熱中症対策は紫外線を避けることなのか?

北越谷の足から体を整える整体コンディショニング越谷BASE松田タカシです。

今年は暑い!らしいです。

冷房の効いた室内が増えること必至です。
体が冷えてしまい風邪も引きやすく・・・
冷房に慣れた体は暑さにめっぽう弱くなってしまいます。

そこで今回は
今から間に合う熱中症対策!

実はシンプルです。

①紫外線にあたること

えええ〜〜〜
と言わずに笑。

体は暑さになれていないと汗が出にくくなっています。

体は暑さにさらされていないと汗腺が退化し、詰まっており、機能していません。

つまり熱がたまりやすくなります。

 

熱中症予備軍は、汗が出ない人。汗で出ない分、排尿が多くなります。

暑さに慣れ、汗腺が復活することで体温調整がしっかり働き、汗の出やすい体質になります。

自律神経の働きもよくなります(^^)

逆転の発想ですが、勇気を出して笑、太陽にあたり慣れてください。
暑さが本格的になる前の今がちょうど良いです。

シミ、ソバカス、皮膚ガンなど懸念材料もありますよね。
ちなみに黄色人種は皮膚ガン罹患率は10万人に1〜2人です。白人は10万人に15〜40人です。

ほぼ、皮膚ガンにはならないと考えても良い数字です。

肌は紫外線にあたるほど、紫外線に強くなります。
誰でも子供の頃は真っ黒でしたよね。みんな太陽の下で全力で遊んでました。

当たらなくなると、メラニン色素が減り、肌は白くなり、白い肌は紫外線に弱いです。

大人になってからでも、またあたるようになれば、ミラニンも増えます。

どうしても日焼けで赤くなるの人は、メラニン色素が少ないので、手の甲だけでも構いません。

朝と晩は紫外線量は少ないですね。

なんとしても日焼けは避けたい!

美白でいたいのあたし!

という方でも、汗を出すことはするべきです。

冷房の効いた室内でも良いので(^^)

汗腺をスルスルと汗が通る状態が、本来の健康な皮膚です。
それをお忘れなく。

 

続き↓

熱中症対策の食べ物は?

返信を残す

*