常歩なみあしについて

なみあし基礎セミナーの実技講師として

なみあし身体動作を普及するため設立された

NPRI.動作改善普及センターの1級認定のインストラクターとして

先日、基礎セミナーの実技講師を務めさせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

NPRI.動作改善普及センターは
合理的でからだにやさしい動作法や歩行法を普及し、

多くの人々に勇気と健康、そして幸福をもたらす

という趣旨があります。

具体的に次のような目的で活動します

  1. 高い競技力を必要とするアスリートに合理的動作法を改善指導します
  2. 合理的な日常動作や歩行を普及し、人々の健康的で有意義な人生に寄与します
  3. 高齢者や障がいのある方に適した「からだにやさしい」動作法や歩行法を伝授します
  4. 女性のための美しく、かつ「からだに負担が少ない」歩行法を指導します

近日セミナー開催のお知らせをしたいと思っています。

 

身体ともっと対話をして

本当に体が望む動きを体現したい方。

もう少しお待ちくださいね。

松田タカシ

いざ!常歩なみあし総本山へ

先日、二日間休みをいただき、名古屋まで研修に、行ってまいりました。

研修先は、
私がいま身体動作のベースとして取り入れている、
常歩(なみあしと読みます)を創始された小山田良治先生の治療院、五体治療院です。

治療自体を見学することももちろんですが、やはり、

本物のなみあしを肌で感じたい!

という強い思いがありました。

そうです。念願の総本山入りです。

 

なみあしってなんぞ??という人も多くいると思います。

 

なみあしの語源は馬の歩き方です。
馬の常歩なみあし
リンクに説明がありますが、
普通に歩いている時は4本の足が交互に着地する4拍子の歩法です。
常に2本あるいは3本の肢が地面に着き、体重を支えています。なお、常歩が早くなると1本の肢で体重を支えるようになります。
肢の動く順序は右後肢、右前肢、左後肢、左前肢。

2足歩行の人間もこの動きを活用すると合理的身体操作が生まれるのです。

重心を崩しながら、力感なく、推進力を作る身体操作がなみあしの真髄です。

 

二日間みっちり詰めさせていただきましたが、
もう、ひっきりなしにクライアントさんが来院され、しかもほとんどプロの競輪選手!

長年、五体治療院に通われていて、なみあし身体動作を体現し、結果を出されている超トップ選手にもお会いできました。身体操作という点では僕なんぞ、足元にも及ばないレベル。トップアスリートの身体感覚の繊細さを垣間見ることができました。

1日目は終始見学で終わり、2日目の空いた時間で歩行に関してのご指導をいただきました。わかっているようで、実はあいまいだったり、勘違いしていたところをバシバシ指摘され、修正していただきました。

ありがたいことに、施術の時間もとってくださり、久しぶりに悶絶いたしました。

ご指導いただく中で特に印象的だった
スポーツが上達する方法の話。

スポーツが上達する方法なんてカンタンなんだよ。
ビアノだって、習字だってみんな同じ。
わかる?

という問いかけに、??と固まり、
理由を教えてもらうと、

 

あーーーー!そうか!そうだよなー!!
と目からウロコ、、、。

本質はとてもシンプルなんだ。

 

とはいえ、ここにたどり着ける人はほとんどいないわけですから。

やっぱりすごい先生だと実感しました。

もう一つ印象的だったお話の一つとして、

イチローがすごいすごいと世間が言い過ぎてるというお話。

彼のしていることは一流になりたいなら当たり前のことで、それを超えたいと思う気持ちにならなきゃだめだよ。

・・・・・・・
そんな風に考えたこともなかったです。

常識を当たり前のように普通に超えていくこの思考こそが、小山田先生の凄さであり、支持され、結果を出し続けている根拠。

 

短い時間でしたが、教えていただいた、本質、体の基本操作、ニュートラルとは?などをこれからじっくり取り組んでまずは実感したいと思います。

何に取り組むか?

もう徹底的に歩きます。

歩いて歩いて歩きたいと思います。

 

常人歩人。

 

走ってる場合ではない(笑)。

歩かなきゃ。

そこが運動の、原点。

 

小山田先生のブログ
常人歩人 って…

 

著書