小学校陸上練習臨時コーチとして。

越谷市内某小学校にて

夏休み陸上集中練習が始まりました。

秋の学校対抗の陸上大会に向けての練習です。

生徒は5年生、6年生の総勢250人!!

 

実はここに臨時コーチとして伺い、

体の使い方について指導させていただきました。

 

私の主宰しているかけっこ教室のコンセプトでもある、

力まないで走る

リズムよく走る

これを伝えに。

そして
体の重みや重力を利用すること
かかとに荷重すること
股関節の外旋力

などなど、走るために必要なエッセンスをペアになってもらい、押し合ったりしながら体験してもらい、感じてもらいました。

あちこちで、すげー、本当だ〜と歓声もあがり。

和気あいあい、楽しく体験してもらえたかな。

特に今回の掴みとして期待していた、ケンケン相撲。

細い女性教員VS体の大きな男性教員3人!

女性が大男3人を押し切ったのは圧巻でしたね。

250人もの生徒の前でこういった形でお話するもの初めて、
まして、走り方を教えるのも初めて。

どうなるかと思いましたが、教員の皆様の全面的な協力のおかげでなんとか収まりました。

事前に、教員の皆様対象に2時間の身体動作研修をさせていただき、

理解をしていもらえていたのが、本当によかった。

 

教員の皆さんはさすがです。すぐに上手にできていました。

 

本当に助かりました。

 

しかし、先生方の意識の高さは感心します。

そして、これだけの人数をまとめるのは並大抵のことではないと

改めて先生方はすごいと思いました!

 

生徒さんも本当に、素直で笑顔で、挨拶がよくできて!

何から何まで素晴らしい!!

私は普段少人数制で行なっているので、
思った通りにはならないことがいくつもありました。

いい勉強になりました。
まずは2週間できるだけ顔を出して、サポートしていきたいと思います。

松田タカシ

返信を残す

*