越谷baseかけっこ教室

越谷baseかけっこ教室4月より始まります。かけっこが速くなる、他のスポーツへの応用が効く、全力を出せる、怪我をしない、だから走るって楽しい!そんな身体動作の秘密は二軸感覚です。年長〜4年生対象。

運動会を終えて総括!越谷BASEかけっこ教室

越谷BASEかけっこ教室
越谷BASE松田タカシです。

5月で越谷近隣全て小学校の運動会終わりました。

かけっこ教室は4月から始まり、基礎練習、動き作りを中心のメニューからこの1ヶ月は徒競走対策の練習をおこなって来ました。

 

・スタートを誰よりも速く切る方法
・バテてくる中間〜後半の走り方
・コーナーの走り方

 

主だった内容はこの3つでした。
なかなかうまく走れたようです。
順位や結果よりも嬉しい反応もあり、保護者のみなさんも喜んでくれました。

 

結果報告と感想はこちら

 

まだまだ、教え方、言葉かけ、練習メニューも試行錯誤。

練習回数も少ない子もいますし、

来てるけど、なかなかうまく走れない子もいます。

もともと、いい動きの子は、ある意味、横ばいだったりもします。

いろんな子がいるから、僕も本当に勉強になっています。

でも参加したみんながもれなく、

しなやかでダイナミックなフォームを身につけ、
走ることの楽しさ、
全力を出し切れる充実感

を感じてもらえるようにしたい。

 

ふつふつと燃えてます。わたし。

 

6月からのメニューも今考えてますが、ドリルを色々考えています。
メディシンボール、野球ボール、かつぎ棒、踏み台など、小道具色々準備しています。持久走に向けても取り組みます。

引き続きメンバーの皆様よろしくお願い申し上げます!

体験したい方はまずは無料体験からです。一番下まで読み進めください。

 

スケジュールはこちら

 

(日曜日など定員になるのが早いのでお早めに申し込みください。初めての方の無料体験も定員になると参加できません)

 

運動会を終えての感想をいただきました①

越谷の2軸感覚かけっこ教室、越谷BASE松田です。

かけっこ教室参加の皆様の声

<運動会を終えて>
==ここから==


Fさん
80m走もリレーも1位になりましたよ!!すごいです。変な走り方は相変わらずですが、以前よりはとてもとてもスムーズな姿勢になってきていました。ありがとう!!!

 


Wさん
昨日報告しましたが、1等でした!
本人は、スタートのやり方と、サバ缶を思い出して走った‼と言っていました。
私から見ても、今までで1番真剣な走りだったと思います。
自信がついたようで、走り終わった直後はジャンプして喜んでました!

 


Tさん
結果は4位/6人中
【子供の感想】
スタート意識できたけど頭はすぐ上がってしまった気がする。
来年は2位か1位狙いたい。(日記にはお父さんともうとっくんなんてワードもチラリw)
【親の感想】
去年までは負けても「足速くないしぃ」だったのが来年は順位を上げたいだの運動会終わったあともちょっと走りたいだの意識的に大きな変化があってビックリ。
ある意味、順位より大きな成果を感じました!
フォームもリズムよく1レーンもあってか終盤20メートルはペースも落ちずにむしろ他の子より速く見えました。

 


Tさん
練習の成果がでたようで2位でした。
本人はスタートダッシュがよかったと言っていました。
スタートダッシュは一番でカーブを曲がりきるところまでは断トツ1位でしたがやはり最後の直線で2位になりました。
しかし本人は1位との差がほとんどなかったようで、あと少しだった❗と言っていました。
練習の成果が出て速くなったのだと思います(笑)
これからもよろしくお願いします😃

 


Sさん
足を大きく上げて上から~腕を90度に曲げて~を気を付けていたそうです。
カーブから、これから直線で気合い💪!と思ったら、足が体についていかなかったそうで・・・よろめき、手をついてしまった!とこのと。

 


Sさん
かけっこの順位は4位でした。
本人は「くやしい。速くなりたい」と言っていました。
お昼ご飯のあと、 「集合におくれちゃう~!!」と言いながら私たちの元を走り去った娘のかけっこの速いこと(笑) もともと、感受性が強くて、競争よりも、なんでも楽しくやりたいタイプ。負けるの嫌だから最初から無理だと思うと、あきらめちゃったりもします。
負けず嫌いの裏返しだといいんですけど(^^; 結果は4位だったけど、以前より普段走るスピードはアップしてるというのが結論です。

 


Nさん
リレーの選手組の次に50mのタイムが早かった組の中での勝負でした。
水曜日の練習では3位だったそうで、目標はカーブの時に線をはみ出さず、かつ線にとらわれず走ること。 先生に教えていただいた、目線だけ下、そしてスタート時に重心を前足に、を意識して、あとは思いっきり走る!順位は気にせず、先生から教えてもらった事を1つでも出来ればいいよね、と送り出しました。
結果、見事に1位✨ あの嬉しそうな笑顔が忘れられません😌
本人に感想を聞きました。

・走ってみて、先生に教えてもらったリズムと、走り方が似ていると気付いた
・サバ缶の話がとても分かりやすかったからイメージしやすかった

私から見た感想
・スタートの練習がとても役に立ちました。今までのスタートと比べるととても素早いスタートが切れていました。
ストライドが大きくなり、ダイナミックなフォームになりました。昨年のと比べて明らかに違います。
・肘が最後の方伸びてしまっていました。常に肘を曲げてを身に付けたいと思います。

長くなりましたが、先生のおかげで親子共々目標をもって頑張る事の素晴らしさを実感できて、感謝です。
ありがとうございました😌✨


Nさん
☆徒競走
2位。スタートの姿勢は良かったが、出だしを飛ばしすぎでサバ缶を若干忘れていた感じあり。ゴール間際の失速感があった。
☆リレー
4位でバトンを受け取り3位でつなげる。
コーナーで抜かそうとした際、前走者にぶつかり転倒。その時点では4位のままだったものの、バトンを落とした前走者を抜き、3位でつないだ。

あきらめずに走りきれた。
かけっこ教室に参加して、見違えるほどフォームがきれいになり、実際走りが速くなった。本人も速く走れる自信がついたように見受けられる。

今までは1位でもなくて良さそうな雰囲気だったが、頑張った分、二位に甘んじた徒競走とうまくいかなかったリレーが悔しかったようです。
悔しいと思えたことが大きな成長だと思う。


Sさん
フライング気味だったけど1位!
運動会の50mの直前にシコ踏んだって言ってた(笑)


Kさん
去年に引き続き1位です。かけっこ教室のおかげ !

 


Mさん

徒競走2位。

歩幅をおおきく、かかとに力をいれる、リズムにのるを意識しました。
リズムは最初うまく、行ってたけど後半、後ろから人が迫ってきて焦りが出たのか合わなくなってしまった。

かかと重心もその狂いからつま先に力がかかってしまった。 けど、おおまたで走りました。

リレーも同じようなこと言ってます。

親から見て。
歩幅が大きくきれいな走りでした。
後半の焦りは、力が入ってしまったからかもしれません。
リラックスして走ることを自然と身につけたらペースを掴めそう。
長い距離の持久走が楽しみ。

 

==ひとまずここまで==
みなさん、嬉しい報告ありがとうございます。
順位にとらわれず、いい走りができたらそこを全力で褒めてあげる。

 

悔しさや嬉しさを味わい、次に向かう気持ちを持てた。

 

フォームを意識するようになる。

 

こういった気持ちを作れたら、今の時点では十分!合格ですよね!
いやー、ますます、やる気出て来ました(^^)

 

一つ前の記事

運動会を終えて

 

関連記事

50m計測結果

 

かけっこ教室概要ダウンロードできます。

かけっこ教室概要

ダウンロードできます↓

かけっこ教室PDFファイル

 

かけっこ教室について

当かけっこ教室は2017年4月に開講したばかりの教室です。当教室の目的は、走ることの楽しさを伝えることです。

 

リズムとバランスに優れ、ケガと無縁のしなやかさで、全力でスポーツに打ち込める。走るって最高!そんな風に子ども達が上達、修得できるように指導させていただきます。

5〜12歳のゴールデンエイジと呼ばれる時期に得た運動経験は、例えば自転車の乗り方を生涯忘れないように、一度身につくと体は忘れません。

当教室はその基礎を作ることに注力していきます。

 

練習内容

リズム、バランス、俊敏性、軸感覚など、毎回テーマの沿って1時間行います。最後は50M計測、リレーなどでモチベーションを高めたり、遊びの要素を取り入れたりしながら楽しく神経系の発達を促す内容も適時取り入れます。

四股を踏んだり

スキップをしたり、

膝抜きしたり

 

参加年齢

年長から小学4年生まで(秋から5、6年生受入れ準備中です)

参加方法

申し込みは2種類から選べます。

1回ごとの単発申し込み・・・1080円(税込)

6回チケット(3ヶ月期限)・・・5400円(税込)

申込書を初回お渡しいたします。

参加期間、回数などについて

参加する期間、回数、制限などはもうけておりません。春から入部した子達の習得具合を観察し、常にカリキュラムを修正、変更、レベルアップなども加えながら継続させています。反復練習を重視しており、体力差の影響はないカリキュラムになっています。初めての子と継続参加の子が混在して楽しく練習しています。

ただし、理解度には差があるため、9月よりクラス分けも考えています。

夏から冬にかけては、2軸感覚の習得と持久走に向けての練習になります。

開催日程

火曜日の夕方1クラスと日曜日の朝2クラスを隔週〜で開催しています。

1回の定員は10名程度、申し込み先着となります。

スケジュール

開催場所

基本的に練習場所は県民健康福祉村です。

県民健康福祉村

http://www.saitama-fukushimura.jp/front/bin/home.phtml

 

雨天の場合、東越谷にある生活クラブ生協様の2階生活館に変更、もしくは中止となります。夏場の猛暑対策として、生活館の利用が多くなるかもしれません。

【くらぶメゾン越谷】
場所:越谷市東越谷3-6-23 生活クラブ生協越谷生活館内
TEL048-965-6725

かけっこ教室PDFファイル

 

5/9かけっこ教室

越谷BASEかけっこ教室。

運動会に向けて、みんな気合が入って来ました♪

リレーの選手に選ばれた生徒さん、補欠になってしまった生徒さんなど報告も受けています。

 

5月中は一旦、徒競走対策でスタート練習に時間を割いてます。

子供の体力では50Mは全力で走り切ることは難しいです。いかに力まず、リラックスして走れるか?

スタートからスルスルと加速するように体をうまく使えるようにがんばりましょうね!

 

昨日のかけっこ教室で驚くことがありました。

50M計測を1回行ったのですが、全員からもう1回走りたいコール(いつものこと)

走ってみると全員が1回目よりも2回目で記録更新、

その更新の幅がちょっと大人ではありえないような短縮だったのです。

0.3〜1,1 秒です。平均してもおよそ0,5秒くらい?の記録短縮です。

 

僕は計測なので、スタートの雰囲気はわかりませんでしたが、保護者のママさん曰く、全員がタイム縮めたい思いで一つになって盛り上がっていたようです。ゲームカセット?をエサにつられて走った女の子は1,1秒短縮(笑)。

あとは明らかに1本目より、2本目の方がうまく走ってた!

スタートの力みも少なかったんだと思います。

子どもって本当に想像を軽く超えて来ます。

 

フォームもみんなきれいになって来て、驚きです。

明らかに走り方の質が変わって来てる子が現れて来てます。

僕も新米かけっこ先生ですからヒジョーーーーに嬉しいです!

保護者のママさんたちも子供たちもみんな、僕のお手伝いもしてくれて

助かりました。ありがとうございます!

 

松田タカシ

 

かけっこ教室日程出ました。

スケジュールからご確認ください。
http://koshigayabase.com/schedule/

かけっこが速くなる◯◯力

前回の投稿で、リズムが大事だよ、という記事を書かせていただきました。

かけっこはリズム!

今日はそこに解剖学的な視点から大事な要素が何かをお伝えします。

かけっこが速くなる◯◯力

これまで子どもたちみてきて、

馬力があり力強く前に進むタイプ

軽やかで回転が早いタイプ

この2パターンが見えてきました。
どちらもそれぞれの効果的な練習方法がありますが、どちらのタイプであっても共通して重要なことがあります。
かけっこが速くなる◯◯力、それは 股関節の外旋力です。

股関節の外旋力

股関節の外旋というのは股関節が外向き、外ねじれに働く力のことです。
目安となるのは膝の向きです。
膝が外向きの状態、ガニ股です。
ただし、酔っ払いのおじさんのように(笑)、ずっとガニ股が良いということではなく、
正しいタイミングで股関節に外旋の力が働いている
ことが大切になります。
見た目が外股の場合、股関節が外旋している、といいます。
見た目が内股でも外旋に力が働く状態なら、内旋位の外旋といいます。
どちらも大切なのですが、後者の方がより重要です。
外旋が正しく働くために
動きを作っていくことが大切なのです。

相撲の瞬発力とパワーに隠された3つの秘密

相撲の立会いの瞬発力。あの瞬間的なスピードと力はスポーツの中で随一と言われています。

主要力士の立ち合いを解析してきた中京大の湯浅景元・教授によると

白鵬の飛び出しの速さは毎秒4メートル。
陸上男子100メートル世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)が毎秒4・01メートルで、
白鵬は世界最速ランナーに匹敵する出足を持つ。

のだそうです。

また、

150kgの力士同士の立会いの衝撃は2tトラックの正面衝突に匹敵するそうです!

 

秘密①かかと荷重

力士は陸上のスタートダッシュのように飛び上がりはしません。足の裏はべタッとつけたフルフラットです。

これは、かかと荷重しているからです。

つま先に荷重していると、踏み込む時に一旦、かかとに戻すことになり、一拍出遅れてしまいます。

しかし、力士は足裏をフルフラットで接地しているため、ロスがないのです。

秘密②膝抜き

レスリングの吉田沙保里選手の高速タックルに代表されるテクニックですが、土俵を蹴ることで力を出すのではなく、膝を落とすことで地面反力をもらい、推進力に転換しているのです。

サッカーのメッシやネイマールのような一流選手もまたドリブルで相手を抜く時に膝抜きをしているため、相手はついていけないのです。

スピードと力を生み出し、あらゆるスポーツで生かされているテクニック、それが膝抜きです。

 

秘密③外旋力

股関節が外旋(足を開いて膝頭が外を向いている状態)していることで地面反力が最大に生かすことができます。それは足首から下の骨の構造が裏つけています。

まず股関節の外旋によって足部は土踏まずの上がった状態になります。

膝、足首の両関節は蝶番のような関節構造になっており、

そのため股関節の動きと連動します。

股関節が内旋(内側に動く)すると膝も足首も内側につられます。

股関節が外旋(外に動く)すると、外側につられます。
その時足の裏がしっかり接地していると、土踏まずが上がるようになっているのです。
これは以前作った足底筋膜炎の動画で詳しく説明しています。
ただし、気をつけなければいけないのが、
見た目は外旋していても、内旋に力が働いていると
逆効果になります。
 かけっこ、ランニングでも同じなのですが、
外旋しながら接地することで地面反力を最大にもらい、
離地していくときは内旋して行きます。
ただし、この内旋時は空中に浮いている遊脚に重心は移っていることが重要です。
そうでないと、軸脚が内旋で潰れ、怪我などにつながります。
この遊脚は内側に向かって行きますが、徐々に内旋状態から接地に向けて外旋して行きます。

画像で確認しましょう

荒いですが画像をご覧ください。
これは200Mの日本記録保持者の末續慎吾選手の動画から切り取りました。
向かって左。右脚の動きを見てください。
 
接地の瞬間は最も強く地面反力がかかります。ここでしっかり外旋位を作ると、足は構造上、硬く反発します。ここで内旋していると足は構造上、弱くなっているのでつぶれてしまい、せっかくの反力が弱くなってしまいます。
外旋接地から内旋、その後遊脚は外旋位の内旋で前に運ばれ、振り下ろすところから外旋に切り替わります。
専門的でわかりにくくてすいません。
いずれにしても、身体特性、運動原理の観点からは
この外旋というのがポイントになるのです。

まとめ

かけっこが速くなる外旋力

  • ヒントは相撲にあり!
  • かかと重心、膝抜きはあらゆるスポーツに応用できる原理原則!
  • 股関節の外旋力が肝!

 

 

当かけっこ教室で必ず行う基礎練習に四股シコ、テッポウといった相撲の動きを取り入れています。また、ただ走るというよりも、外旋力を高めることを意識した練習を取り入れています。

 

今日はこの辺で。

最後までおつきあいありがとうございました。

 

=========================================

・かけっこ教室日程 (若干名受付可能です。お問い合わせください)

◯余裕あり △残りわずか ×締め切り

5/6更新

  • 4月11日(火)17:00〜18:00
  • 4月16日(日)9:15〜10:15 10:30~11:30
  • 4月25日(火)17:00〜18:00△
  • 4月30日(日)  9:15〜10:15× 10:30~11:30×
  • 5月7日(日)   9:15〜10:15× 10:30~11:30×
  • 5月9日(火) 17:00〜18:00△
  • 5月16日(火)17:00〜18:00◯←追加日程
  • 5月21日(日)  9:15〜10:15△ 10:30~11:30× 延長練習11:30からスタート練習(人数制限なし)
  • 5月23日(火)17:00〜18:00△
  • 6月4日(日)   9:15〜10:15◯ 10:30~11:30◯
  • 6月6日(火) 17:00〜18:00◯
  • 6月18日(日)    9:15〜10:15◯ 10:30~11:30◯
  • 6月20日(火)17:00〜18:00◯

 

参加申し込みは

越谷BASE公式アカウント@koshigayabase

に友達登録→一言コメントよろしくお願い申し上げます。

友だち追加

LINEを利用されていない方はこちら↓