越谷baseかけっこ教室

越谷baseかけっこ教室4月より始まります。かけっこが速くなる、他のスポーツへの応用が効く、全力を出せる、怪我をしない、だから走るって楽しい!そんな身体動作の秘密は二軸感覚です。年長〜4年生対象。

結果、かけっこが速くなる、という意味。

越谷BASEカケッコ

越谷BASE かけっこ先生の松田タカシです。

かけっこ教室体験会も3回目が終わりました。

前回、今回とも10名を超えるキッズが参加してくれました。

雨男か、雨女がいるようで、1、2回目とも無念の雨で屋内。

今回ようやく健康福祉村で開催!

越谷baseかけっこカケッコ

 

直前でまた、雨がちらつきましたが、なんとか持ちました。

やっぱり外は楽しいです。テンション上がります(僕が)!

 

年長さんから4年生まで受け付けて体験会を開催していますが、

体力差、器用さなどは年齢ではないことがありありとわかります。

 

指示した動きを言葉で理解する

見せた動きを感覚で理解する

 

前者は年齢に関係しますが、

後者は年齢はあまり関係ないように感じます。

 

越谷BASEかけっこ教室では

感覚で理解できるように動きを作っていきます。

 

伝え方、伝わり方、毎回私自身も勉強させてもらっています。

保護者の方へは直接、どんな目的で、どんなところを目指していくのかを

必ず口頭でお話しします。

 

かけっこでしょ?

と言われればそれまでなんですが、

目先の速さを求めると子ども達は力みます。

地面を蹴るようになります。

肩が上がります。

勝ち負けにこだわるようになります。

 

うまく動けている、ということ自体に大きな意味があります。

僕はそこを全力で褒めていきます。

 

 

正しい動き方を身につけながら、

結果として、

足が速くなる。

他のスポーツにも活きてくる。

怪我をしないでスポーツを楽しめるようになる。

それが理想だと思っています。

 

越谷ベイスかけっこカケッコ

越谷BASEかけっこカケッコ

 

体験会はあと1回4月2日(募集は締め切っています)

晴れますように!

 

松田タカシ

 

 

 

3/28 かけっこ体験会参加の皆様

3/28火曜日
明日のかけっこ教室参加の皆様
明日は予定通り県民健康福祉村で開催します。天気はさすがに大丈夫そうです(^-^)
16:00から1時間です。
最高気温が15℃とあたたかいようですが、風が強く、夕方ということもあるので、保護者のみなさまにおかれましては寒さ対策もしてきてください。お子様の水分補給ご準備願います(自販機もあります)。
集合場所
福祉村中央のときめき元気館前です。
それでは明日キッズたちに逢えるのを楽しみにしています!
当日の連絡先
松田孝司
県民健康福祉村
〒343-0854 埼玉県越谷市北後谷82
048-962-0294

運動嫌いの大人のトラウマ

大人になってから運動はほとんどしません。

 

筋トレはやるけど有酸素運動だけは全くやりません。

 

水泳はやるけど歩くのは好きじゃないです。

 

毎日忙しいから時間が・・・

 

毎日の臨床の中でよく聞くセリフです。

そんなクライアントさんにたくさん出会ってきました。

 

僕はどこが起点になっているのか、よく聞き出すのですが、

 

多くのクライアントさんが

小さい頃のトラウマを引きずっているのです。

  • マラソン大会で苦しかった
  • 運動会で恥をかいた
  • 部活でレギュラーになれなかった
  • 苦しいばかりの練習をさせられた

 

だいたいこういったネガティブなイメージを持っており、

それをずっと引きずり、もう2度と走るまい、動くまい

と決意をしていたりするのです。

 

大人になってからの運動、

例えばジョギングなら

 

誰と競争するわけでもないに、

自分のペースでやればいいだけなのに、

 

なぜか、腰を持ち上げないのです。

もう、命が拒んでる。

条件反射。

 

そんな印象です。

 

とにかく走るの嫌い!笑

 

だからこそ、

どうしたら運動を好きになれるか?

どうしたら嫌いにならないか?

 

走るってすべての基本です。

トラウマを持たないようにするには??

 

 

それは

全力を出し切れる体を作ること

です。

 

一番になれるのはたった一人です。

一番になれなくても、ビリでも

できるだけ

悔いや後悔を残さないためには

 

全力を出し切れたか

全力が周りに伝わったか

 

だと思うのです。

 

一生懸命な人を周りは必ず応援します。

愛情の中で運動ができれば、きっとトラウマにはなりません。

 

全力を出し切れる正しい動き方を身につけ、

全力を出し切れたら

自己肯定感も高まり、

自分を蔑んだり、

傷つけたりしないはずです。

 

運動には、

ハツラツとした明るさ、

くよくよしない寛容さ

イライラしない穏やかさ

などを育むことが研究などでわかっています。

 

つまり運動刺激は脳神経に強く働くのです。

 

運動によって脳機能が回復し、

軽度のアルツハイマーや認知、うつ症状の緩和が期待できる

というところまで科学は来ています。

思い通りに体が動き、怪我にも悩まされない。

そうした幼少時代を過ごせることで、

将来の医療費削減にもつながります。

 

超高齢社会が来ることは決定しています。

かわいいこどもたちの未来はどうなるのでしょう。

本当に不安になります。

 

でも最大の予防策は

一人一人が、健康でいることではないでしょうか?

子どもたちの未来のために!

 

走ろう!大人も(笑))

 

<3/26かけっこ教室参加者のみなさま>

<3/26かけっこ教室参加者のみなさま>
個別にラインにてメッセージ済みですが、念のためこちらにも。
明日のかけっこ教室は屋内に変更になりました。
東越谷にある生活クラブの2階「生活館ホール」というところです。
時間は予定通り10時からとなります。
駐車場が目の前にあります。
場所変更で参加できない方はご一報ください。それでは宜しくお願い致します!http://bit.ly/2mE6bdY

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります②

前回は子どもとトレランしてきました、という話でした。

キッズトレランはコーディネーション能力が上がります①

このトレランって本当に想像以上にすごいと僕は思っています。

 

ゴールデンエイジの運動能力を高める。

これはキッズプログラムの一番重要とされているポイントです。

その能力をコーディネーション能力と呼んでいますがトレイルランニングやるだけでコーディネーション能力あがっちゃうよ、という話です。

 

その話をする前にこれを話さないといけません。

 

そもそも、僕がトレランに出会ったのは一冊の本でした。

BORN TO RUN 走るために生まれた ―ウルトラランナーVS人類最強の“走る民族”

amazonの紹介には

ノー・ランニング、ノー・ライフ!人類は、走るために生きている いや、生きるために走っている!
この冒険は、ランナー誰もが抱くひとつの疑問から始まった──なぜ僕の脚は走ると痛むのか? 真実のランを目指すウルトラランナーたちは、やがて、メキシコの秘境をサンダルだけで一昼夜走り続けるタラウマラ族と邂逅する! 人類は、走るために生きている──いや、生きるために走っている!

 

と煽りまくっていますが笑、案の定、私もまんまと煽られハマってしまったわけです。

メキシコの秘境に住んでいるララムリ(走る民族の意)と呼ばれる民族は練習もしたことない、ウォーミングアップ、クールダウンもなしで、トレイルマラソン(山岳マラソン)に出て、いきなり優勝したり、しちゃうんですからそりゃもう興奮します。

しかも毎日口にするものはトウモロコシばっかり、お酒は、やっぱりトウモロコシのビールだったり、栄養取れてんのか?的な信じられない生活なんです。日本の30品目食べようって一体、なんなんだろう?て思いました。

 

で、この人たち、血管性の疾患を全くしないそうなのです。

いわゆる生活習慣病ですね。でサンダルで険しい山岳地帯に暮らしているのに怪我を全くしない。足のトラブルもない。

 

治療の世界にいると、怪我や症状に対してどうやってなおそうか、どうやって回復までの道のりを計画しようか、とばかり考えがちですが、この本読んでから、とてもいい意味でシンプルになりました。ざっくりいうと運動すれば治りますよ、的な。(もっと丁寧に伝えてます)

だって、過保護にすればするほど、体は弱くなりますから。

あ、心が、でしょうね。

 

で、このトレラン、僕は登山の趣味がなかったので、山を知る、山が好き、自然が好き、という過程を飛ばして、いきなり、飯能での17kmのトレランのレースに出て、それこそ死ぬかと思ったのです。辛くて辛くて。

ペース配分もわからず、かっ飛ばし、越谷、武蔵野市の平坦な道で、飼いならされていた僕の足は、全く歯が立たなかったのです。

 

山、やべー!辛すぎ!もう2度とやりたくない!

 

そう思った数時間後には、来年もこのレースリベンジしたいとか、言ってました。

それから数年経ち、すっかり山慣れして、今は景色や自然を楽しみながら走れるようになりました。去年初の53kmのウルトラレースに出て無事、完走できました。

そんなトレランに娘を連れ出したのがちょうど2年前、6歳の時です。

 

この辺のくだりは

僕がかけっこ教室を始めた理由わけ

で書いてますので、読んでいただくとして、

 

このトレランは、身体能力のベースアップには一番良いと思います。大人にも無論なんですが、子どもにとっても最高のアクティビティです。

 

特にゴールデンエイジと呼ばれる、5〜12歳の時期の山を走る経験、これはコーディネーション能力を高める効果があります。

 

プレ・ゴールデンエイジ

神経系の発達が最も著しい5歳から8歳頃。この時期に多様な動きを体験させることがその後の動作の習得や専門技術の上達につながります。勝ち負けよりも楽しさを教える時期。

 

ゴールデンエイジ

8歳から12歳頃をいいます。この時期に神経系の発達がほぼ完成します。巧みな動きも即座に身に付けるので(一生に一度だけ訪れる、あらゆる動作を短時間で覚えることのできる「即座の習得」)非常に重要な時期。この時期の運動は忘れない(自転車に乗れなくなることがないように)。

 

スキャモンの発達発育曲線がベースになっている考え方です。

 

まず、

コーディネーション能力は

バランス能力(崩れにくい)

分化能力(器用さ)

リズム能力(タイミング)

連結能力(体の連動性)

定位能力(動くものと自分との距離感覚)

反応能力(素早さ)

変換能力(状況対応力)

の7つあると定義されています。

 

実はトレランではほぼ全部体験できます。

7つの中でも特に使う能力は

バランス、リズム、連結、変換です。

不整地には、段差、石、葉っぱ、根っこ、ぬかるみなどトラップがたくさんあります。

それを目と足の感覚で瞬時に判断し、バランスを保ちながらクリアしていく。

時にはうまく転んだり、転ぶことを回避したり、滑ったり、まあ、怪我もつきものですが、そういう体験こそ尊いものです。

 

アスファルトや校庭では味わえない、感覚です。

 

 

鎖場があったり、岩場があれば、さらに多様になりますね!

 

そして何より、

自然の中でいっぱい汗をかくこと

自然の中で心が癒されること

自然の中でたくさんの微生物に触れること

自然の中でいっぱい元気をもらうこと

 

自然とは問答無用で偉大です。

誰もが、声が大きくなり、元気になり、笑うようになります。

 

これ以上のことってないです。

 

そういったことから越谷ベイスかけっこ教室では

できるかぎり屋外で開催を考えています。

汚れたり、転げたり、裸足になったり。

そうして朗らかな感情も育めると思います。

 

また、日本は硬いところで走りすぎているから、貧血傾向だ、という専門家の指摘もあります。海外での陸上の練習の多くはクロスカントリーや不整地など足に優しいところで走っているようです。

ですから、かけっこ教室に参加する皆さんにはご理解いただきたいと思います。

 

僕は、過保護な教室にするつもりはありません。

楽しいのと同じくらい、できるだけ強い体を作れるようしていきます。

 

それが嫌な保護者さんは、参加はご遠慮くださいね。

 

まとめ

不整地を走ることはコーディネーション能力が上がる

自然は問答無用で偉大。いけばわかるさ!

 

 

かけっこ教室で始まったら企画して、いきますよ。山!