2017年 6月 の投稿一覧

サニブラウンハキーム選手はなみあしかけっこだ!

先週末行われた日本選手権。

注目の男子100m決勝。
ハキーム君ぶっちぎりの優勝。

素晴らしい動きでした。

“四強”の前評判を覆し、日本最速決戦を制したサニブラウンについて、10秒00の日本記録保持者で、日本陸連の伊東浩司強化委員長は「ハキームくんが力強かった。その一言に尽きる。昨日と同じ条件なら9秒台が出ていたんじゃないか」と、舌を巻いた。

予選、準決勝で10秒06、決勝で10秒05というラウンドの重ね方にも「一定レベルの余力を持って勝ち上がれていた。カール・ルイスやボルトのように60~70メートルまでメンタルを安定させて走れるのが強み」と、絶賛していた。

ハキーム君本人によると、

スタートが上手くなったこと、

上半身の筋力トレーニングにより、体がぶれなくなった、

とのことです。

なみあし常歩身体動作の視点から見ると、
全ての動きがなみあしそのものです。

顎をあげ、肩、上肢の動きがバックワードサイクル、

股関節の外旋、肩も外旋、遊脚感覚、2軸感覚、骨盤の下制に見られる抜重、

(難しい言葉ばかりですいません笑)
特に上半身の動きは素晴らしいです。

 

よくフォームが大事と言いますが(僕も言います)

 

100mの決勝での彼の走りと他の選手の走りを比較して繰り返し観ていると

「あー、かけっこの子どもたちと同じ走り方だ。」

と思ったのです。

子どものフォームはめちゃくちゃなように見えますが、
あれはいい意味で生まれたままの自然な動き。

走り方を教わらないと個性派あれど、ぐにゃぐにゃ、ブレブレで動きます。

それがだんだんと筋力がつき、骨、関節が強くなり靭帯や腱が硬く弾性が出てきます。

そうなると、ぐにゃぐにゃ、ブレブレは次第におさまり、
弾むように反発のある動きに変わっていきます。

 

 

 

スクショで荒くて申し訳ないですが、

ハキーム君の動き(特に正面から)誰よりも一番横揺れでたわんでいるのがわかります。


他の選手のたわみは、あまりありません。肩が水平、骨盤も水平です。多田選手は少し、たわんでるかな。

肩も下がり、着地に向かう前から左の遊脚

(振り出している足)の骨盤も

垂れ下がり始めています。

と同時に、右肩は下がります。

この直後に地面反力で力強く推進する力が生まれます。

しかし、ものすごいたわんでいますよね。

緊張や力みがない、だらっとした状態でこそ、実現するフォーム。

 

 

大舞台に動じない、強い心、平常心がなせる技です。

そして、ハキーム君はフォーム矯正を受けていない、つまり走り方を教わっていないのだそうです。

(確かな情報かは断定できませんが、関係者つての話のようです)

 

 

あの桐生選手や山縣選手、ケンブリッジ選手、突如、現れた、多田選手、

9秒台に迫ったトップランナーたちの走っている姿、特に上半身がとても苦しそうに見えるのは僕だけでしょうか??

そんなスピードで走ったことないので偉そうに言えませんが、

純日本人だって小さい時は、そうやってぐにゃぐにゃ走っていたんだからな〜。

 

あんなに体幹をかためて、力んで、重力と思いっきりケンカして走り続けたら・・・

ちなみに世界のトップ選手の走りはコチラ↓

ハキーム選手が黒人により近いことがよくわかりますよね。(ほぼ黒人ですけどね笑)

 

体が動きたいように動かしてあげる運動誘導、思い込みや姿勢制御、運動制御から解放された自由であるがままの体!

越谷BASEかけっこ教室では、基本的にフォームではなく、全体の動きを作りをしていくので、ハキーム選手のような動きを目指しています。初めて言いましたけど笑。

 

最速じゃなくていい。
最高の走りを目指そう!

 

桐生選手も這い上がってほしいですね!

松田タカシ

<症例報告>中学生陸上ハムストリングス肉離れ、股関節痛

動画が一番下にあります。

中学一年生 Nくん

陸上部 専門1500m


症状

4日前に左ハムストリングスの強い痛み(軽度肉離れ)

その後、右股関節の激痛でまともに歩けなくなった

 


検査・動作テスト

立位:右膝が内側を向いている。左は正面。


土踏まずアーチは両足ともに落ちている。

後ろから見るとアキレス腱に対して踵骨が内側に倒れ、ハの字になっている。

この状態をオーバープロネーション(日本語では過剰回内)といい、様々な、痛みや、スポーツ障害のクライアントに多く見られる状態です。

ウォーク&ランチェック:右足接地時、右膝が内側に入る。

母趾球の踏み込みが深いので、走っていても母趾球で蹴るような動作をしていると考えられる。

痛いのでランニングテストはなし。

 

 


見立て

1左ハムストリングスの肉離れは内側遠位(半腱半膜様筋)

→着地の膝の振り下ろし、巻き込み時に強く使う筋肉

2Nくんの履いているシューズの底を見ると母趾側のつま先のすり減りが激しい

→母趾で地面を強く踏んで(蹴って)歩いたり走ったりしている

→股関節内旋が強いからなおさら母趾に力感がある

3クールダウンが足りないので疲労が溜まっている

4右股関節痛(触診検査で腸骨筋と断定)も左股関節の伸展と右股関節の屈曲の相対的なストレスと考えられる


施術

整体:下肢を中心にトリガーポイント リリース。

痛みが強いのでソフトにリリースしました。

 


アフターケア

歩行のチェック

右膝の入りが緩やかになりました。

母趾の踏み込みがソフトになり、ストレスは減ると考えられる

(下に動画があります)

運動指導

踵と中足部アウトエッジをうまく使っていないので、エクササイズを2つ指導

 

 

 


3日後来店

股関節の痛みは消失。

ハムストリングスはもう少し。軽いジョグはできそうなので、運動指導ではそれを踏まえたドリルを指導。

 

SUPERfeetインソールを通学で履くHARUTAに合わせてフィッティング

まずは一番履く靴で日常で矯正をした方が良いので、通学用の革靴で提案しました。

 

インソール:SUPERfeet trim ブラック

 

 

 

試合が1週間後に控えているので、前日に来店してもらい、インソールの状態、身体の状態をみて、試合出場は決める予定。
今無理する時期ではないですが、出たい気持ちもわかりますからね・・・

 

松田タカシ

ハート瞑想会開催しました。

北越谷の足から体を整える整体コンディショニング

越谷BASE松田です。

昨日は、ハート瞑想、という瞑想のワークショップの企画が越谷BASEにて開催しました。

 

今、瞑想がとても注目されています。

社長や経営者は必ずやっているマインドフルネス!的なものですね。

 

雑念を払い、今目の前にあることに全力集中する。

僕はこんな程度の認識です笑。

 

学術的には、とても難しい領域なので、ここでは書くことはできませんが、

元々は不安や、不快感の改善をする治療として始まったようですね。

 

第1世代の行動療法は、不適応行動を改善するために行動を操作しようするものであった。さらにうつのような不快な気分や感情を治療する必要から、思考を操作することによって気分や感情を改善しようとする第2世代の認知療法が生まれた。そして、第3世代の行動療法として注意を操作し、気分や感情をコントロールするマインドフルネスな治療法が生まれてきた。

引用元

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/2022/1/KU-1100SG-20080320-01.pdf

 

事前情報が少ない中で、当日。

まさかヨガの行者のような人が来るのか?と勝手に妄想していましたが、

こんにちわ〜。と講師の井村先生。

物腰の柔らかい、穏やかな女性といった印象で安心しました笑。

 

癒しのヒーリングミュージックの中、先生の優しい声をガイドに、体を整えることから。

始まる前に話をさせていただいた時に、

まずは体を整えるのが最初、ということは共通認識でした。

 

それから、ペアになり、

相手の言葉に耳を傾けたり、

感じたことをシェアしたり。

参加された全員が、違う感覚を味わっているのがなんとも不思議。

時間がゆっくり流れます。

 

胸に手を当てて話を聞いたり、自分の話をしたりすると、妙に穏やかで優しい気持ちになれる。

といことに気づきました。

相手に対しての不満や意見なぞ、全く頭によぎらない、境地、というと大げさかな。

 

 

先生も胸にまつわる言葉が多いことから見ても、胸=ハートという部分はとても大切なんだと話されていて、身をもって感じました。

 

最後はシータ波(寝起きのまどろんだ感じ)が出ていたらしく、

 

スッキリと目が冴えました〜!

 

ここのところ、頭が論理的、現実的モードにずっと突入していたので、

参加できて良かったです。

2時間半、貴重な体験をさせてもらいました。

 

勝つこと以上の価値観

越谷baseかけっこ教室のコーチ松田です。

運動会後の練習。

ある程度そこまでに何とか!

という参加者もいました。

目標を失ってモチベーションどうかな〜と思いましたが、

意外とみなさん、変わらず参加していただいています。

新しい参加者も増えました♪

 

アナウンスさせてもらっていますが、これから冬に向かって、持久走対策も含め練習していきます。

越谷BASEかけっこ教室

 

当教室は、ガチで競技させている教室やクラブではありません。

参加も任意ですし、練習回数も毎週ではありません。

ですから、ゆるい方だと思います。

 

練習のほとんどは芝の上ですし。

 

でも、どこよりも自信があるのは、質のよい動き作りに取り組んでいることです。

それは2軸感覚という身体動作によるものです。

 

当教室が一番大事にしていることは

走ることが楽しいと感じてもらうことです。

 

しかし、それにはただ遊ぶように走るのではなく、

質の良い運動に裏付けられると考えます。

 

走る姿がドタバタ、見ていても、何だかな〜、

本人もうまく動けないと感じていて、

「あー自分は運動向いてないな・・・」

これでは、誰も楽しくありません。

 

楽しむために大切なのは、質の良い運動。

質の良い運動とは合理的、効率的な動き。

それは怪我をしにくい動きともイコールです。

怪我を遠ざけながら、いつでも全力で動ける、自分の納得のいく動きを作り出せる。

 

もし、そんな動きができてきたら、きっと、他者と競うことだけでなく、自己探求も一つの目標になりますよね。

 

順位を上げること、結果を残すことは子どもにとって最大のモチベーションですが、これだけが評価基準になるようなそういう教室にはしたくありません。

 

だから、競うことの前に、その運動そのものが心から楽しいと感じる経験が尊いのではと思うのです。

 

 

 

・走るフォームが良いことを褒められる

・全力を出し切れた充実感、やり切れた満足感

・ともに時間を共有する仲間

・順位や、結果ではなく、五感で感じる様々な感覚。

 

これらを経験して欲しいと思っています。

 

この夏は低山ハイキングも企画しています。

コーディネーション能力をあげるトレラン

 

 
例えば、優勝劣敗という言葉をご存知ですか?

対局の言葉には劣勝優敗があります。

 

優勝劣敗は勝負に勝った人間が優れていて負けた人間が劣っているという意味、

劣勝優敗は勝負には負けたけど、内容は優れているという意味です。

 

武道でいう型を追求していく感覚に近いかもしれません(武道未経験ですけど笑)

 

そういう価値観、あって良いと思います。

 

 

でも結果は出したいです。正直なところ!

合理的な運動を続ければ必ず結果も伴います。

結果は求めるのではなく、質の良さがもたらす結果として得るもの。

 

それを全力で目指します!

 

 

そんな教室です!

 

松田タカシ

 

熱中症対策の食べ物は?

熱中症対策の食べ物。

内側からも熱中症対策はすることができます。

 

①季節のものをいただく

夏の野菜、果物は紫外線に対して強い作物で抗酸化成分が豊富です。
そういった食べ物を皮ごと丸ごといただくことです。
ホールフード(いちぶつ丸ごと)で栄養は完璧と言われています。

 


その季節に生きる生物は、その季節を無事に越え、子孫を残すために最良の状態です。
また、水分が多い、糖分が多い(果物)、体温を下げる効果なども当然あるわけです。
ミネラル豊富で、抗酸化力が高いものも多いです。

理にかなっています。

 

レモン、スイカ、ベリー類、ビワなどいいですね〜。

実も皮も葉っぱも栄養の塊、夏の果物のキング、ビワ!

 

夏のものは皮が厚く、カラフル。これは紫外線から自身を守るためです。

そういった食物は抗酸化力が高いと考えてください。

きゅうり、パプリカ、茄子、オクラ、アスパラ、ミョウガ、にんにくなども♪

夏も本番になるとゴーヤ、トマト。
トマトピューレ2杯程度でも肌の抗酸化力は上がると言われています。

②ミネラル豊富な動物性食品

夏は新陳代謝が活発で、肝臓や筋肉からもたくさん栄養を持って行かれます。

そこで筋肉、骨を強くして、夏バテに効く食べ物が必要です。

それは動物性たんぱく質です。

なんでもよいのですが、特に魚がオススメです。ホールフードの観点からも小魚なのですが、
美味しい魚介類たくさんありますね。

さかなや魚介類図鑑ブログより画像スクショさせていただきました。

 

うなぎ、レバー、牡蠣、あさりなどはミネラルも豊富。

カルシウム、カリウム、ビタミンDを筆頭とした、ビタミン、ミネラル類が不可欠。

ちなみにビタミンDは皮膚で合成されます。ビタミンDはカルシウムの吸収を助けるので筋肉、骨を作るには必ず、セットで考えるべきですね。

紫外線にあたる方が経口よりも効果があります。

 

③発酵食品

発酵食品に含まれる、乳酸菌やビフィズス菌は腸内細菌が大好きです。腸内細菌が活発なら、腸の環境は良くなり、栄養の吸収分解、合成など大いに頑張ってくれます。

胃腸の調子が良い=健康

です!

腸内環境の改善は、万病に効果あり。

発酵食品!からだにいい発酵食品ベスト6 林修の今でしょ!乳酸菌や酵母など微生物で糖発酵

発酵食品のこと書くといつまでもアップできないので、詳しいリンクつけてみる笑。

 

 

そして夏に食べて欲しい食品ナンバー1は

梅干しです!できるだけ、梅としそと塩だけで作られた、本物の梅干し。

マグネシウムやカリウム、リン、ナトリウム、鉄分、カルシウムなどたっぷりです。

汗をかくと、ナトリウムが大量に放出されます。

汗の量が多いと、水だけでは熱中症は防げません。

ナトリウム不足には梅干が最高です。一日一粒は必ず摂っておきましょう。

(梅干しってずっと発酵食品かと思ってたら違いました笑)

④海草・藻類

海藻類、藻類はミネラル源として最高の食材です。

そして何と言っても水溶性食物繊維が豊富!

 

水溶性食物繊維は腸内細菌がやっぱり大好物。

細菌が食物繊維を分解すると短鎖脂肪酸を作り出します。

短鎖脂肪酸は膜組織の材料です。

人間の体の細胞は全て、膜に覆われています。

粘膜を覆う、粘液も単鎖脂肪酸が必要。

お肌の潤いにも貢献しています。

つまり、夏にはもってこいですね。

 

水溶性食物繊維はいわゆる、ネバネバした食品だと思ってください。

なので、きのこ類もですね。

味噌汁などに入れてしっかり摂りましょう。

 

⑤ご飯をしっかり食べる

最後になりましたが、これを基本としてください。
夏は代謝が活発になります。体内の糖質はどんどん消費していきます。
ご飯からしっかり、糖質を摂ってください。

そして、やっぱり腸内細菌は、お米に含まれるオリゴ糖が大好物!!

 

糖質制限などが流行っていますが、

・カロリー消費の少ない人
・短期間のダイエット目的の人
・食事制限の指示が医師から出ている人

を除き、オススメしません。
なんとなく、のっかている人はやめるべきとはっきり申し上げます。

中途半端な低糖質はかえって血糖値を上げやすくします。
高糖質者は糖が体に入っても体はびっくりしませんので血糖値の上昇は緩やかです。
普段糖質が少ないと体は糖を渇望します。すると入ってきたときに、ウハウハ喜んで血糖値がスコーンと上がります。食後の血糖値がきになる方は、食後30分したらお散歩などの有酸素運動をしてください。
専門的な言葉や、論文、参考資料はめんどくさいので出しませんが、
日本人ならば穀物をありがたくいただくべきです。

パンは腹持ちが悪いので、ご飯が一番です。
ご飯には梅干しや漬物、キムチ、納豆などの発酵食品、味噌汁の組み合わせはなんだかんだ言って一番です。

 

まとめ

だらだら書きましたが、

結局のところ、

季節の食材を色々いただき、

日本人らしい食事を基本にして、

美味しく食べること!

 

あと、よく噛んでください〜(これが一番大事かも笑)