ランニング障害

SUPERfeetインソールは日常から矯正するツール

《SUPERfeetインソールは無意識に働きかけてくれる》

越谷BASEがなぜ

SUPERfeetを取り扱うか、

と言いますと理由はとても簡単です。

 

日々の臨床では、姿勢や関節の歪みによる諸々症状がとかく多いのですが、

ケースによっては

このSUPERfeetをシューズの中敷として入れていただくだけで、

足をニュートラルポジション(適正な位置)に矯正をしてしまうのです。

 

整体師が一緒懸命施術したり、

クライアントさんが一所懸命努力したり、

そんな手間をかなり省いてくれるなんてすごいです。

敷くだけですから。

 

 

足の状態に合わせて、適した種類を選び、相性の良いシューズに入れる。

どんな症状も、意識せずに改善するのが一番。

 

「そうする」より「そうなる」

 

「意識して変える」より「結果として変わっている」

 

特に、痛みや、しびれなどの慢性症状には、

後者の方が改善は期待できるのです。

 

何言ってるかわからないよ!という方、

それで結構です笑

だってこのツールはよくわかんないけど、

疲れにくくなった!痛みが少なくなった!

などと言った声が多数聞かれるからです。

 

私は取り扱い始めたばかりで、自身の経験値は少ないのですが、

長年使用している人の声、販売させてもらった数少ない声にも

相当、驚きをもって喜んでいる人がいるからです。

 

スーパーフィートはアメリカの足医学ドクターによって開発された

足骨格への矯正力を持った唯一のインソールです。安心の品質です。

 

 


症例報告:インソールを使用した症例などご覧頂けます↓

http://koshigayabase.com/topics/case/

当店の取り扱っている種類の紹介です↓

http://koshigayabase.com/2017/01/23/super-feet-agency/

 

北越谷東口徒歩5分。足の整体コンディショニングなら越谷BASE

 

インソールに求められることはひとつ。

越谷BASEインソール

インソールで重要なこと

ただ一つです。

かかとを安定させることだけです。

 

足部の機能解剖学が理解できると、

足の問題のほとんどが、かかとの崩れ、かかとの歪みが起因していることを知ります。

 

捻挫しやすい、

足のうらがつりやすい、

外反母趾、

内反小趾、

足底筋膜炎(足底腱膜炎)、

かかとの痛み、

モートン病、

 

タコ、魚の目、水ぶくれ

 

ざっとだけでもかかとの歪みによる障害は足部だけでもこんなにあります。他にも、

シンスプリント

ふくらはぎのがつりやすい

アキレス腱炎

 

 

 

特に、膝の問題では

ランナーズニー(ランナーズ膝)

鵞足炎

腸脛靭帯炎

 

 

まだまだあります。

股関節の痛み

足の付け根の痛み

骨盤の歪み

腰痛

 

・・・・・・・

 

 

 

もちろん他の要因も色々ありますが、多くにかかとの歪みが関係しています。

そのかかとをしっかり立てることは、家で例えたら、基礎、土台が安定するということと同じなのです。

 


インソールの大事なポイント

かかとはしっかり安定させるのですが、他の部分は全て動きやすく邪魔しないということも同様に大事です。

他社のインソールでは、土踏まずを安定させるものが主流です。

靴や足医学が進んでいると言われているドイツの超有名メーカーでさえもアーチサポートをしているものが多いです。

でも土踏まずは本来たわんだり、引きしまったりすることでしなやかな運動切り替えが実現します。

足部は着地の瞬間、ショック吸収のために柔らかくたわみます。

そして、足が地面から離れる時にしっかり土踏まずが上がり、足部が硬く締まった状態になります。だからこそ地面反力を効率よくもらい、空中に投げ出されます。

かかとが歪んでいると、土踏まずはたわんだまま地面を蹴ることになり、足に強いストレスを与えてしまいます。

かかとだけはしっかりサポート(それでも遊びはあります。)し、土踏まず、前足部、指先はフリー!

これを実現するインソールが、SUPERfeetインソールなのです。

SUPERfeetは形状に関連した特許に守られているため、他社は真似できないからです。

 

わたしはまだカスタムインソールは取り扱いをしてませんので、当店の既製品で対処できない足部の症状の場合、他店のカスタムインーソールを案内させてもらいますのでご了承ください。

《症例報告》50歳ランナー 足の痛み、膝うらの痛み

二週間後に東京マラソンが控え、ランニングアプリの練習メニューをこなしている。

この3週ほど毎週末、30〜35kmのペース走をしてきたが、走っている時に、足の外側が痛くなり、歩けないほどになった。膝の裏のコリも出てきたがスッキリ取れない。昨年、右膝の鵞足炎、左のシンスプリントもやっている

ランニング歴:1年、現在サブ4(4時間以内)。3時間30分が目標

2週間後に東京マラソンが控えている


症状

左足:足の外側の痛み、膝うらの痛み

両ふくらはぎの張り

 


検査・動作テスト

立位:右膝が内側を向いている。左は正面。

上半身に対し、下半身、脚の筋肉が発達している。

 

歩行チェック:足が外側から回すようにペタペタと着地している。

地面反力に負けているような歩行です。

動くと膝の内側に入る動きが強くなる。

(画像だと粗くてわかりにくいですが。。)

 

触診では特に左脚の外太もも(外側広筋、腸脛靭帯)からふくらはぎ(腓骨筋、腓腹筋)にかけて全体的に硬い。

右もハムストリングス、ふくらはぎ、足裏は硬くなっています。

可動域テストは若干右が狭い。

ランニング障害を一通り経験していることや、右の内ねじれの状態を見ると、左側に出ている足部の症状は右のアライメントを調整すると緩和されると考えられる


整体

下肢を中心にトリガーポイント リリース。

 


インソール

SUPERfeet trimカーボン

 


改善確認

足部の痛み消失。

続いて

歩行とジョグでチェック

筋肉の緊張がとれ動きやすくなっていることは実感している様子。

微妙な変化なのでわかりにくかったのですが、

一番の成果は歩隔(ほかく)が出たこと。

歩隔とは前後の足幅ではなく、左右の足幅です。

before

指一本分と行ったところでしょうか。

 

体重が乗りかかっている軸足が股関節から内側に入っているのがよくわかります。上の動画ですと骨盤が回っています。

これは一軸で体を使っているためです。

 

after

施術でアライメントが正常になり、歩隔が足一足分まで出ました。

二軸の動きです!

二軸の動きになると骨盤が不必要に回らなくなるので股関節も内側には入らなくなりますね。

竹馬や、力士の動きも二軸ですね。地面反力をしっかり捉えて推進力として全身に伝わります。

いい感じです。

 

SUPERfeetのフィッティングも店内の軽いジョグでもかかとの安定感を感じていただけたようでよかったです。


運動指導

SUPERfeetインソールを慣らす

レースまで二週間なので、歩行やスロジョグで調整、

四股踏みで外旋筋に刺激を入れる


一週間後、再来店。

足の外側の痛みが引ききらぬうちに翌日も20KM走。、気持ちはわかりますが〜

結局、東京マラソンは痛みがある状態で途中歩いたりしつつも4時間ちょっとでゴールされたそうです。

ここからじっくり、フォーム改善に取り組んでいきましょう!

 

 

東京マラソン直前!まだ間に合うテーピング講座

TOKYOマラソンが控えているけど、

✔︎アキレス腱が痛い、
✔︎足底筋膜炎が不安、
✔︎ふくらはぎが攣りやすい、
✔︎腸脛靱帯炎全然治らない・・・
✔︎肩が凝ってくる

と不安だらけのランナーのための、

「東京マラソン直前!まだ間に合うテーピング講座」を開催します。

当日は
・なぜテーピングが効くのか?
・どう貼ると効果が出るのか?
・貼るところは痛いところではない?
・人によって貼り方は変わる
・実際に貼ってみよう!
・動きの違いを確認しよう!

と2時間たっぷり行います。

 


メッセージ

テーピング利用者を見ているとなんとなく貼っている人を多く見かけます。レース中にはがれ出し、気になってかえってタイムロス(><)
ちょっとしたコツを掴むと、効果的かつ、はがれないテーピングが可能になります。テーピングはあくまでも一時しのぎですが、いざの時に貼れると心強いものです。うまく使えるようになりましょう。

私自身、プロ向けのテーピング講習、マラソン大会サポート、登山のためのテーピング講習などの講師歴も豊富、自身もトレイルランナーとして山に丘にと走っています。

今回は、いざ!のための講習です。
いざが最小限になるための直前ケアもお伝えします。

ケアツールのプロというより、カイロプラクターとして体のプロだからこその内容になります。かなり濃い内容になると思います。

TOKYOマラソンに外れた思いをみなさまに託したいと思います。

笑顔で完走できるよう応援いたします!

 


豪華な講座参加者特典

①施術モニターとして施術〜運動指導まで1回無料でさせて頂きます。通常8640円のコースです。講座当日、予約していただき後日ご来店になります。撮影承諾が条件です。

②SUPERfeetインソールの無料体験(講座終了後

③セルフケアツールの無料体験(講座終了後)

ご興味のある方は、ぜひ、ご参加ください!


 

参加希望される方は下のフォームよりお申込み下さい。

日時
2月18日(土)18時〜20時

場所
越谷BASE
http://koshigayabase.com/access

受講料
5400円(テーピング2本含む)

定員10名
男女、年齢不問
ハーフパンツ、ランニングパンツ、ゆったりしたTシャツ、ランニングTシャツ

できるだけ肌が出る方が貼りやすいです。

 

《喜びの声》ハーフマラソンで自己新!走り方が変わりました!

口コミサイトエキテンに先日お越しいただいたSさんより口コミ投稿いただきました!

 

症例報告はこちら


的確なアドバイスで走りが変わりました

体の歪みや硬さだけでなく、歩き方や筋力テストなど細かく調べてもらいました。痛みの原因が歩き方だったとは目から鱗です。インソールもフィッティングしていただき、神奈川マラソンのハーフで好タイム達成!アスリートには特におすすめです^ ^


Sさんありがとうございます!

Sさんはハーフマラソンの2日前に来店されたのですが、

足底筋膜炎、モートン病、過剰回内(オーバプロネーション)

とそれなりに、ランニング障害を持っておりました。

施術と、フォーム指導、ドリルアドバイス、インソールのフィッティング

を行い、いい感触で本番に臨みました。

なんと、10年ぶりにハーフマラソンの記録を更新したそうです!

フィッティングしたインソールもバッチリだったようです。

個人的にもメッセージをいただいた内容では、


『施術とインソールのおかげでしたm(_ _)m

スーパーフィートは踵のホールドが安心感があり、

カーボンの反発力だと思うのですが、

反射で着地と反対の脚が自然に出やすくなる感覚がありました。

20キロ地点で10年ぶりにキロ4分切りました・・・・」


とのことでした。

すげー・・・・

4分切りってなんなんでしょう・・・・。

僕は4分切りはせいぜい、3キロが精一杯(笑)。

Sさんなんと、FIFTY OVERです。

サブスリーを狙うすごい方です。

私は

”着地と反対の脚が自然に出やすくなる感覚”

ここがポイントだと思っています。

これは遊脚感覚と言い、一軸の中心軸感覚ではなく、軸が左右に切り替わる二軸です。

なみあし常歩身体動作では二軸感覚が重要なポイントになります。

ランニングではいかに蹴らずに前に進めか、がポイントになります。

感覚的な話ですが、

蹴る感覚よりも、

反対の足(遊脚)が前に出る感覚の方に意識を向けるだけで、

蹴る力は弱まります。

この感覚が出てくると、相当、いい方向に向かってます。

Sさんはとても素直で柔軟な方で、

いいものを取り入れようとする姿勢が本当に素晴らしいです。

Sさんは、実は前足部の皮膚が

カチカチで大きなマメのようになっています。

 これは、

地面を叩きすぎているのと

着地の時にねじれが加わっているからなんですが、

股関節がストレスなく、推進力を生む

     ↓

足底の摩擦は減る

     ↓

まだまだ、記録も伸びる可能性あり

     ↓

何よりケガが減る

このまま、順調に練習積んで、とにかくケガなく、タイムも更新していただけると嬉しいです!

いやー、よかったよかった!!

自分のことのように嬉しい〜〜〜


越谷BASE

ランナー向けパーソナルメニューは準備中ですが、

現在はこちらのメニューで対応しています。

セルフコンディショニング60分