SUPER-feetラインナップ

 

越谷ベイスでは

SUPERfeetの取り扱い販売をしております。

 

正規代理店

として登録させていただいております。

 

越谷BASEではインソールのフィッティングは無料体験できます。

お気軽に電話してください!

事前相談なしだとフィッティグできないこともあります。

 

取り扱い商品

trimGREEN(¥4800+税)

土踏まずの高い方向け。深いヒールカップ、最もサポート力が強く、衝撃吸収に優れたモデル

 

trimBLUE(¥4800+税)

汎用性のあるマイルドなヒールカップ、扁平足の方、小さなお子様に対応

 

trimBLACK(¥4800+税)

万能型で軽いタイプ。足の細い方、タイトなシューズに適応。

 

trimCARBON(¥6000+税)

カーボン素材を使用した硬質なスタビライザーを採用。

アスリート向けの薄型最軽量、ハイパフォーマンスモデル

 

DRESS FIT デラックスMEN’S( ¥3800+税)

ビジネスシューズやドレスシューズ用。マイクロスウェードで高級感があります。

営業回りで革靴で歩くことが多い方にオススメ。

 

DRESS FIT デラックスWOMEN’S (¥3800+税)

ビジネスシューズやドレスシューズ用。マイクロスウェードで高級感があります。

営業回りで革靴で歩くことが多い方にオススメ。

 

DRESS FIT デラックスWOMEN’Sハイヒール用( ¥3800+税)

ハイヒール専用。マイクロスウェードで高級感があります。

 

サンダルOUTSIDEシリーズ

MEN’S バイソン(¥8800+税)

合皮ストラップ、深いヒールカップ、足の負担軽減、滑りに強い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LADIE’S バミューダ(¥8800+税)

合皮ストラップ、浅めのヒールカップ、足の負担軽減、滑りに強い、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

購入の際の流れ

①自身の良く履くシューズ、フィッティングしたいシューズを決めて、電話。

②購入前には念のため、電話もしくは直接カウンセリングさせていただき、

どんな靴か、足の病歴はあるか、どんな靴がインソールと相性が良いのか

などお話を聞かせていただきます。

③持参(インソールがうまくフィットしないシューズもいろいろありますので事前に相談してください。)

④あなたに合うインソールをピックアップ

⑤踵のフィット感、筋力テスト

⑥サイジング、カッティング

⑦フィッティング

 

という流れで、早ければ20〜30分で終わります。

※サンダルは足入れしてすぐ購入できます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

料金

○インソールフィッティング

サイジング・フィッティング・アライメント調整・運動指導

30分程度・・・¥3,000+税

インソール代金別途かかります。

ドレスコード¥3800、シューズ用は¥4800〜¥6000です。

 

コンディショニングコースをすでに受けられている方はインソールフィッティングは無料です。

予約は詳細をお聞きしますので直接お電話でお願いいたします。

048-915-6272

 

詳しくは公式サイト↓

https://www.superfeet-jp.com/why-superfeet/role-of-superfeet

SUPERfeetサンダル情報!使用感など

SUPERfeetサンダルOUTSIDE

 

初めて納品して以来自分でも毎日はいてます。

今日買われた方はSUPERfeetインソールですでに効果を実感された方。足入れして即決されました!

 

[これまで使用した感想]


メンズはかなりヒールが深いので、扁平足のぼくには、ちょっと高めなのでどうかなと思いつつ履き続けていました。

買ってすぐに、試しに10km走ってみたところ(すぐ走りたくなる)

 

土踏まずに水ぶくれができました。

5″22/kmペースなので、もっとゆっくり走るべきでしたが笑。

 

でもやはりけっこうアーチ部は高いです。

 

ただし、このアーチ部の高さはアーチを支えるためではなく、
“載距突起というかかとの骨の一部”
を落ちないようにしているものです。

ここが支えられているとと、かかとの回内を抑制し、アーチ構造が正しく機能します。

 

 

SUPERfeetの足部バイオメカ二クスの概念は

一般的なアーチサポートの概念とは異なります。

SUPERfeetが他社と違う最大のポイントになります。

 

 

 

 

話戻します。

扁平足には高め、でもゆっくりペースのLSDや、ふつうに履く場合。

 

とても良いです!

 

むしろ矯正力が高いので、

なおさら正しい歩行をうながすという意味では、

扁平足のぼくにも良い!という結論です。

もちろんハイアーチの方は最初からフィットすると思います。

 

ちなみにただ、突っ立っていると、

踵に荷重すると前足部は浮き上がり、前足部に荷重すると踵が浮き上がります。

実はこれが、いまいちかなーと思う点でした。

でも考えたら突っ立つことより、動いて歩くために履くわけですから、

歩いたときの感触の良さは申し分ないので、やはり、買いだな。と感じます。

 

ちなみにレディースはヒールカップは浅いので、

鼻緒のデザインがお気に召すなら男性でもレディースも可です。

販売元の男性の担当者さんも扁平足で、レディースを履いているといってました。

 

ということで物は良いと判定できましたので、追加納品します!

 

しかも、250足限定モデルのレディースサンダル”Marin”を5足確保しました。

すぐ入荷します。
でもすぐなくなりますね(  ̄▽ ̄)
予約したい方は急いでくださいね!

サニブラウンハキーム選手はなみあしかけっこだ!

先週末行われた日本選手権。

注目の男子100m決勝。
ハキーム君ぶっちぎりの優勝。

素晴らしい動きでした。

“四強”の前評判を覆し、日本最速決戦を制したサニブラウンについて、10秒00の日本記録保持者で、日本陸連の伊東浩司強化委員長は「ハキームくんが力強かった。その一言に尽きる。昨日と同じ条件なら9秒台が出ていたんじゃないか」と、舌を巻いた。

予選、準決勝で10秒06、決勝で10秒05というラウンドの重ね方にも「一定レベルの余力を持って勝ち上がれていた。カール・ルイスやボルトのように60~70メートルまでメンタルを安定させて走れるのが強み」と、絶賛していた。

ハキーム君本人によると、

スタートが上手くなったこと、

上半身の筋力トレーニングにより、体がぶれなくなった、

とのことです。

なみあし常歩身体動作の視点から見ると、
全ての動きがなみあしそのものです。

顎をあげ、肩、上肢の動きがバックワードサイクル、

股関節の外旋、肩も外旋、遊脚感覚、2軸感覚、骨盤の下制に見られる抜重、

(難しい言葉ばかりですいません笑)
特に上半身の動きは素晴らしいです。

 

よくフォームが大事と言いますが(僕も言います)

 

100mの決勝での彼の走りと他の選手の走りを比較して繰り返し観ていると

「あー、かけっこの子どもたちと同じ走り方だ。」

と思ったのです。

子どものフォームはめちゃくちゃなように見えますが、
あれはいい意味で生まれたままの自然な動き。

走り方を教わらないと個性派あれど、ぐにゃぐにゃ、ブレブレで動きます。

それがだんだんと筋力がつき、骨、関節が強くなり靭帯や腱が硬く弾性が出てきます。

そうなると、ぐにゃぐにゃ、ブレブレは次第におさまり、
弾むように反発のある動きに変わっていきます。

 

 

 

スクショで荒くて申し訳ないですが、

ハキーム君の動き(特に正面から)誰よりも一番横揺れでたわんでいるのがわかります。


他の選手のたわみは、あまりありません。肩が水平、骨盤も水平です。多田選手は少し、たわんでるかな。

肩も下がり、着地に向かう前から左の遊脚

(振り出している足)の骨盤も

垂れ下がり始めています。

と同時に、右肩は下がります。

この直後に地面反力で力強く推進する力が生まれます。

しかし、ものすごいたわんでいますよね。

緊張や力みがない、だらっとした状態でこそ、実現するフォーム。

 

 

大舞台に動じない、強い心、平常心がなせる技です。

そして、ハキーム君はフォーム矯正を受けていない、つまり走り方を教わっていないのだそうです。

(確かな情報かは断定できませんが、関係者つての話のようです)

 

 

あの桐生選手や山縣選手、ケンブリッジ選手、突如、現れた、多田選手、

9秒台に迫ったトップランナーたちの走っている姿、特に上半身がとても苦しそうに見えるのは僕だけでしょうか??

そんなスピードで走ったことないので偉そうに言えませんが、

純日本人だって小さい時は、そうやってぐにゃぐにゃ走っていたんだからな〜。

 

あんなに体幹をかためて、力んで、重力と思いっきりケンカして走り続けたら・・・

ちなみに世界のトップ選手の走りはコチラ↓

ハキーム選手が黒人により近いことがよくわかりますよね。(ほぼ黒人ですけどね笑)

 

体が動きたいように動かしてあげる運動誘導、思い込みや姿勢制御、運動制御から解放された自由であるがままの体!

越谷BASEかけっこ教室では、基本的にフォームではなく、全体の動きを作りをしていくので、ハキーム選手のような動きを目指しています。初めて言いましたけど笑。

 

最速じゃなくていい。
最高の走りを目指そう!

 

桐生選手も這い上がってほしいですね!

松田タカシ

<症例報告>中学生陸上ハムストリングス肉離れ、股関節痛

動画が一番下にあります。

中学一年生 Nくん

陸上部 専門1500m


症状

4日前に左ハムストリングスの強い痛み(軽度肉離れ)

その後、右股関節の激痛でまともに歩けなくなった

 


検査・動作テスト

立位:右膝が内側を向いている。左は正面。


土踏まずアーチは両足ともに落ちている。

後ろから見るとアキレス腱に対して踵骨が内側に倒れ、ハの字になっている。

この状態をオーバープロネーション(日本語では過剰回内)といい、様々な、痛みや、スポーツ障害のクライアントに多く見られる状態です。

ウォーク&ランチェック:右足接地時、右膝が内側に入る。

母趾球の踏み込みが深いので、走っていても母趾球で蹴るような動作をしていると考えられる。

痛いのでランニングテストはなし。

 

 


見立て

1左ハムストリングスの肉離れは内側遠位(半腱半膜様筋)

→着地の膝の振り下ろし、巻き込み時に強く使う筋肉

2Nくんの履いているシューズの底を見ると母趾側のつま先のすり減りが激しい

→母趾で地面を強く踏んで(蹴って)歩いたり走ったりしている

→股関節内旋が強いからなおさら母趾に力感がある

3クールダウンが足りないので疲労が溜まっている

4右股関節痛(触診検査で腸骨筋と断定)も左股関節の伸展と右股関節の屈曲の相対的なストレスと考えられる


施術

整体:下肢を中心にトリガーポイント リリース。

痛みが強いのでソフトにリリースしました。

 


アフターケア

歩行のチェック

右膝の入りが緩やかになりました。

母趾の踏み込みがソフトになり、ストレスは減ると考えられる

(下に動画があります)

運動指導

踵と中足部アウトエッジをうまく使っていないので、エクササイズを2つ指導

 

 

 


3日後来店

股関節の痛みは消失。

ハムストリングスはもう少し。軽いジョグはできそうなので、運動指導ではそれを踏まえたドリルを指導。

 

SUPERfeetインソールを通学で履くHARUTAに合わせてフィッティング

まずは一番履く靴で日常で矯正をした方が良いので、通学用の革靴で提案しました。

 

インソール:SUPERfeet trim ブラック

 

 

 

試合が1週間後に控えているので、前日に来店してもらい、インソールの状態、身体の状態をみて、試合出場は決める予定。
今無理する時期ではないですが、出たい気持ちもわかりますからね・・・

 

松田タカシ

ハート瞑想会開催しました。

北越谷の足から体を整える整体コンディショニング

越谷BASE松田です。

昨日は、ハート瞑想、という瞑想のワークショップの企画が越谷BASEにて開催しました。

 

今、瞑想がとても注目されています。

社長や経営者は必ずやっているマインドフルネス!的なものですね。

 

雑念を払い、今目の前にあることに全力集中する。

僕はこんな程度の認識です笑。

 

学術的には、とても難しい領域なので、ここでは書くことはできませんが、

元々は不安や、不快感の改善をする治療として始まったようですね。

 

第1世代の行動療法は、不適応行動を改善するために行動を操作しようするものであった。さらにうつのような不快な気分や感情を治療する必要から、思考を操作することによって気分や感情を改善しようとする第2世代の認知療法が生まれた。そして、第3世代の行動療法として注意を操作し、気分や感情をコントロールするマインドフルネスな治療法が生まれてきた。

引用元

http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/bitstream/10112/2022/1/KU-1100SG-20080320-01.pdf

 

事前情報が少ない中で、当日。

まさかヨガの行者のような人が来るのか?と勝手に妄想していましたが、

こんにちわ〜。と講師の井村先生。

物腰の柔らかい、穏やかな女性といった印象で安心しました笑。

 

癒しのヒーリングミュージックの中、先生の優しい声をガイドに、体を整えることから。

始まる前に話をさせていただいた時に、

まずは体を整えるのが最初、ということは共通認識でした。

 

それから、ペアになり、

相手の言葉に耳を傾けたり、

感じたことをシェアしたり。

参加された全員が、違う感覚を味わっているのがなんとも不思議。

時間がゆっくり流れます。

 

胸に手を当てて話を聞いたり、自分の話をしたりすると、妙に穏やかで優しい気持ちになれる。

といことに気づきました。

相手に対しての不満や意見なぞ、全く頭によぎらない、境地、というと大げさかな。

 

 

先生も胸にまつわる言葉が多いことから見ても、胸=ハートという部分はとても大切なんだと話されていて、身をもって感じました。

 

最後はシータ波(寝起きのまどろんだ感じ)が出ていたらしく、

 

スッキリと目が冴えました〜!

 

ここのところ、頭が論理的、現実的モードにずっと突入していたので、

参加できて良かったです。

2時間半、貴重な体験をさせてもらいました。