5/9かけっこ教室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

越谷BASEかけっこ教室。

運動会に向けて、みんな気合が入って来ました♪

リレーの選手に選ばれた生徒さん、補欠になってしまった生徒さんなど報告も受けています。

 

5月中は一旦、徒競走対策でスタート練習に時間を割いてます。

子供の体力では50Mは全力で走り切ることは難しいです。いかに力まず、リラックスして走れるか?

スタートからスルスルと加速するように体をうまく使えるようにがんばりましょうね!

 

昨日のかけっこ教室で驚くことがありました。

50M計測を1回行ったのですが、全員からもう1回走りたいコール(いつものこと)

走ってみると全員が1回目よりも2回目で記録更新、

その更新の幅がちょっと大人ではありえないような短縮だったのです。

0.3〜1,1 秒です。平均してもおよそ0,5秒くらい?の記録短縮です。

 

僕は計測なので、スタートの雰囲気はわかりませんでしたが、保護者のママさん曰く、全員がタイム縮めたい思いで一つになって盛り上がっていたようです。ゲームカセット?をエサにつられて走った女の子は1,1秒短縮(笑)。

あとは明らかに1本目より、2本目の方がうまく走ってた!

スタートの力みも少なかったんだと思います。

子どもって本当に想像を軽く超えて来ます。

 

フォームもみんなきれいになって来て、驚きです。

明らかに走り方の質が変わって来てる子が現れて来てます。

僕も新米かけっこ先生ですからヒジョーーーーに嬉しいです!

保護者のママさんたちも子供たちもみんな、僕のお手伝いもしてくれて

助かりました。ありがとうございます!

 

松田タカシ

 

かけっこ教室日程出ました。

スケジュールからご確認ください。
http://koshigayabase.com/schedule/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の可能性を引き出すかけっこ教室

かけっこが今より速くなるだけでも十分な結果かもしれません。

でも本当に得て欲しいのは

「走るって楽しい!」と心から感じてもらうことです。

それは競い合う中での速さから得る感情ではなく、

『全力を出し切れた満足感』です。

全力を出し切れる体の使い方=怪我をしない体の使い方=合理的でパフォーマンスは高い=だから楽しい

それを感覚で身につけられるのはゴールデンエイジと言われる12歳頃までがベストです。

全力の爽快感は心を豊かにします。自然と大きな笑い声が生まれくよくよしなくなります。

全力が出し切れていることが子ども自身にも、親にも友達にもわかっていたら、

運動会で例え一等賞じゃなくてもきっと大きな喜びと感動に包まれると僕は信じています。

子供の可能性を全開に引き出しましょう。

  • 走ることの楽しさを感じよう
  • 全力を出し切れる感動をみんなで分け合おう
  • 怪我をしない体の使い方を覚えよう
  • 自然からたくさんのエネルギーをもらおう

 

楽しく怪我なく全力が出せれば、この先どんなスポーツにも挑戦できます。

越谷BASEかけっこ教室は走る楽しさを通じて、

子どもたちの明るい未来を描く一助になりたいと思っています。

ご参加心よりおまちしております。

越谷BASE 松田タカシ

 

 


お申し込みページへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*