トレイルランニング

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります②

前回は子どもとトレランしてきました、という話でした。

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります①

このトレランって本当に想像以上にすごいと僕は思っています。

 

ゴールデンエイジの運動能力を高める。

これはキッズプログラムの一番重要とされているポイントです。

その能力をコーディネーション能力と呼んでいますがトレイルランニングやるだけでコーディネーション能力あがっちゃうよ、という話です。

 

その話をする前にこれを話さないといけません。

 

そもそも、僕がトレランに出会ったのは一冊の本でした。

BORN TO RUN 走るために生まれた ―ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”

amazonの紹介には

ノー・ランニング、ノー・ライフ!人類は、走るために生きている いや、生きるために走っている!
この冒険は、ランナー誰もが抱くひとつの疑問から始まった──なぜ僕の脚は走ると痛むのか? 真実のランを目指すウルトラランナーたちは、やがて、メキシコの秘境をサンダルだけで一昼夜走り続けるタラウマラ族と邂逅する! 人類は、走るために生きている──いや、生きるために走っている!

 

と煽りまくっていますが笑、案の定、私もまんまと煽られハマってしまったわけです。

メキシコの秘境に住んでいるララムリ(走る民族の意)と呼ばれる民族は練習もしたことない、ウォーミングアップ、クールダウンもなしで、トレイルマラソン(山岳マラソン)に出て、いきなり優勝したり、しちゃうんですからそりゃもう興奮します。

しかも毎日口にするものはトウモロコシばっかり、お酒は、やっぱりトウモロコシのビールだったり、栄養取れてんのか?的な信じられない生活なんです。日本の30品目食べようって一体、なんなんだろう?て思いました。

 

で、この人たち、血管性の疾患を全くしないそうなのです。

いわゆる生活習慣病ですね。でサンダルで険しい山岳地帯に暮らしているのに怪我を全くしない。足のトラブルもない。

 

治療の世界にいると、怪我や症状に対してどうやってなおそうか、どうやって回復までの道のりを計画しようか、とばかり考えがちですが、この本読んでから、とてもいい意味でシンプルになりました。ざっくりいうと運動すれば治りますよ、的な。(もっと丁寧に伝えてます)

だって、過保護にすればするほど、体は弱くなりますから。

あ、心が、でしょうね。

 

で、このトレラン、僕は登山の趣味がなかったので、山を知る、山が好き、自然が好き、という過程を飛ばして、いきなり、飯能での17kmのトレランのレースに出て、それこそ死ぬかと思ったのです。辛くて辛くて。

ペース配分もわからず、かっ飛ばし、越谷、武蔵野市の平坦な道で、飼いならされていた僕の足は、全く歯が立たなかったのです。

 

山、やべー!辛すぎ!もう2度とやりたくない!

 

そう思った数時間後には、来年もこのレースリベンジしたいとか、言ってました。

それから数年経ち、すっかり山慣れして、今は景色や自然を楽しみながら走れるようになりました。去年初の53kmのウルトラレースに出て無事、完走できました。

そんなトレランに娘を連れ出したのがちょうど2年前、6歳の時です。

 

この辺のくだりは

僕がかけっこ教室を始めた理由わけ

で書いてますので、読んでいただくとして、

 

このトレランは、身体能力のベースアップには一番良いと思います。大人にも無論なんですが、子どもにとっても最高のアクティビティです。

 

特にゴールデンエイジと呼ばれる、5〜12歳の時期の山を走る経験、これはコーディネーション能力を高める効果があります。

 

プレ・ゴールデンエイジ

神経系の発達が最も著しい5歳から8歳頃。この時期に多様な動きを体験させることがその後の動作の習得や専門技術の上達につながります。勝ち負けよりも楽しさを教える時期。

 

ゴールデンエイジ

8歳から12歳頃をいいます。この時期に神経系の発達がほぼ完成します。巧みな動きも即座に身に付けるので(一生に一度だけ訪れる、あらゆる動作を短時間で覚えることのできる「即座の習得」)非常に重要な時期。この時期の運動は忘れない(自転車に乗れなくなることがないように)。

 

スキャモンの発達発育曲線がベースになっている考え方です。

 

まず、

コーディネーション能力は

バランス能力(崩れにくい)

分化能力(器用さ)

リズム能力(タイミング)

連結能力(体の連動性)

定位能力(動くものと自分との距離感覚)

反応能力(素早さ)

変換能力(状況対応力)

の7つあると定義されています。

 

実はトレランではほぼ全部体験できます。

7つの中でも特に使う能力は

バランス、リズム、連結、変換です。

不整地には、段差、石、葉っぱ、根っこ、ぬかるみなどトラップがたくさんあります。

それを目と足の感覚で瞬時に判断し、バランスを保ちながらクリアしていく。

時にはうまく転んだり、転ぶことを回避したり、滑ったり、まあ、怪我もつきものですが、そういう体験こそ尊いものです。

 

アスファルトや校庭では味わえない、感覚です。

 

 

鎖場があったり、岩場があれば、さらに多様になりますね!

 

そして何より、

自然の中でいっぱい汗をかくこと

自然の中で心が癒されること

自然の中でたくさんの微生物に触れること

自然の中でいっぱい元気をもらうこと

 

自然とは問答無用で偉大です。

誰もが、声が大きくなり、元気になり、笑うようになります。

 

これ以上のことってないです。

 

そういったことから越谷ベイスかけっこ教室では

できるかぎり屋外で開催を考えています。

汚れたり、転げたり、裸足になったり。

そうして朗らかな感情も育めると思います。

 

また、日本は硬いところで走りすぎているから、貧血傾向だ、という専門家の指摘もあります。海外での陸上の練習の多くはクロスカントリーや不整地など足に優しいところで走っているようです。

ですから、かけっこ教室に参加する皆さんにはご理解いただきたいと思います。

 

僕は、過保護な教室にするつもりはありません。

楽しいのと同じくらい、できるだけ強い体を作れるようしていきます。

 

それが嫌な保護者さんは、参加はご遠慮くださいね。

 

まとめ

不整地を走ることはコーディネーション能力が上がる

自然は問答無用で偉大。いけばわかるさ!

 

 

かけっこ教室で始まったら企画して、いきますよ。山!

 

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります①

子どもトレラン

3連休の最終日、娘とトレランをしてきました(^^)

栃木県足利市の大小山。あまり教えたくない穴場。

300m程度の大小山とその隣の妙義山の縦走、5kmの周回コースなので子連れにもってこいです。

ただし、アスレチック度が高いのでご注意を。

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります。

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります。

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります。

コーディネーション能力をあげるトレラン

 

トレランて何??という読者もいるかと思います。

トレイル(山道)を走る近年注目されているアウトドアスポーツの一つで正式にはトレイルランニングで通称トレランです。

 

いわゆるマラソンの山岳版です。

トレイルランナーは景色など自然を楽しみながら走りますが、緩やかな登り、平坦な道、下りだけ走って、登りは大体、歩きます。

ハイカーへの配慮もしながら、安全を期して走ることもマナーです。

 

レースなんかですと、順位を狙ったりする、本気の人たちもたくさんいますが、多くの参加者は、ゴールできればよし、と言うユルいスタンスで走っています。

ちなみにマラソンとトレイルの違いは?というと、

ロードとトレイルなだけなんですが、体への負荷のかかり方がだいぶ違います。

トレランでは、いい風景では写真を撮ったり、エイドでゆっくり食べたり、参加者同士おしゃべりしながら走ったりと好き好きに楽しみます。

なので辛くなってもいくらで回復させることができます。

マラソンはひたすら辛くなっていきます。足止めるとか、休むとか、そうはいかないですよね。歩いたら負けみたいな感じが・・・。

 

ただし、トレイルの世界ではウルトラマラソンという42,195km以上のレースが醍醐味で、50km以上はざら、100km、100マイル(168km)などのロングレースがいくつもあります。そういう距離になってくるとそりゃーきついと思いますけどね。僕もまだウルトラは50kmまでなので未知の世界です。ちなみに一度走ったフルマラソンの方が辛かったです。

 

私がトレランを始めたのは4年前。時々レースに出たり、オフで山に行ったり、家族キャンプの早朝ひとっ走りしたり、マイペースで楽しんでいます。

 

 

説明が長くなりましたが、トレラン。子どもにさいっこうです!

 

一昨日、娘が山を下る動画を短いですが撮りました。

ブレブレで申し訳ないのですが、とてもリズミカルに楽しく降っている様子は伝わるかと思います。

なぜ僕が娘を山に連れ出すのか、

それは趣味と家族サービスを一つにするためのこずるい父の計画でしかないわけなんですが笑、

それ以上に子ども自身にとっていろんな恩恵を感じるのです。

それは、心身への影響とコーディネーション能力の強化です。

 

続く

 

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります②

 

 

オススメのテーピング

私がオススメしているテーピングを紹介します。

セッションでもセミナーでもこのテーピングを使用しています。

 

 

トワテック カラーキネシオロジーテープ KINESYS(キネシス) 5cm×5m

 

リニューアルしてお値段がだいぶ上がってしまいましたが、本当にいいテーピングです。

※個人の主観です。

 


トワテック カラーキネシオロジーテープ KINESYS(キネシス) 5cm×5m

1巻タイプ

 


 

6巻タイプ


この2年ほどはずっとこれを使っていますが、

とにかく

剥がれにくいです。

これが一番大事!

夏のレースで汗まみれになっても全く剥がれません。

もちろんちゃんと貼れてるかどうかなんですけどね。

 

そして

カラーバリエーションが豊富でテンション上がります。

  

レーヨンが混ざっているところも大事です。

かぶれにくさも大事!

 

 


以下サイトより抜粋、↓

①発色性を良く

「もっと鮮やかな色が良い」

そんな声をうけて、生地の編み方を改良することで発色性を大幅に向上させました。

KINESYSは16色を組み合わせることで、

2色の組合せでも240通り、3色の組合せだと3000超の配色パターンを生み出せます!

ジャイアンツ好きのお父さんには「オレンジ+ブラック」

シックかつゴージャスに決めたいマダムには「シャンパンゴールド+ブラック」

クリスマス時期には「グリーン+レッド+ホワイト」   などがお勧めです。

是非あなただけのKINESYSを楽しんでください。

②重ね貼りに強く

「重ね貼りをすると粘着力が弱い」

粘着力の弱いテープでは、重ね貼りも、テーピングの継続も困難です。

生まれ変わったKINESYSは粘着力38%UP(当社比)。

ファッション性に加え、実用性も大幅にUPしました。

重ね貼りが必要な貼り方、スポーツ現場での激しい動き、長時間のテーピングを要するシーンでもお使いいただけます。

【かぶれにくさはそのまま!】

テーピングにおける最大の悩みは、「かぶれ」ではないでしょうか?

KINESYSは生地にレーヨンを採用することで、この問題を解決。

レーヨンは従来のコットン生地と比べ、吸湿・放湿力が高いという特徴があるため、汗や水分を素早く吸収し、放出します。

そのため、テープの内部が蒸れにくく、皮膚もかぶれにくいのです。

 

<口コミ>ランナーの方にオススメ。

口コミいただきました!

新規店舗にとって一番嬉しい応援です。

以下エキテンより転載します。


ランナーの方おススメ。

今年マラソン大会に出場する予定なので、ランナーでもある店長さんに体のメンテナンスやアドバイス等をお願いできればと思い伺いました。

走り方や踵の重要さ等を教えて頂き、非常に勉強になりました。
何より今後の課題がはっきりし、走り込むだけでなく走り方を考えればもっと楽に走れるようになる事を知れたので、ココに来て良かったと思えました。

初回という事で施術自体は10~15分位、脚周りを重点的にほぐしてもらいました。
(私が色々聞きまくったので話の方が長くなってしまいました。)
それだけでもとても体が軽くなったのは店長さんの技術の賜物!
押される感覚としては「痛いけど気持ちいい」
これ以外の表現がありません(笑)
痛いのが苦手な方はその旨伝えれば対応してもらえると思います。

施術後コーヒー(有料、お茶請け付き)を頂きました。
施術を受けて、お茶を飲んで、ほっとできて、体もココロも楽になれる所だと思います。

そして筋肉をセルフリリースするレッスンも受けているのですが、これをみんなができる様になってしまったら誰も施術を受けなくなってしまうんではないかと邪推してしまいました(^^;)

みそじぃさんより。


以上ここまで

みそじぃ様ありがとうございました!

越谷BASEのセッションは特にこのトレーニングスペースで多くの時間をかけます。施術がっちり必要な方もいれば、施術より、運動指導の人もいます。ランナー、アスリートの場合は、体をつかって実験をいくつも行い実感してもらいながら指導させていただいております。

※画像は本人ではありません。

フォームを修正するのは、本当に大変なことですし(ベテランやエリートランナーほど)、時間もかかります。

素直な人は改善が早いと感じます。

みそじぃさん、慌てずじっくり行きましょう!

GRIDでのケアもしっかり行なってくださいね♪

http://koshigayabase.com/course-price/

トリガーポイント・パフォーマンス・セラピーとは

 

 

越谷BASEでセルフマッサージレッスンなどで使用している、

トリガーポイントパフォーマンスセラピー社製の

トリガーポイント™️GRIDフォームローラーを紹介します。

 

 


GRIDフォームローラーとの出会い

このツールとの出会いは私にとって衝撃的なものでした。

私はトリガーポイントセラピー専門の整体師です。

徒手(手技)によるトリガーポイントセラピーを実戦形式でカリキュラムにしているおそらく日本で唯一の専門学校、大川カイロプラクティック専門学院で学び、時間と経験を積みあげて磨いてきました。だからそれは徒手(手による手技)や鍼でのみでできるものであって、まさかこんな筒で?と半信半疑でした。

しかし、正しい使い方を学び、効果を体験した時は本当に驚きました。

 

「これを患者さんに教えてあげれば、施術が不要になる人も出てくるし、通院回数だって減らすことができる」とすぐに感じました。こんな素晴らしいツールを教えない手はない!と確信しました。

世界中のトップアスリートもこぞって使用しているあたりも、もはや、疑う余地はありませんでした。

 

ではまず、GRIDフォームローラーの認定資格講座を日本で唯一開催している一般社団法人エン・スポータブル協会のサイトがわかりやすいので転載します。↓

 


ここから。

 

トリガーポイント・パフォーマンス・セラピー ( TPPT )とは、ライフスタイルを変えたい人、パフォ-マンスを向上させたい人、健康を願う人に対しアメリカのテキサス州オースティンに本部がある、「Trigger Point Performance Therapy社」が提案する、セルフケア 療法です。

CASSIDY PHILLIPS
創設者&CEO キャシディー・フィリップ(Cassidy Phillips)氏 は、バイオメカニクス(生体力学)のスペシャリストで、機能障害を起こす原因に、日常生活の動作パターンとスポーツにおける特有な動作パターンが、筋の機能と生体力学に大きな影響を与えると考え、それらを改善する事により、負担をかける事無く、身体を楽に動かせるようになる事を発見しました。

生体力学上の機能障害は、筋機能の問題(トリガーポイントや筋膜の癒着など)と考えた彼は、彼の特許手法である『Myofascial Compression Technique(MCT : 筋膜圧迫法)により、神経経路の活性化と筋の固有受容性を高め、動作パターンの改善の効果をもたらしました。

また、彼は長年のトライ&エラーを重ね、新たに見いだした理論とバイオメカニクスのバックグラウンドを融合させた、特許製品である、Trigger Point Technology(TPT:トリガーポイントテクノロジー)を開発しました。

TPT及びMCTを用いた筋膜リリーステクニックや動作パターンは、現在NFL、NHL、NBA、MLBプレーヤーなどに使用され、近年では、トライアスロン選手、自転車選手の世界一の座を獲得するのに貢献しました。
また、医者やフィジカルセラピスト、カイロプラクター、そしてマッサージセラピストにも評価され、オーソドックスな治療プランとして用いられ、パーソナルトレーナーやコーチも指導する際に役立っています。


以上ここまで。

 

 

いかがでしょうか。そこいらの健康グッズとはワケが違うことがこの文章だけでも伝わるかと思います。

 


トリガーポイントとは

当サイトの別ページでも詳しく書かせてもらっていますが、筋肉、筋膜の柔軟性がなくなり、硬く縮こまっているポイントのことをトリガーポイントと呼んでいます。

 

 

この痛みの引き金となる筋・筋膜をリリース(解放)することをトリガーポイント筋膜リリース、トリガーポイントセラピー、などと呼んでいます(越谷BASEではトリガーポイントリリースと呼んでいます)。

 

リリースされると、痛みの緩和、柔軟性の向上、可動域の広がりなどをその場で感じることができます。

 


ツール利用者の声

 

利用者の声

 

<レッスン感想>たぐち整骨院荒井様

<レッスン感想>北千住西口整体院様

 

※このツールは心血管性疾患、妊婦さん、骨粗鬆症、糖尿病など、使用に注意が必要な疾患があります。そのあたりも含め、しっかり認定を受けたトレーナーから学ぶことをおすすめします。

 


GRIDフォームローラーに期待できること

 

マッサージセラピストの手技のような感覚を再現した特殊構造で、簡単にセルフマッサージを可能にしています。

徒手が点のリリースならこのツールは面でのリリースを得意としています。図をご覧ください。

 

ローラーを患部に転がすことで皮膚、筋膜、毛細血管、末梢神経、筋肉などの軟部組織(骨以外)に刺激が入ります。

血流が促進され、滞っていた老廃物も流れ出します。

筋肉に回復に必要な栄養素が回りその結果、筋肉が本来の柔軟性を取り戻し、関節の動きも改善するのです。

 


どんな人に向いているか


トリガーポイントパフォーマンスセラピー社は主にスポーツ愛好家やアスリート向けに情報発信をし、ツールの開発をしています。

私自身の実感としても、そのように感じています。

 

誰が使っても気持ちよく手軽なマッサージツールとして使えるには使えますが、コリが強い部位では、とても痛みを感じます。

推奨するポジショニングもピラティスのように体をしっかり支えた状態で転がすものも多く、効き目を感じる前にポーズがしんどいという方が多くおられます。

アスリートやスポーツ愛好家のような体に対して繊細な感覚を持っている人たちにこれほど支持されているのは、やはり正しいポジショニングと正しい使い方ができてこそなのです。

 


そのほかのツール


上記のような問題を解消すべく、いろんなツールがすでに開発され発売しています。

 

特にMB5マッサージボール

画像:エンスポータブル協会facebookの投稿より

an・an × SEIBU SOGOが選ぶ ”働く女子にいいもの大賞”スポーツでカラダ強化部門大賞に選ばれたスグレモノです。

 

越谷BASEでは、女性のためのセルフマッサージ教室を開催しています。

この講座で、MB5マッサージボールを用いて45分程度のカンタンなセルフケアをお伝えしています。

・お子様がいてなかなか自身のケアができないママさん

・手軽に肩こりや腰痛を解消したい

そんな女性はぜひご参加下さい。

 


まとめ


ヨガ、ピラティス、ジム、体操教室、世の中にはいくつものヘルスケアがあります。

しかし、筋・筋膜のトリガーポイントを抱えたままの運動は時にトリガーポイントを活性化させることがあります。

どんなに優れたトレーニングであっても怪我を抱えたままやれば、ミイラとりがミイラになります。

まずは体をほぐす、筋膜リリースをして、動きやすい体にしてから元気にアクティビティを楽しむという方がリスクが少なくなります。

 

興味がある方はぜひ、当店に無料体験しにいらしてくださいね。

越谷BASEは一般社団法人エン・スポータブル協会のLEVEL1,2の認定資格を受けたトレーナーがレッスンを開催しています。



レッスン情報はこちらから

全4回セルフマッサージグループレッスン

ママさん限定セルフマッサージ教室