにしてマッサージを受けることができると言えます。トリガーポイントの知識があれば、個人で生体力学について見直し、症状の治療と原因の治療の違いについて理解できるようになります。”
                   ※一般社団法人エン・スポータブル協会の記事より抜粋

整体を受けるより、もっと治療に参加してセルフケアをできるようになりたい方は↓

セルフコンディショニングコース

詳しくはコースと料金を確認してください

コースと料金

返信を残す

*