第1回元荒川親子でナイトラン終了!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月27日、第1回元荒川親子でナイトラン

無事終えました〜。

1時間走るという、けっこうハードルの高いランニング。

前日の試走ではゆっくりゆっくりで8km。

さあ、どこまでキッズたちが走りきれるか?

 

当日は小学校1年生から4年生まで総勢7名の参加、親御さんは5名。

夜7時15分にスタート!

 

男の子はガンガン走る走る(笑)。

女の子たちはゆっくりマイペースに。

 

親御さんたちには子どもたちの見守りなどもお願いし、前は僕、中と最後尾はみなさんにお願いしました。

 

気づいたら、大人の方がへばってます。

 

そしてあっというまに1時間。

 

なんと、6.7km!走りきりました!!

 

すごいすごい。

 

うちの娘以外はそんな長い距離走ったことない。(娘はトレランを12kmとか経験してます)

持久走でもせいぜい1kmです。

 

そんな子どもたちが

 

ケロッと7km弱を。

 

子どもたちより親御さんたちがびっくりしてました。

 

どんな魔法をかけたのか?

 

簡単です。

楽しければ不可能はないってことです。

 

辛いよ〜大変だよ〜、

8kmくらいあるよ〜

とかネガティヴなアナウンスは一切しなかっただけです。

 

途中、ペース合わせや、休憩なども入れているので、実際は走ったり、歩いたり、休憩したりでしたが、基本的にほぼ1時間動き続けました。

 

ヘッドライトをつけて、夜道を走るなんて初めて。

見えないワクワク、夜遊びのワクワク

お友達とワイワイ、

これだけ揃えば十分!

 

女の子2名は転んでしまいましたが、それもまた、経験!

また参加したいって(^^)

 

9月もすでに6名参加決まってます。

10月は2回目のハイキング!

楽しんで体力つけていこう♪

 

〜ナイトラン写真集〜














  • このエントリーをはてなブックマークに追加

子供の可能性を引き出すかけっこ教室

かけっこが今より速くなるだけでも十分な結果かもしれません。

でも本当に得て欲しいのは

「走るって楽しい!」と心から感じてもらうことです。

それは競い合う中での速さから得る感情ではなく、

『全力を出し切れた満足感』です。

全力を出し切れる体の使い方=怪我をしない体の使い方=合理的でパフォーマンスは高い=だから楽しい

それを感覚で身につけられるのはゴールデンエイジと言われる12歳頃までがベストです。

全力の爽快感は心を豊かにします。自然と大きな笑い声が生まれくよくよしなくなります。

全力が出し切れていることが子ども自身にも、親にも友達にもわかっていたら、

運動会で例え一等賞じゃなくてもきっと大きな喜びと感動に包まれると僕は信じています。

子供の可能性を全開に引き出しましょう。

  • 走ることの楽しさを感じよう
  • 全力を出し切れる感動をみんなで分け合おう
  • 怪我をしない体の使い方を覚えよう
  • 自然からたくさんのエネルギーをもらおう

 

楽しく怪我なく全力が出せれば、この先どんなスポーツにも挑戦できます。

越谷BASEかけっこ教室は走る楽しさを通じて、

子どもたちの明るい未来を描く一助になりたいと思っています。

ご参加心よりおまちしております。

越谷BASE 松田タカシ

 

 


お申し込みページへ

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*