トリガーポイント

トリガーポイントの原因と対処法

トリガーポイントの原因と改善方法

トリガーポイントとは?

病院、整体、接骨院…どこに行っても改善しない痛みやしびれ。

実は痛みやしびれのほとんどは、

「筋・筋膜性疼痛症候群=トリガーポイントが原因なのです。
1983年に米国のケネディ大統領の主治医を勤めたトラベル博士が中心となって、「筋筋膜性等痛症候群(トリガーポイント)」を提唱し、体系化しました。

それによると痛みの原因の95%が筋・筋膜だとしています。

トリガーポイント(以下略:TP)は、直訳すると痛みの引き金点という意味です。

痛みの原因となる部位が改善されないまま慢性化してくると痛みを感じる神経が過敏になり、脳が痛みを記憶してしまいます。

するとますますTPが活性化し、次は他の部位にも痛みやしびれを飛ばし始めます(関連痛、放散痛)。

わかりやすい例では、肩こりからくる頭痛、おしりのコリからくる下肢のしびれなどです。

はっきりとした痛みがなくても、動きの低下、筋力の低下を感じているならTPが悪さをしているかもしれません。

TPはシコリのようであったり、ロープ状に筋全体が硬くなるようであったりします。あなたが肩こりならコリッとした肩の強張りを知っているでしょう。また、触感がないケースもあります。

痛みがなくても関節の可動域が低下している、動きが悪い状態はTPによって筋・筋膜が硬く縮こまり、柔軟性の低下はもちろん、筋力が正しく発揮されない状態に陥っています。これを筋力不足と勘違いして筋トレに励むと、TPはますます活性化します。このパターンをたどる人、多いです。。

筋膜とは筋肉を包む薄い膜でコラーゲン状の

膜組織です。

筋膜によって臓器、筋肉などが正常な位置を保っています。筋膜の弾力性が落ちたり、癒着を起こすと、あたかも縮んだセーターを無理やり着ているような状態になります。連想してみてください。

トリガーポイントはなぜ発生するのか

一言で言うとTPは組織の酸欠です。血液の循環不良が起きています。

血液の中の酸素、栄養が各組織に循環しなくなると細胞レベルでみずみずしさを失います。細胞の生命線は核ではなく、細胞を覆う膜です(核がなくても細胞は生き続けますが膜がないとすぐに死んでしまいます)。膜組織がカサカサと元気がなければ、細胞の転写、新陳代謝のスピード、質、量もどんどん悪くなっていきます。

ではTPはなぜ発生するのでしょうか。

使いすぎか、使わなすぎ。

このどちらか、もしくはどちらもか、です。

デスクワーカーのように動きが少なければ、それだけ、血液循環が滞るわけですし、動きすぎたらそれはそれで鬱血します。

座りっぱなしは、TPだけでなく、脚のむくみ、腹筋、骨盤底筋などの体幹筋の衰え、骨盤、股関節のロック、背骨周辺組織の硬化、自律神経のアンバランスなどリスクをあげたら切りがありません。

最近では、耳石という平衡感覚を司る、内耳の組織が座りっぱなしによって刺激されなくなり、老化を進めてしまっていることがわかり、30分に一回は立ちましょうと警笛を鳴らしています。あのおなじみのテレビで話題になりました。

ガッテン流アンチエイジング術は耳石刺激で老化対策(NASA直伝)

本も出ています↓

こんなストレートなタイトルも↓

成果を出し続ける人の健康習慣

座らない!


そしてもう一つの原因は、繰り返しの反復動作、

例えば、流れ作業の続く肉体労働者、

慣れない動作による急激な筋疲労、

スポーツにおいてのオーバーユース、

悪いフォームによって生まれる代償動作が

局所的に負荷を高めてしまうケースです。

運動は筋、関節の運動連鎖の中で広い範囲で影響しあっているため、

思わぬところに原因を作っているなんてこも起こるのです。

越谷BASEができること

・施術によるTPリリース(整体コンディショニングコース)
イタ気持ちの良いトリガーポイントマッサージで

深層部までしっかり解きほぐし原因となる部位にアプローチします。

指圧のような施術が特徴で血行促進、重さが取れるような感覚、

スムーズな関節の動きなどを期待できます。

※施術だけではなく、運動指導、セルフケア指導、ご希望により、栄養指導などトータルでコンディショニングも行うパーソナルセッションが当店の特徴です。

こちらのコースがオススメです↓
整体コンディショニングコース

整体を受けるより、もっと治療に参加してセルフケアをできるようになりたい方(セルフコンディショニングコース

TPリリースを術者が補助しながら自身で行なえる内容です。
自分の感覚を指針にリリースをしていけることがTPリリースの最大のメリットです。つまり、「あーそこそこ!」「効く〜!という感覚のあるところが、まさにTPそのものでターゲットとなるからです。
セルフコンディショニングコースは身体に対する意識の高い方、アスリート、スポーツ愛好家にオススメのコースです。セルフリリースのいコツや身体動作の原理がわかれば日々の痛みの軽減、回復、怪我の予防などが自分の手でできるようになります。

また、トリガーポイント・パフォーマンス・セラピー社のGRIDフォームローラーやマッサージボールなどのツールを使ったセルフマッサージに興味がある方はセルフマッサージグループレッスン(準備中)、パーソナルレッスンで行なっております。

 

”自分で体のケアを行い、マッサージにより筋肉に弾力性を与え、目標とするレベルのパフォーマンスが発揮できるようになります。トリガーポイント・パフォーマンス・セラピー社の製品は、人間の手によるマッサージの感触を再現しているので、家に居ながらにしてマッサージを受けることができると言えます。トリガーポイントの知識があれば、個人で生体力学について見直し、症状の治療と原因の治療の違いについて理解できるようになります。”
                   ※一般社団法人エン・スポータブル協会の記事より抜粋

整体を受けるより、もっと治療に参加してセルフケアをできるようになりたい方は↓

セルフコンディショニングコース

詳しくはコースと料金を確認してください

コースと料金

慢性症状の原因と改善方法

越谷base慢性症状対策

・頻繁に起こる頭痛、腰痛などの「慢性化した直接的な痛み」

 ・自律神経の乱れからくる「不定愁訴」

(いつもなんとなくだるい、すっきりしない、やる気が出ない)

どちらも生活の質を著しく低下させます。

このページでは

慢性症状の原因と対処法、越谷BASEではどのようにアプローチするのかを

できるだけわかりやすくお話しします。

 

慢性症状の原因

痛みや痺れの直接の原因はトリガーポイントの活性化です。

そしてトリガーポイントが活性化してしまう要因は、

①運動不足

②運動しすぎ(オーバーユース)

スポーツによるもの、生活習慣によるものとあります。ここでは生活習慣の方を取り上げます。

③間違った体の使い方

これもスポーツによるもの、生活習慣によるものとあります。ここでは生活習慣の方を取り上げます

などによって筋・筋膜の柔軟性が低下してトリガーポイントが活性化しているのです。


詳しく知りたい方はこちらを↓

トリガーポイントとは


そして、その痛みを悪化させたり、強く感じてしまう原因はまた別にあります。

それは

④脳の暴走です。

とても重要なことなので最後まで読んでくださいね。

ではこれらを順序立てて

対処法も含めてご紹介します。


①運動不足の場合

運動不足はトリガーポイントの活性化の主たる原因です。私たちの体は、動くことで健康を維持しています。動かなければ、筋肉は硬くなり、血流が悪くなり、ボソボソとしたビーフジャーキーのような組織になってしまいます。

さらにストレスホルモンを活性化させ、交感神経を刺激して直接的な痛みはもちろん、なんとなくだるいかったるいやる気が出ないなどの不定愁訴の大きな原因にもなります。

これはもう動いてくれ、としか言えないのですが、

ただし、せっかく腰を上げても慢性化がきついと、悪化する可能性もありますし、仕事や育児などでわかっていても自分では限界がある、など事情もあるかと思います。

また、苦痛を伴う運動や、ちっとも楽しくない運動はかえって運動離れをさせてまいます。楽しくやることも大切です。

越谷baseができること

順序としては施術から始めて、まずは体をラクにしてあげてから、適切な運動量、生活指導などを正しい順序でじっくり進めていくのが望ましいかと思います。

程度にもよりますが、本人が腰をあげれば、解決もできます。運動と聞いて耳が痛い人も多いと思いますが、運動しないで健康になろうなんてことはまず困難です。できそうならなんでも構いませんから動くことを増やすことです。

セルフケア 具体的対処法

デスクワークなどでどうしても座りっぱなし、忙しくて運動できないという方

・30分に1回は立ち上がる

屈伸運動やその場でぴょんぴょん跳ねるなどして、足腰に血液を巡らしてください。脳の耳石を刺激して上げる意味もあります(耳石に運動刺激を与えないと老化を早めることがNASAの研究でわかりました)。

・腕をダイナミックに回す

片手ずつ行います。

コツは腕だけではなく、「体ごと動かす腕回し」が効果的です。

腕は肩からではなく、鎖骨から始まっています。体幹をねじるくらい大きく腕を回し、鎖骨から腕が動いていることを感じてみてください。

・電車の中でユラユラ立ち

インナーマッスルを刺激してコアを高めることができます。

両足の幅を肩幅に開き、膝を柔らかく保ちます。

肩の力は抜いてリラックス。

足の裏全体で立ち、揺れに対し、かかと、つま先、内側、外側と重心を移動させます。決して抵抗しないことです。

視線を常に水平に保ち、アゴを少し上げるとバランスが取りやすくなります。

・一駅歩く

日常的なウォーキングで歩きすぎるなんてことありません。

歩くことを避けることでますます歩けなくなります。

怖がらずにゆっくりでも歩くことです。

※膝や、股関節など脚の痛みがある方は治療と歩行指導が先です。いきなりは控えてください。


②運動しすぎ(オーバーユース)

運動が、スポーツなのか、生活の中の動きによるものなのかにもよります。スポーツによるオーバーユースは アスリートの方をごらんください

生活の中で起こる運動しすぎとは、繰り返しの作業による過負荷で起こります。

  • 肉体労働による体の酷使、
  • デスクワークによる手のしびれ、腱鞘炎、眼精疲労
  • 販売の仕事などで立ちっぱなしによる足の冷え、むくみ、しびれ
  • お子さんの抱っこによる腰痛、腱鞘炎

これらも避けることはできないことばかりです。

でも実はこれらをしても全く問題ない人もいます。同じことをしても負担になる人もいれば、ならない人もいるのです。つまり、肉体労働やデスクワークが悪いというより、本人の問題と捉えた方が筋が通るのです。

  • 抱っこで腰痛になったから、子どもは抱かない
  • 体壊すから仕事辞める

そうはいきませんよね。

明暗を分けるのは心身のコンディションです。

高いレベルで心身を保ってていると痛みに悩まされることは確実に減少します。

ならばコンディショニングをして底上げ、BASEUPしかないのです。

当店ができること

施術から始めて、まずは体をラクにしてあげてから、

いかに簡単なセルフケアを取り入れ、負担を減らすかに力を注ぎます。

セルフケア 具体的対処法

首とつくところをよくほぐしてみてください。特に手首、足首です。ぐるぐる回したり、上下、左右とゆっくり丁寧に繰り返してください。

先に書いた、4つのセルフケアも全て効果あります。


③体の使い方

体は常に最適を探してバランスを取ろうしています。その結果、代償動作を作り出します。

  • 足の怪我をかばって膝が痛くなる
  • 膝をかばって腰を痛める
  • 腰をかばって首が痛くなる
  • 体の使い方にクセがあり、常に変な動き方、歩き方をしている

運動連鎖、筋連鎖などと言われて、一つの痛みが全身に及ぶこともあるのです。

越谷baseができること

順序としては施術でアンバランスを調整してから、姿勢評価、生活指導、ストレッチなどを取り入れ、正しい順序でじっくり進めていくのが望ましいかと思います。

使いすぎなんですからゆっくり休息するのも大切です。

セルフケア 具体的対処法

これは直接アドバイスさせていただきます。


④脳の暴走

これは近年解明されてきた事実です。

「痛み」は患部ではなく、「脳」で感じています。

痛みによってストレスや不安を感じるのは脳の扁桃体という部分です。ネガティブな感情が脳の扁桃体を暴走させているのだそうです。

痛みが長期に渡ったいたり、何をしても改善しない状況が続くと

痛みやしびれの症状はすっかり居座り始めます。

これは脳が痛みを記憶してしまい、扁桃体の暴走、神経過敏が起きているのです。うつ病もこの仕組みが関係していると言われています。

これは薬物療法や認知行動療法などで改善されると言われています。

でも、これ、自力でもなんとかなるケースもあるのです。

例えば、どんなに痛くても痛くない時があります。

それは痛みを忘れている時です。

  • 友達と楽しく遊んでいる時、
  • 何かに夢中になり没頭している時、
  • 美味しい食事をしている時、

そんな時は、誰でも痛みが0になっています。これは、ごまかしなどではなく、痛みは意識すると出現し、忘れていると消えるということを端的に表している事実なのです。

そしてもう一つの痛みを悪化させたり、強く感じてしまう原因があります。

ストレスのレベルと症状のレベルは一致する

ということです。

痛み、しびれといった不快な症状によって受けるストレスが大きいほど症状を感じるレベルが上がります。

  • この痛みのせいでこんなひどい生活になっている
  • この痛みのせいで旅行に行けなかった
  • いつでも不安が付きまとい、ちょっと動くことにも緊張してしまう
  • こうすると痛くなる、痛くないなどといつも痛みのことを考えている
  • 痛みの原因を徹底的に追求している

こんなことばかり考えていると、もう年中痛いわけです。

いかがでしょう。

慢性症状を持っている方はほとんどの人がどれかに該当していると思います。

越谷baseができること

施術も大事ですが、あなた自身の思考を変えることがもっと大切です。

痛みとの付き合い方を変えることはそう簡単ではありません。

セッションを通して、あなた自身の脳の記憶、思考を上書きします。繰り返し、繰り返し、根気も必要です。

セルフケア 具体的対処法

認知行動療法です。

非常に専門的ですので、外部サイトを紹介します。

http://www.direct-commu.com/training/a_007.html

当店での心理的アプローチはある程度確立しており、成果も出ています。これは自身の研究と経験に基づく内容です。

ここまで読んでくれたあなたにおすすめのメニューは

初回は整体コンディショニング60分コースです。

施術を中心に、まずは体をラクにしましょう。

体をラクにしたら楽しく運動したり、日々の負担を軽減するノウハウをしっかりとお伝えします。痛みとの付き合い、受け流すノウハウ、など習慣化するまでお付き合いします。



24時間受付のネット予約

はじめての方のための

整体コンディショニング60分コース

予約は

頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれの整体コンディショニング

越谷市北越谷5丁目7−2

越谷BASEコンディショニング&カフェ

TEL:0489156272

まずはメールで相談

第二回女性のためのセルフマッサージ教室終了!

本日は女性のためのセルフマッサージ教室

第2回を賑やかに終えました〜。

参加された皆さん全員お子様連れでした(^^)

0歳から2歳までのお子様総勢5人。

このくらいの数が限界かな・・・。

でも、子どもの空気を察する能力はすごいですね。

さあ、ぼちぼち、始めますよ〜の頃からぐずり始め、連鎖式にみんな騒ぎはじめ、「ママ〜かまって〜」と心の叫びが笑

ママたちも肩こり取りたいからいらしたので、みなさん真剣です。

 

 

ママが楽になればもっと可愛がってくれるから40分、頑張ってね=

てな感じで、まずは講義から。

痛みがなぜ起きるのか、感情と痛みとの関係も必ず、お話しさせてもらいます。

感情が痛みを作り上げ、強固にしますから、大切な講義です。

 

さあ、スタート〜♪

MB5マッサージボールを使います。

みなさん「あー、いった〜い・・・」

 

全員顔が歪みます笑

 

 

私「いやいや、そんなもんじゃないですよ、

位置ずれてますからね。ほいっ」

 

みなさん「!! いっっっった〜〜〜〜〜い・・・・」

縦に横にリリースします。

一部位終わるごとに動きの確認をしてもらいます。

「かる〜〜〜〜い!!」

「なにこれ??」

 

みなさんおどいてます♪

 

どんどん進めます。

 

マッサージしていない側が重だるく感じてきましたので、

反対もリリースします。

 

終わってみると

腕の上がりやすさと同時に肩の軽さを実感する瞬間です。

 

全部で2部位だけ。しかも肩はほぐしてません。

 

 

 

 

みなさん、ボールの購入と来週の参加をして下さいましたー!

ありがとうございます。

 

全員住んでいるところが近かったようで、ご縁も作れたようです。

 

 

来週の腰痛編は定員になりました。

次回の予約は28日です。

 

メールで申し込みください。

第1期セルフマッサージグループレッスン③応用編

 

本日3回目開催しました。

今回は応用編ということで、

自身の体で色々検証しながらリリースを行い、

どのように体が変化するか?

 

という実験形式のワークショップで頭も使う内容でした。

 

問題があるとみられる部位を緩めることでハリが取れ、力感がなくなるところまではいつも通りなのですが、

 

緩めるばかりが必ずしも、プラスにならない?

緩んだことで安定したり、不安定になったりするのはなぜ?

不安定はいいの?悪いの?

 

参加された皆さんは

運動連鎖、筋・筋膜の協調性を感じつつ、

人体の奥深さ、不思議さも同時に実感されたことと思います。

 

 

 

 

今回の内容は、とても奥が深いと、講師である私自身も実感しました!

でも面白かったのではないかと。

 

さて、二週間後は総復習です。

 

終わったら、お疲れ飲み会ダァ!

 


一回目と2回目のレッスンの模様は↓

第1期セルフマッサージグループレッスン①下半身

第1期セルフマッサージグループレッスン②上半身

 


第2期セルフマッサージレッスン3月11日より開始!

受講生募集中です。定員7名まで。

セルフマッサージグループレッスン

===========================

東武伊勢崎線北越谷駅徒歩5分

足の痛み、脚の歪みの整体コンディショニング

越谷BASEコンディショニング&カフェ

越谷市北越谷5丁目7−2

048-915-6272

越谷base公式サイト http://koshigayabase.com

いいね!でコーヒーサービス facebook  https://www.facebook.com/koshigayabase/

口コミで応援 エキテン http://www.ekiten.jp/shop_42560059/

お問い合わせ相談は↓

 

 

《症例報告》50歳ランナー 足の痛み、膝うらの痛み

二週間後に東京マラソンが控え、ランニングアプリの練習メニューをこなしている。

この3週ほど毎週末、30〜35kmのペース走をしてきたが、走っている時に、足の外側が痛くなり、歩けないほどになった。膝の裏のコリも出てきたがスッキリ取れない。昨年、右膝の鵞足炎、左のシンスプリントもやっている

ランニング歴:1年、現在サブ4(4時間以内)。3時間30分が目標

2週間後に東京マラソンが控えている


症状

左足:足の外側の痛み、膝うらの痛み

両ふくらはぎの張り

 


検査・動作テスト

立位:右膝が内側を向いている。左は正面。

上半身に対し、下半身、脚の筋肉が発達している。

 

歩行チェック:足が外側から回すようにペタペタと着地している。

地面反力に負けているような歩行です。

動くと膝の内側に入る動きが強くなる。

(画像だと粗くてわかりにくいですが。。)

 

触診では特に左脚の外太もも(外側広筋、腸脛靭帯)からふくらはぎ(腓骨筋、腓腹筋)にかけて全体的に硬い。

右もハムストリングス、ふくらはぎ、足裏は硬くなっています。

可動域テストは若干右が狭い。

ランニング障害を一通り経験していることや、右の内ねじれの状態を見ると、左側に出ている足部の症状は右のアライメントを調整すると緩和されると考えられる


整体

下肢を中心にトリガーポイント リリース。

 


インソール

SUPERfeet trimカーボン

 


改善確認

足部の痛み消失。

続いて

歩行とジョグでチェック

筋肉の緊張がとれ動きやすくなっていることは実感している様子。

微妙な変化なのでわかりにくかったのですが、

一番の成果は歩隔(ほかく)が出たこと。

歩隔とは前後の足幅ではなく、左右の足幅です。

before

指一本分と行ったところでしょうか。

 

体重が乗りかかっている軸足が股関節から内側に入っているのがよくわかります。上の動画ですと骨盤が回っています。

これは一軸で体を使っているためです。

 

after

施術でアライメントが正常になり、歩隔が足一足分まで出ました。

二軸の動きです!

二軸の動きになると骨盤が不必要に回らなくなるので股関節も内側には入らなくなりますね。

竹馬や、力士の動きも二軸ですね。地面反力をしっかり捉えて推進力として全身に伝わります。

いい感じです。

 

SUPERfeetのフィッティングも店内の軽いジョグでもかかとの安定感を感じていただけたようでよかったです。


運動指導

SUPERfeetインソールを慣らす

レースまで二週間なので、歩行やスロジョグで調整、

四股踏みで外旋筋に刺激を入れる


一週間後、再来店。

足の外側の痛みが引ききらぬうちに翌日も20KM走。、気持ちはわかりますが〜

結局、東京マラソンは痛みがある状態で途中歩いたりしつつも4時間ちょっとでゴールされたそうです。

ここからじっくり、フォーム改善に取り組んでいきましょう!