松田タカシの独り言

自分らしくつづります。

越谷BASEの施術と動き作り

今日いらしたクライアントさん。

今日で4回目の来店ですが

「無理したり、頑張らなくても、本当に変わっていくんですね。実感しています」

そんなことを言ってくださいました。

これは快復の過程で、とても大事な感覚です。

ぼくは、ぼくの施術よりも

動き作りを学ぶ、知ることの方が大事だとはっきりクライアントに伝えます。

魚の釣り方を教えるというやつです。

これは難しいことはなくて、

施術でニュートラルに戻せば比較的かんたんに発現する。

自分が作り出す動きとは、体の環境適応によるものだから

良い状態になれば、体は良い動きをしたがる。

そういう意味では施術からの運動指導という流れは理想。

施術だけ、運動だけ、それでどこかでほころびが起きて欲しくない。

クライアントさんを見ていて、いい施術を受けて、感動してる姿よりも
自分で動いて、気づいて、落とし込む姿の方が、
前向きで、生き生きしていて、僕が感動する。

いい仕事できたなと、心から思える。

今日のクライアントさんも、目が力強く、輝いていて、安心した。

浮き沈みに寄り添いながらも、一緒に乗り越えて支えてあげたい。

さて、肝心の動き作りってなんぞ?

僕がお伝えしている動き作りというのは
身体特性に基づいた、運動原理の話。

数万年と、ほとんど変わらない人間の体には絶対の普遍性があります。

でもその動きは、常識や、思い込みが邪魔をして、発現していない。
そのリミットを外してあげると、体は水を得た魚のように、解放され、自由になる。

地球のエネルギーもたっぷりお借りして、
ローコストで、楽々、スムーズに動けるようになれば、
見える景色も、望む景色も勝手に変わります。

自分のからだの変化が、心の状態を変えて、勝手にステージは上がる。
望むレベルも勝手に上がる。

頑張る必要はなし。

頑張れないときは頑張らなくて良いとき。

頑張れるときは頑張れる準備が整ったとき。

クライアントさんがぐずくずいじいじしてるときって、

いまの悪い状態を
変わらない基準だと思い込んでるんだよね。

考えてもみてください。

あなたが40度の熱が出ているときに、

例えば日課のウォーキングができなくて

(熱が出てようが体にいいからウォーキングしよう)

なんて思わないですよね。

(あーあたしは元気なくて情けない)

とも思わないですよね。

いま、あなたが見ている景色、感じていることは、いまこの瞬間の景色に過ぎません。

あなたが復調してきたら、見える景色も感じることも自然と変わっていきます。

山を登りながら、見える景色が変わり、体力、気力も変化していく。

人間は今ある状態は常に、最適です。

痛かろうが、
辛かろうが、

体の中の命は

今ある環境で最適な状態を作ろうと

必死で炎症をおこしたり、懸命に排出、放出したり、自律神経、ホルモンバランスを調整しています。

それを憎むなんて、もってのほかです。

痛みって美しいな

そう思います。

体がちゃんと機能している証拠。

痛い理由がなくなれば、痛みはそっといつの間にか、消えていきます。

僕の考える整体というオシゴト♪

越谷BASE松田タカシです。

僕は、手技療法という手に職を持ったわけだけど(今さら?笑)、技術同等、それ以上に必要で大切なモノが実は色々ある。

クライアントさんにしてみたら、痛み取る専門家くらいに思っているでしょうけど、こちら側から言わせてもらうとそんなにシンプルでもない。

それは何を持って治すなのか
治すって何なのか
そもそも治してるのかね僕らは

痛みを取るだけの仕事でもなくなっているのが、僕ら代替医療の世界なんです。

技術の前に
体の機能解剖知らないとダメよねってこととか、

生理学も時にそうだし、

心の有り様が痛みを0にも100にもしちゃう、うそみたいな変化もそうだし。

体に起こる症状って本当に色々複雑な要素が入り組んで起こっているのです。

僕の結論を言ってしまうと、ほとんど人が単なる運動不足(言っちゃった)。

(スポーツ系のクライアントさんは悪いフォームとオーバーユース)

でもそれは、治す方法の話として提案することで、
今、現実に起こっていることはとにかく複雑。。

最近では
食べるもの。食べたもの。

食べ物の影響を受けて、いろんな症状が出ていると考える治療家も増えている。

誰でも買える一般向けの本からのにわか知識で語っている治療家さんも多いけど笑。

今のあなたは食べたものでできている

という有名な殺し文句があります。僕も以前よく使っていました。

この言葉は、だから食べ物を選ぼうというメッセージとして伝わっている。

確かに、栄養学の一般的な考え方は食品に含まれる栄養素を分析して最適な分量、割合を提案してくれているありがたい学問で基準として役に立つものだ。

でも本当に大切なのは、

あなたの体は何を選ぶのか?

なのではないだろうか。

健康な人の体が選ぶ栄養、不健康な人の体が選ぶ栄養は違う。

運動する人に必要な栄養と頭をたくさん使う人に必要な栄養も違う。

つまり、食べ物の問題ではなく体の問題。

どんな栄養素をどれだけ体に吸収させ同化させるのか、

何が不要で何を排泄するのか。

これは食べる物の質の問題もあるけど基本的には、体の問題。

そういう視点を持たなければ、あれ買え、これ買えの情報に踊らされる。

まだまだ体に影響を与える要素はある。

家族や、社会とのつながりと健康は無関係だろうか?

自然と共生することと、コンクリートジャングルに囲まれ暮らすことは同じだろうか?

そういった環境に左右され人もいるし、されない人もいる。

持っている性格によって、改善の過程が全く違う。

生まれつきの体質や育った環境も関係する。

こういったこと全てがクライアントさんの心身に現れ、

整体という仕事の術者、被術者の関係性の中にも滲み出ていると思っている。

どれもこれもこだわりすぎると、結局全体が見えなくなるし、
俯瞰ばかりしているとぼんやりするし、
全くとんでもない仕事を選んだもんだと、感じています。

でも、これが真実だと僕は思い、
一人一人、真剣に向き合っているし、
できるだけ手先足先の話、対処法ではなく、
本質的な話を理解してもらえるようにしている。

ただ、ここまでの話は、感覚的に情報としてインプットしてはいるけど、やっていることは整体です。ついでに口を動かしている感じ。

手を通して人を癒し、安心させる中で、
この人にとって必要な情報は何だろうと僕なりに取捨選択して、
お話、提案させてもらっています。

言葉の持つ力、エネルギーはすごいと常々感じている。
それは世に出回っている、格言集や、セミナーを満席にするスピーカーがもてはやされていることからも明白だ。

だから僕は言葉の持つ力を過信せず、言葉を選び、クライアントさんと向き合う。

カウンセリングのセッションも検討しているけど、かしこまると相手も警戒するので、今は整体で良いと思っている。

だらだらと書いたけど、
本当に大変だけど面白いオシゴト。それが僕の整体だ。

動きが心をつくる

越谷BASE松田タカシです。
 
ある漢字を思い出すときに手を動かすことを禁じられた人と
手を自由に動かせる人で漢字の想起に違いが出るかの比較実験をしたところ、
手を動かせた方が明らかに成績が良かったんだそうです。
参考資料
「動きが心を作る〜身体心理学への招待〜」
春木豊
 
動くということ自体が脳を活発にしているということ。
 
動くということが感情を豊かに育む。
大抵の問題は思いっきり身体動かしてやれば解決する。
 
もうさ、シンプルに行こうよ。
楽しく運動だよ♪
運動するきっかけがない方は
ぜひ越谷BASEの整体を受けにきてください。
 ベッドに寝かせてほぐしてさよならなんて野暮なことしません。
(それがふつうか笑)
運動もしていただき、ますますしたくなってお帰ししますので(^^)
北越谷から徒歩5分
北越谷5丁目7−2

15RUN イチゴランに参加してきました。

越谷BASE松田孝司です。3月12日に越谷レイクタウンにて

第2回15RUNイチゴランが開催されました。

15Run Koshigaya

辛いだけじゃない、甘いマラソン大会

http://15run.jp

と謳うだけあり、越谷の特産いちごがいっぱいの大会。

 

男女ミックスという世にも変わったコースにエントリー。

 

42.195kmを顔も名前も知らないメンバーで組んでタスキリレーするというもので

面白すぎる!!

と思い、即エントリーしました。

 

当日受付を済まし、顔合わせ。

「はじめまして〜」

ひと回りふた回りくらい下に見えるような青年、可愛らしいお嬢さん2名、

いかにもマラソンしてて速そうな30代男性、トライアスロンをしている女性と本当にバラバラなメンバーでこれから、42、195km。。。

 

話し合いをして、一周2kmを交替で走っていこうと決め、

私が第一走者になりました。

 

とその前に、娘のキッズ2km!

並走もOKとのことで、娘と一緒に2km。

結構飛ばして、途中へばってきましたが、

出し切ろう!もう少し!とハッパをかけ!

ゴール!

 

やっぱり辛いのを踏ん張ったことが満足だったみたいで、

いい笑顔♪

 

ガーやちゃんもいました(^^)

 

 

さてミックスマラソン。

なんとミックス部門1位になりました=====!!!

 

2組中なんですけどね。

でも1位は1位!

3人が2kmを4回

3人が2kmを3回

どんどん結束が強くなり、

最後はみんなで手を繋いでゴール。

駅伝に始めて参加しましたが、いいものですね!!

楽しかった!

 

個人的には練習なぞ全くしてない状態でしたが、4回ともラップは4分ちょっとにまとまった感じで、まあ、悪くないです。もうちょい根性出せたかな笑。

フォームが小さくならなかったのが収穫。

 

表彰されたり、お土産もらったり

 

 

 

 

 

 

 

 

記念撮影したり、

 

 

良かった良かった。

 

人生で何度あるかの1位です。

最後の1位は中学生の時の110mハードルの地区予選以来かもしれません。

 

みんな、本当にいい顔してました。

 

途中アキレス腱の痛みで走れなくなっていた選手に

トリガーポイントリリースをしてテーピングを急遽施す一幕もあり、

一応、本職でも役に立てました。

テーピング中にタスキがきたのはビビった笑。

 

この選手も諦めていた最後の一本を走れたみたいです。

 

 

トライアスリートの女性は、これがご縁で現在、整体、フォーム矯正などで通院してくださるように。

 

今年はまだ2回目で認知がまだまだ。

来年以降ももっともっと面白くなる予感のする大会です。

 

チームで参加するグループ部門、

一人で参加してミックス部門、

一人で10kmラン、

キッズの2km、

皆さんも来年参加してみてください!

来年はチームだなー。むふっ

http://15run.jp

 

 

 

========================

北越谷、大袋、せんげん台エリアの整体・カイロプラクティック

現役アスリートが施術します

足から体を整える整体コンディショニング

越谷BASEコンディショニング&カフェ
平日10〜21時/土10〜18時/日祝休
343-0026
埼玉県越谷市北越谷5丁目7ー2
TEL:048-915-6272
MAIL:info@koshigayabase.com
越谷BASE 公式サイト
越谷BASE facebookページ
口コミで応援してください!「口コミサイト エキテン」
 http://www.ekiten.jp/shop_42560059/
越谷BASEネット予約専用サイト<ポイントも貯まりお得>

北越谷は桜の名所!

北越谷の越谷ベイス松田です😃

今日はオフ。

前の職場の仲間が佐世保から遊びに来るのでお店までのんびり元荒川を散歩して向かっています。

北越谷の元荒川は桜の名所。夜桜、露天と楽しめます。越谷BASEもこのエリアにあります♪

花の彩り♪

文教大学の前のレトロな橋。絵になります。

おばちゃんが菜の花とからし菜を摘んでました。

摘むのが好きだからとたくさん摘んでくれました。ありがとうー

あらためて、開業した場所のロケーション最高だなと。

これから北越谷はお花見祭りです!

https://hanami.walkerplus.com/detail/ar0311e25761/

4月上旬まで屋台、ライトアップと楽しめます。北越谷西口をまっすぐ歩くと到着しますよー!

松田タカシ