痛みとしびれの原因と改善法

頻繁に起こる頭痛、腰痛などの「慢性化した直接的な痛み」、自律神経の乱れからくる「不定愁訴」いつもなんとなくだるい、すっきりしない、やる気が出ない…慢性症状の原因と対処法、越谷BASEではどのようにアプローチするのかをできるだけわかりやすくお話しします。

スポーツ障害の原因と改善方法

スポーツ障害に悩む方

スポーツは健康維持には欠かせません。

ストレス発散、運動機能の向上、精神面に与える影響、

新血管性疾患の予防、ボケ防止、長生き、

など挙げればきりがありません。

しかし、なんでも過ぎたるが及ばざるが如し、

日本人はとかくやりすぎる、真面目すぎると言われています。

最初は楽しく取り組んでいたのにいつか目標を定め、

目標のために、練習の虫になっていき、結局、怪我をして、

かえって健康を損なうなんてこともあります。

 

怪我と代償動作

「怪我につながる怪しさを持っている人が怪我をする」※1

とは、トップアスリートの指導に携わっている関西大学人間健康学教授の小田信午先生の言葉です。

 

怪しい我に気づき、正しい知識と正しいフォームで、

怪我なく楽しくスポーツに取り組んでいただけるよう

サポートすることが、私たち、治療家の願いです。

スポーツによる怪我の原因

怪我と代償動作

スポーツによる、怪我、スポーツ障害は

  • 間違ったフォーム
  • 間違ったトレーニング
  • オーバーユース

大きく分けるとこの3つかと思います。

これは不可抗力であっても、自身に問題の種はあると考えるべきです。

怪我やスポーツ障害の最大の敵は力みです。

  • 筋力を上げるとパフォーマンスが上がる

  • 体幹が強いとフォームがぶれない

  • 自分の欠点を一所懸命補おうと意識している

  • 勝ちたい、負けられないというプレッシャーに打ち勝つのは精神力だと思っている

 

これらは正しくもあり、間違ってもいます。

理由がどうあれ、

力めば、フォームは崩れ、怪我をしやすくなります。

その練習は正しい?

筋力が上がり、成績が伸びているときは、

今の練習が正しいと感じてしまいがちですが、

必ずしもそうではありません。

 

私たちの体は環境適応能力があるからです。

今ある環境の中で理想的なバランスを瞬時に作り出す、優れたシステムです。

この環境適応が代償動作を作り出します。

 

代償動作について

悪いフォームだとしても最初は違和感や、筋肉痛があったとしても数日もあれば、

体は慣れてしまいますからフォームが間違っているは気づきません。

しかし、本来なら使わない筋肉に負担がかかり、徐々に疲労がたまり、

関節の動きに微妙なねじれが加わり続ければ、限界が来た時に、怪我をするのです。

まして、精神的な力みは交感神経を刺激します。

交感神経の働きは全身性です。

腕は力んでるけど、足はリラックス、なんて都合の良いことはありません。

体に力が入り、血管が収縮し、呼吸も浅くなっています。

 

スポーツ障害を繰り返さないために必要なこととは

体の連動性

現代のスポーツ科学の主流は体の連動性に注目しています。

体全体が一つの動きを強調し合いながら、作り出し、

単独で働かせないようにすることで怪我も予防できるようになります。

身体がどういう構造をしているか、

どうするとスムーズに動くか、どうすると怪我をするのかを

今一度見直し、代償動作をできる限り減らすことです。

質の良い練習はフォームが崩れなくなる練習です。

それはいわゆる体幹を固めるような練習ではありません。

しなやかに推進力や反発を利用し、力に転換し、水平移動するように動けることです。

力が入るタイミングと抜けるタイミング、スイッチングの切り替えがスムーズで、

運動連鎖も正しく起こっていることです。

じっと体を止めて、耐えるエクササイズが今でもいくつもありますが、それが本当に役に立つのか?

大切なのは必要なタイミングで必要な力だけが入ること

それスポーツにおいてのにとってのハイパフォーマンスにつながります。

つまり力がうまく抜けることであり、怪我をしないということです。

トップアスリートは手の抜き方がうまいと言われています。

どんなスポーツでも最大筋力が発揮されるタイミングはほんの一瞬です。

サッカーなら、ボールを蹴る瞬間、相手を抜く瞬間、その一瞬を見抜き、瞬時に体が反応する。

野球のピッチャーなら、決め球を投げるとき、相手が1流のバッターなのか、2流なのか、

バッターならインパクトの瞬間です。

もっと細分化すると、体は常に、一瞬、一瞬で力を出しては抜き、出しては抜きを繰り返しています。

水泳で言えば、手が水をとらえ、水圧を逃さまいとつかむ時、
ランナーなら地面からの反発をもらったほんの瞬間、

無駄な力が入らず、基本的には常に心身のリラックス状態でいることでエネルギーロスを抑えていられるからこそ、力が出るのです。

以前、体操の内村選手を評したコラムで読んだのですが、彼の筋力は体操選手としては並か、それ以下なんだそうです。
ではなぜ?というと、それはやはり、必要なタイミングで必要な力が出るからなんだそうです。

しかもそのタイミングがおそらく、0コンマ00と狂わない正確さなんでしょう。
それを裏つけるのが、理想のフォームの再現性であり、その精度が極めて高いと言えるワケです。
力みなく、自然と体が最高のフォームを再現する。
それは並々ならぬ努力と反復練習の質、量なのはいうまでもありません。

越谷BASEができること

ランニング障害の予防と対策

これまで読んでいただいた通り、力が抜ける体を作ることが最も重要です。

無理のない正しいアライメントから理想のフォームを導くのです。

ですから、越谷baseでは筋力を上げるトレーニングは基本的に行いません。

入れるには抜けてなければはいりません。

それが、ハイパフォーマンスを発揮し、怪我の予防にもつながります。

まずは痛みや障害の原因、引き金となっている、緊張を取り除くこと。

施術が終わると、力みが取れ、スムーズな動きを確認できると思います。

体の疲労をできる限り取り除くことによって、運動の質、量、食事、運動していない時の生活指導などのそのほかの要素が最大限に効果が出ると期待できます。

常歩なみあしという身体動作

私が現在も勉強し続けている、常歩(なみあし)という身体動作があります。

現代の運動理論からすると理解しにくい内容もあるのですが、実践してみると非常に現実的で無理がなく合理的であると確信に至っています。

なみあしには「二軸感覚」「外旋」「股関節の外旋」「膝抜き」「踵荷重」「垂直感覚」「水平感覚」「同側感覚」「屈曲感覚」

など、たくさんの独自の感覚があります。これらは日本人より、むしろ欧米人がうまく実践しています。なみあしは日本独自の感覚ではなく、人間の身体特性を生かした動きであり、むしろ狩猟民族である、欧米人の方が体現しており、スポーツで活躍していることともリンクしてくることなのです。

100Mのウサインボルト、マラソンのアフリカのランナー、サッカーのリオネル・メッシ、ネイマール、競輪、オートレース、卓球、武道、古武術など、なみあしの原理で結果を出しているアスリート、武道家は挙げればたくさんいます。

私がなみあしで学び、実践して来たことをできる限りクライアント様に提案して、怪我なく長く楽しくスポーツができるようサポートしたいと思います。

私自身は陸上部の短距離出身(110Mハードル)で現在はトレイルランニングでウルトラマラソンに挑戦しています。

特にランナーのパフォーマンス、怪我の回復、予防についてはお任せ下さい。

子ども向けかけっこ教室、ランニング教室(準備中)などのグループレッスンでも取り入れています。

 

運動原理は一つなのでどんなスポーツであっても対応できます。

ご相談いただければと思います。

 

興味のある方は私が師事している木寺英史先生のサイトをぜひ御覧ください↓

常歩身体研究所

http://www.namiashi.net

参考資料

※1トップアスリートに伝授した怪我をしない体と心の使い方

 

 

 

 

慢性症状の原因と改善方法

越谷base慢性症状対策

・頻繁に起こる頭痛、腰痛などの「慢性化した直接的な痛み」

 ・自律神経の乱れからくる「不定愁訴」

(いつもなんとなくだるい、すっきりしない、やる気が出ない)

どちらも生活の質を著しく低下させます。

このページでは

慢性症状の原因と対処法、越谷BASEではどのようにアプローチするのかを

できるだけわかりやすくお話しします。

 

慢性症状の原因

痛みや痺れの直接の原因はトリガーポイントの活性化です。

そしてトリガーポイントが活性化してしまう要因は、

①運動不足

②運動しすぎ(オーバーユース)

スポーツによるもの、生活習慣によるものとあります。ここでは生活習慣の方を取り上げます。

③間違った体の使い方

これもスポーツによるもの、生活習慣によるものとあります。ここでは生活習慣の方を取り上げます

などによって筋・筋膜の柔軟性が低下してトリガーポイントが活性化しているのです。


詳しく知りたい方はこちらを↓

トリガーポイントとは


そして、その痛みを悪化させたり、強く感じてしまう原因はまた別にあります。

それは

④脳の暴走です。

とても重要なことなので最後まで読んでくださいね。

ではこれらを順序立てて

対処法も含めてご紹介します。


①運動不足の場合

運動不足はトリガーポイントの活性化の主たる原因です。私たちの体は、動くことで健康を維持しています。動かなければ、筋肉は硬くなり、血流が悪くなり、ボソボソとしたビーフジャーキーのような組織になってしまいます。

さらにストレスホルモンを活性化させ、交感神経を刺激して直接的な痛みはもちろん、なんとなくだるいかったるいやる気が出ないなどの不定愁訴の大きな原因にもなります。

これはもう動いてくれ、としか言えないのですが、

ただし、せっかく腰を上げても慢性化がきついと、悪化する可能性もありますし、仕事や育児などでわかっていても自分では限界がある、など事情もあるかと思います。

また、苦痛を伴う運動や、ちっとも楽しくない運動はかえって運動離れをさせてまいます。楽しくやることも大切です。

越谷baseができること

順序としては施術から始めて、まずは体をラクにしてあげてから、適切な運動量、生活指導などを正しい順序でじっくり進めていくのが望ましいかと思います。

程度にもよりますが、本人が腰をあげれば、解決もできます。運動と聞いて耳が痛い人も多いと思いますが、運動しないで健康になろうなんてことはまず困難です。できそうならなんでも構いませんから動くことを増やすことです。

セルフケア 具体的対処法

デスクワークなどでどうしても座りっぱなし、忙しくて運動できないという方

・30分に1回は立ち上がる

屈伸運動やその場でぴょんぴょん跳ねるなどして、足腰に血液を巡らしてください。脳の耳石を刺激して上げる意味もあります(耳石に運動刺激を与えないと老化を早めることがNASAの研究でわかりました)。

・腕をダイナミックに回す

片手ずつ行います。

コツは腕だけではなく、「体ごと動かす腕回し」が効果的です。

腕は肩からではなく、鎖骨から始まっています。体幹をねじるくらい大きく腕を回し、鎖骨から腕が動いていることを感じてみてください。

・電車の中でユラユラ立ち

インナーマッスルを刺激してコアを高めることができます。

両足の幅を肩幅に開き、膝を柔らかく保ちます。

肩の力は抜いてリラックス。

足の裏全体で立ち、揺れに対し、かかと、つま先、内側、外側と重心を移動させます。決して抵抗しないことです。

視線を常に水平に保ち、アゴを少し上げるとバランスが取りやすくなります。

・一駅歩く

日常的なウォーキングで歩きすぎるなんてことありません。

歩くことを避けることでますます歩けなくなります。

怖がらずにゆっくりでも歩くことです。

※膝や、股関節など脚の痛みがある方は治療と歩行指導が先です。いきなりは控えてください。


②運動しすぎ(オーバーユース)

運動が、スポーツなのか、生活の中の動きによるものなのかにもよります。スポーツによるオーバーユースは アスリートの方をごらんください

生活の中で起こる運動しすぎとは、繰り返しの作業による過負荷で起こります。

  • 肉体労働による体の酷使、
  • デスクワークによる手のしびれ、腱鞘炎、眼精疲労
  • 販売の仕事などで立ちっぱなしによる足の冷え、むくみ、しびれ
  • お子さんの抱っこによる腰痛、腱鞘炎

これらも避けることはできないことばかりです。

でも実はこれらをしても全く問題ない人もいます。同じことをしても負担になる人もいれば、ならない人もいるのです。つまり、肉体労働やデスクワークが悪いというより、本人の問題と捉えた方が筋が通るのです。

  • 抱っこで腰痛になったから、子どもは抱かない
  • 体壊すから仕事辞める

そうはいきませんよね。

明暗を分けるのは心身のコンディションです。

高いレベルで心身を保ってていると痛みに悩まされることは確実に減少します。

ならばコンディショニングをして底上げ、BASEUPしかないのです。

当店ができること

施術から始めて、まずは体をラクにしてあげてから、

いかに簡単なセルフケアを取り入れ、負担を減らすかに力を注ぎます。

セルフケア 具体的対処法

首とつくところをよくほぐしてみてください。特に手首、足首です。ぐるぐる回したり、上下、左右とゆっくり丁寧に繰り返してください。

先に書いた、4つのセルフケアも全て効果あります。


③体の使い方

体は常に最適を探してバランスを取ろうしています。その結果、代償動作を作り出します。

  • 足の怪我をかばって膝が痛くなる
  • 膝をかばって腰を痛める
  • 腰をかばって首が痛くなる
  • 体の使い方にクセがあり、常に変な動き方、歩き方をしている

運動連鎖、筋連鎖などと言われて、一つの痛みが全身に及ぶこともあるのです。

越谷baseができること

順序としては施術でアンバランスを調整してから、姿勢評価、生活指導、ストレッチなどを取り入れ、正しい順序でじっくり進めていくのが望ましいかと思います。

使いすぎなんですからゆっくり休息するのも大切です。

セルフケア 具体的対処法

これは直接アドバイスさせていただきます。


④脳の暴走

これは近年解明されてきた事実です。

「痛み」は患部ではなく、「脳」で感じています。

痛みによってストレスや不安を感じるのは脳の扁桃体という部分です。ネガティブな感情が脳の扁桃体を暴走させているのだそうです。

痛みが長期に渡ったいたり、何をしても改善しない状況が続くと

痛みやしびれの症状はすっかり居座り始めます。

これは脳が痛みを記憶してしまい、扁桃体の暴走、神経過敏が起きているのです。うつ病もこの仕組みが関係していると言われています。

これは薬物療法や認知行動療法などで改善されると言われています。

でも、これ、自力でもなんとかなるケースもあるのです。

例えば、どんなに痛くても痛くない時があります。

それは痛みを忘れている時です。

  • 友達と楽しく遊んでいる時、
  • 何かに夢中になり没頭している時、
  • 美味しい食事をしている時、

そんな時は、誰でも痛みが0になっています。これは、ごまかしなどではなく、痛みは意識すると出現し、忘れていると消えるということを端的に表している事実なのです。

そしてもう一つの痛みを悪化させたり、強く感じてしまう原因があります。

ストレスのレベルと症状のレベルは一致する

ということです。

痛み、しびれといった不快な症状によって受けるストレスが大きいほど症状を感じるレベルが上がります。

  • この痛みのせいでこんなひどい生活になっている
  • この痛みのせいで旅行に行けなかった
  • いつでも不安が付きまとい、ちょっと動くことにも緊張してしまう
  • こうすると痛くなる、痛くないなどといつも痛みのことを考えている
  • 痛みの原因を徹底的に追求している

こんなことばかり考えていると、もう年中痛いわけです。

いかがでしょう。

慢性症状を持っている方はほとんどの人がどれかに該当していると思います。

越谷baseができること

施術も大事ですが、あなた自身の思考を変えることがもっと大切です。

痛みとの付き合い方を変えることはそう簡単ではありません。

セッションを通して、あなた自身の脳の記憶、思考を上書きします。繰り返し、繰り返し、根気も必要です。

セルフケア 具体的対処法

認知行動療法です。

非常に専門的ですので、外部サイトを紹介します。

http://www.direct-commu.com/training/a_007.html

当店での心理的アプローチはある程度確立しており、成果も出ています。これは自身の研究と経験に基づく内容です。

ここまで読んでくれたあなたにおすすめのメニューは

初回は整体コンディショニング60分コースです。

施術を中心に、まずは体をラクにしましょう。

体をラクにしたら楽しく運動したり、日々の負担を軽減するノウハウをしっかりとお伝えします。痛みとの付き合い、受け流すノウハウ、など習慣化するまでお付き合いします。



24時間受付のネット予約

はじめての方のための

整体コンディショニング60分コース

予約は

頭痛、肩こり、腰痛、手足のしびれの整体コンディショニング

越谷市北越谷5丁目7−2

越谷BASEコンディショニング&カフェ

TEL:0489156272

まずはメールで相談