第一回女性のためのセルフマッサージ教室終了!

越谷BASE松田タカシです。
[女性のためのセルフマッサージ教室]
 
第1回、開催しました。
 
告知期間が短かったのですが
1名ご参加いただけました。
 
(お嬢ちゃん入れたら2名♪)
1名で気後れすることもなく、
腹の据わったママさんです♩
 
肩こり編の予定でしたが、腰痛ありとのことだったので
腰痛編として内容を変更して行いました。
 
今回のマッサージツールは、
MB5マッサージボールです。
正しい使い方で、BEFOREとAFTERをしっかり確認しながら腰痛に関連する部位のリリースを数カ所。
参加者Kさんは半信半疑で来店したようですが、
 
 
リリース後の変化に驚きを隠せない様子でした。
Kさん、HIPHOP DANCEをしているようで、体の感受性がいいです。
効果もより感じているはずです。
Yちゃん頑張って待てたね!えらいな〜
 
 
 
自宅でも復習したいとのことで、マッサージボールもご購入いただきました。(3888円です)
 
次回の開催は、
 
来週火曜日の10時です。残4名です。
次回は肩こり編です!
 
皆様のご参加お待ちしております〜!
メールで申し込みください。

オススメのテーピング

私がオススメしているテーピングを紹介します。

セッションでもセミナーでもこのテーピングを使用しています。

 

 

トワテック カラーキネシオロジーテープ KINESYS(キネシス) 5cm×5m

 

リニューアルしてお値段がだいぶ上がってしまいましたが、本当にいいテーピングです。

※個人の主観です。

 


トワテック カラーキネシオロジーテープ KINESYS(キネシス) 5cm×5m

1巻タイプ

 


 

6巻タイプ


この2年ほどはずっとこれを使っていますが、

とにかく

剥がれにくいです。

これが一番大事!

夏のレースで汗まみれになっても全く剥がれません。

もちろんちゃんと貼れてるかどうかなんですけどね。

 

そして

カラーバリエーションが豊富でテンション上がります。

  

レーヨンが混ざっているところも大事です。

かぶれにくさも大事!

 

 


以下サイトより抜粋、↓

①発色性を良く

「もっと鮮やかな色が良い」

そんな声をうけて、生地の編み方を改良することで発色性を大幅に向上させました。

KINESYSは16色を組み合わせることで、

2色の組合せでも240通り、3色の組合せだと3000超の配色パターンを生み出せます!

ジャイアンツ好きのお父さんには「オレンジ+ブラック」

シックかつゴージャスに決めたいマダムには「シャンパンゴールド+ブラック」

クリスマス時期には「グリーン+レッド+ホワイト」   などがお勧めです。

是非あなただけのKINESYSを楽しんでください。

②重ね貼りに強く

「重ね貼りをすると粘着力が弱い」

粘着力の弱いテープでは、重ね貼りも、テーピングの継続も困難です。

生まれ変わったKINESYSは粘着力38%UP(当社比)。

ファッション性に加え、実用性も大幅にUPしました。

重ね貼りが必要な貼り方、スポーツ現場での激しい動き、長時間のテーピングを要するシーンでもお使いいただけます。

【かぶれにくさはそのまま!】

テーピングにおける最大の悩みは、「かぶれ」ではないでしょうか?

KINESYSは生地にレーヨンを採用することで、この問題を解決。

レーヨンは従来のコットン生地と比べ、吸湿・放湿力が高いという特徴があるため、汗や水分を素早く吸収し、放出します。

そのため、テープの内部が蒸れにくく、皮膚もかぶれにくいのです。

 

テーピング活動実績まとめ

テーピングのセミナーを再来週開催しますが、

新店舗では、まだテーピング関係は動けていないので、過去の活動をまとめました。


以前参加したマラソン大会のマッサージとテーピングのサポートの様子です。昨年まで働いてましたにしくぼ整体のブログです。

http://www.nishikubo-seitai.com/blog/かるがもファミリーマラソン大会/4132/


武蔵野市の登山の会の皆様向けのセミナーの感想↓

テーピング講習会感想いただきました

 

 


治療家向けの講習会の様子↓

 

 

 

 

怪我は代償動作から始まる

越谷BASE松田タカシです。

代償動作というものご存知でしょうか?
正しい体の使い方をしないで、動いていると
本来補助的に動いていた箇所や動かなくて良い箇所が
活性化されていくことをさして、代償動作と言います。
 多くのスポーツの怪我の原因はこの代償動作によるものです。

 

代償動作は体が自然に求めることなので、

なかなか気づくのは難しいものです。

 

体が自然に求めるってなんだかナチュラルな感じでいいじゃん


と思いますが、体は良いフォームであろうと、悪いフォームであろうと、

 

その環境で最良を求め、手っ取り早く最適化してしまいます。

 

 

例えば、歩いているとして、平坦な道から坂道に入ると

 

人間はすぐに、フォームを変え始めます。

 

30秒もあれば最適な登り方になります。

ランニングでもロードからトレイルに入るときも、体は即座に反応します。
他にも、そうですね、
つな渡りでバランスを取るときに
やじろべえのように手を左右に広げたり、
泥棒は足音を出さないように腰を低くしたり笑、
とにかく適応するのは早いのです。

ランニングの代償動作

 

 

シューズによる代償動作

 

ミニマルシューズ

 

シューズの底が薄いミニマルシューズランナーは、
かかと着地は痛いから、
当然、前足部、中足部の着地に移行します。
この感覚が裸足に近いから、
ナチュラルランニングと呼んでいますね。
泥棒と同じで(誤解しないでくださいね)、
そっと走りたいからすり足に近くなっていきます。
すると、足先だけで走るようなフォームになっていきます。
聞いた話ですが、とある裸足講師は
腕は振っても振らなくても
どっちでも良いとおっしゃっていたそうです。
体幹部があまり使われなくなると、代償的にふくらはぎや足の裏が発達していきます。
裸足ランナーがスピードを求めると強い代償動作が生まれます。
裸で戦に出るわけですから、相当の鍛錬が必要でしょう。
上半身は使わないなんて言ってられないでしょう。
ちなみに私自身がベアフットシューズ愛好家でナチュラルランを4年以上続けていました。今はもうほとんど履いてません。フォームは別人のように変わりました。この辺はまた改めて。
反対に
ふかふかの厚底シューズランナーはかかとでがっちり走ります。
どんなに強くかかとで地面を叩いても痛みがない
(衝撃自体はかかっている)ので、
フォームに問題が生じても気付きにくくなります。
柔らかい靴底を足裏のセンサーは不安定と認識します。
すると、鋭く強くかかとを着地させ、安定させようとします。
膝も硬く突っ張らせてしまいます。
その結果、膝、股関節、腰の痛みなどが起こります。
強く地面を叩く走り方は、
ブレーキを掛ける働きのある、
前ももやスネが発達します。
つま先も叩いていれば、
ふくらはぎも発達します。
このあたりのくだりは、ナチュラルラン系の本からの受け売りも混ざってます。でも理屈はその通りです。
ミニマルも厚底もいいか悪いかは別として、
体はナチュラルに適応しているんです。
履き物がナチュラルとかハイテクだとか関係ありません。
人間自体がナチュラルなイキモノというワケです(^^)
こうして比べてみるといいか悪いかではなく、
体の使い方が変われば、筋肉、関節にかかる負担も
変わるのは当たり前で、
これ体力ない人ならまだマシで、
変に体力があったり、
根性論でやっている人だと、
無理をして気合いでやってしまう。
それが代償動作をさらに強く、安定させてしまうのです。
これがもし、悪いフォームだとすると最後は必ず怪我が待っています。
「足るを知る」で楽しく走るだけなら、
代償動作で怪我までしないで済むかもしれません。
サブ4、サブ3.5以上の走力のあるランナーは怪我をする前に一度、フォームのチェックをすることは必要です。
 サブ3とかになるともうきっと引っ込みつかなくなる気がします。
(その世界に行ってみたいですね!)
私は大して速くないですが、
カイロプラクティックという体の専門家として、
諸先輩方、師事している先生から たくさんの学びをもらい、
クライアント様に還元しています。
体の持つ、
本来の機能、構造、特性を知り、
実践すると代償動作は確実に減らすことができます。
よかったらセッションにいらしてくださいね。。(最後にちゃっかり)

まとめ

 

・代償動作は常に体に起きている

・気づくのは難しい

・最後は怪我が待っている

 

 

本当の身体原理を知ると体は解放されます。

 

 

 

東京マラソン直前!まだ間に合うテーピング講座

TOKYOマラソンが控えているけど、

✔️アキレス腱が痛い、

✔️足底筋膜炎が不安、

✔️ふくらはぎが攣りやすい、

✔️腸脛靱帯炎全然治らない・・・

✔️肩が凝ってくる

と不安だらけのランナーのための、

「東京マラソン直前!まだ間に合うテーピング講座」

 

を開催します。

当日は
・なぜテーピングが効くのか?
・どう貼ると効果が出るのか?
・貼るところは痛いところではない?
・人によって貼り方は変わる
・実際に貼ってみよう!
・動きの違いを確認しよう!

と2時間たっぷり行います。

講師は整体・カイロプラクティックの施術家です。
プロ向けのテーピング講習、マラソン大会サポート、登山のためのテーピング講習などの講師歴も豊富、自身もトレイルランナーとして山に丘にと走っています。

講師より
テーピング利用者を見ているとなんとなく貼っている人を多く見かけます。レース中にはがれ出し、気になってかえってタイムロス(><)
ちょっとしたコツを掴むと、効果的かつ、はがれないテーピングが可能になります。テーピングはあくまでも一時しのぎですが、いざの時に貼れると心強いものです。うまく使えるようになりましょう。

今回は、いざ!のための講習です。
いざが最小限になるための直前ケアもお伝えします。

ケアツールのプロというより、カイロプラクターとして体のプロだからこその内容になります。かなり濃い内容になると思います。

TOKYOマラソンに外れた思いをみなさまに託したいと思います。

笑顔で完走できるよう応援いたします!


豪華な講座参加者特典

①施術モニターとして施術〜運動指導まで1回無料でさせて頂きます。通常8640円のコースです。講座当日、予約していただき後日ご来店になります。撮影承諾が条件です。

②SUPERfeetインソールの無料体験(講座終了後

③セルフケアツールの無料体験(講座終了後)


ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください!

参加希望される方はメッセージ、コメント、メールでご連絡下さい。

日時
2月18日(土)18時〜20時

場所
越谷BASE
http://koshigayabase.com/access

受講料
5400円(テーピング2本含む)

定員10名
男女、年齢不問
ハーフパンツ、ランニングパンツ、ゆったりしたTシャツ、ランニングTシャツ

できるだけ肌が出る方が貼りやすいです。