《小学生向け》持久走を速く走るための5つのポイント

 秋は持久走のシーズン!

当かけっこ教室も熱が入っています。(親の方が?)

そりゃそうです。どこの親でも

  • 我が子が颯爽と走る姿を観たい!
  • 少しでも順位を上げたい!
  • 1位を取ってほしい!
  • 笑顔で楽しくゴールしてほしい!
でも持久走って本当に苦手な人が多い。
持久走って本当に辛い。いい思い出なし・・・
そんな人がほとんどかと思います。
かく言う僕も大嫌いでしたから。

ちなみに僕は高校まで陸上部でしたが短距離で長距離大嫌いでした。

でもね。

本当に楽しいんですよ!長く走れるって!

体が言うこと聞いてくれるようになるとやればやるほどハマります。

そんな体の使い方を僕自身は、常歩なみあし身体動作(2軸感覚)で学び実践し、今はそのメソッドを
かけっこ教室の子ども達や、クライアントさんに還元しています。

 

さて前置きほこの辺にして、

持久走を速く走るための5つのポイント

お伝えしたいと思います。

前置きしますが、こどもがきもちよく走るための内容であって持久走を専門的に捉えた内容ではありません。

 

練習は最低週に3回です。毎日できるなら行なってください。

①距離に慣れる

ゆっくりで良いので持久走の距離+を繰り返し走る。1km未満なら1km、1km以上なら1,2kmと、本番より少し長めに走る。
会話や歌を歌うことができるくらいのペースで慣らしてください。
メリットは距離に慣れることで本番緊張しなくなる
ゆっくり走でも続けていると心肺機能が上がる
などです。

②ペース配分(後半に力を取っておく)

基本的には前半〜中盤までは同じペースで気持ちよく走ります。
その気持ち良さはそれぞれです。苦しいけど走り続けられる子もいれば、走れない子もいますので。
気持ちの良いスピードや距離は何度も走ればわかってきます。
理想は残り3分の2あたりでペースを上げられるとかっこよくゴールできます。

③スピードコントロールは体の傾きで行う

スピードをあげようと思うとどうしても力みが先にきて、腕や足に力が入り始め、硬いフォームになり、めちゃくちゃ疲れます。
力まずスピードを上げるには胸を握りこぶし半個分前に傾けます。それだけで加速します。
これ意識しすぎると腰だけ後ろに残って、つんのめるようなフォームになるので、ほんの少しだけです。
それでもじゅうぶんです。体を起こせば、減速します。
最後の一踏ん張りは腕振りが有効ですけどそれはせいぜい最後の100mくらいです。
※おとなに対してのアドバイスでは腰を前にとか、おへそを前に、軸足に腰をのせてていく、など表現が変ります。

④顎を引かない

よく顎を引け〜!と言うコーチの怒声を聞いたことあると思います。
疲れてくると顎が上がりますよね?で、頑張って顎を引くともうフォームガチガチ、コーチは怖い、体は動かない。
実は顎を引くと首、肩、胸の筋肉が力み、腕振りも硬くなり、全身に力みが伝わります。
見方を変えると、
辛い時は顎を上げる。つまり体はラクなフォームを選んでいると言うことなんです。
走り出して最初のうちは顎を引いていられるのは、「まだ疲れていないから無理が効いている」
と言うことなんです。
だから、最初から顎は上げていた方がラクに走れるんです。
コツ
目深かにキャップをかぶり前を見る感じです。
横から見ると耳の穴と鼻先が水平になるくらいです(これを専門的にはカンペルラインといいますが今回は割愛)

⑤腕は振らない

これは正確には腕は意識して振る必要はないと言う意味です。

振るのは肩です。肩が前後に揺れ、肩に遅れて腕がついていくのが自然な腕振りです。

走り方を教わっていない子どもたちは往々にして、肩を揺らしてうねうね走ります。

小学生のうちはそれでいいのです。


 競争心が芽生えてないお子さんの場合

①を続けてください。欲張らないで気持ちよく走りきることを心がけてください。
楽しく上手に走りきることで子どもたちは辛さも喜びに変えてくれます。
持久走を嫌いになるケースは
死ぬ思いをする(飛ばしすぎて後半苦しむ)
順位で自己評価をしてしまうことです。
自分なりに気持ちよく走り切ることが大切です。
苦しい練習をすれば速くなると言った、発想は持たないでください。
ストイックな練習で成績を上げる前に、体をうまく使うこと、心理的にラクにさせることで運動の質がよくなります。お子さんが楽しくゴールできるように周りがサポートして、声をかけて上げることも大切ですよ。

まとめ

①距離に慣れることでペース配分がわかる

②後半に力を取っておくとかっこよくゴールできる

③スピードコントロールは体の傾きで行い、顎を引かず腕も振らない

 

一つでも二つでもチャレンジして見よう!!

 

スケジュール http://bit.ly/2pV8cmu

 

かけっこ教室最新情報

埼玉県越谷市で開催しています

越谷BASEかけっこ教室

かけっこ先生の松田です。

 

今回は当教室の最新情報をお届けします。

長いですが、重要なお知らせもあります。ぜひ下までお読みください。

★クラス分けしたら内容が濃くなりました

9月より、クラス分けが始まり、練習の質が良くなっています。

・年長さんから小2、入部したての子が中心のBASICクラス

・小3から小6(+クライアントでリハビリ中の中1の男の子)のADVANCEクラス

・混ぜ混ぜのMIXクラス

ドリルの難易度、
運動の負荷、
言葉で説明できることできないこと、
感覚で覚えること
運動の負荷

クラスごとに違いをつけること教える僕も教わるメンバーたちもストレスはかなり減った、
というか、面白くなった、の方が適切かも。

 

★モチベーションは何と言ってもチーム対抗!

ドリルの後は、タイムトライアルや駅伝で大盛り上がり♪

特に子どもたちは、みんなで一緒に、というのが大好きです。

春先の運動会シーズンの時に子どもたちが、徒競走よりも、

赤が勝った、白が負けた、

悔しいだ、嬉しいだと、

自分のことよりみんなで共有しあうチーム戦のことを楽しそうに報告してきました。

なので、最近、今日は駅伝?と聞かれ、いつもせがまれます。

楽しく、知らん間に、たくさん走っていて、体力ついたら申し分なしですよね!

どんどんやろうやろう駅伝。

 

課外授業も楽しい!

先月より始まった、メンバー限定のハイキングイベント、元荒川親子でナイトラン。

これも、まー本当に面白い。

ブログを参照してください。

第1回元荒川親子でナイトラン終了!

かけっこ教室ハイキングイベント終了!

充実してきたら問題発生

以前よりも無料体験から本申し込み成約率が上がり、さらに参加頻度も増えてきました。

持久走前というのが大きいと思いますが、とにかく、みんな夢中になって練習に参加しています。

 

「水泳は嫌がるけどかけっこは行きたがる」

「自分からやりたがる習い事はこれが初めて」

「走るのが大好きになった」

「親子で走るようになった」

 

このように嬉しい報告もいただきます。

しかし、定員オーバーでお断りするケースが出てきて調整に難儀しています。

自由参加、任意参加でここまでやってきましたが、再考しないといけない状態です。

参加人数を明確にするには期間契約とか・・

日程を増やすか・・・

んんん、悩んでいます。体一つだし。

 

申し訳ありませんが・・・

かけっこメンバーの新規募集ですが
当面、3〜6年生のみとさせていただきます。

低学年がもう目一杯です。

日程の追加については検討中ですので、興味がある方はLINE@友達登録だけは必ずしておいてください。

LINE@ならもれなく最新情報をチェックできます。よろしくお願い申し上げます。

ポチッと押して友達追加!
友だち追加

QRコードはこちら

実はマンツーマンという手もある

  • 体の歪みや、走り方も気になるので、まずはマンツーマンでチェック、指導してほしい
  • 持久走より、短距離を教えてほしい

この動画は9月末にある50M走の大会に向けての特別練習で追い込みたいというリクエストで、現在パーソナル指導をしている4年生の男の子です。

じっくり教えられますし、飲み込み具合を把握しているので、限りなく、フィットします。

怪我が先行している相談は常に絶えない状態です。

こどもでも、最近はライフスタイルの影響もあり、足が歪んでいる子が多いです。

 

リンク先から、
運動指導のみなら運動指導コース、
体も見てほしいなら整体コース、
で申し込んでいただければと思います。
学割もあります。

コースと料金

以上になります。
最後までお読みいただきありがとうございました。

第1回元荒川親子でナイトラン終了!

8月27日、第1回元荒川親子でナイトラン

無事終えました〜。

1時間走るという、けっこうハードルの高いランニング。

前日の試走ではゆっくりゆっくりで8km。

さあ、どこまでキッズたちが走りきれるか?

 

当日は小学校1年生から4年生まで総勢7名の参加、親御さんは5名。

夜7時15分にスタート!

 

男の子はガンガン走る走る(笑)。

女の子たちはゆっくりマイペースに。

 

親御さんたちには子どもたちの見守りなどもお願いし、前は僕、中と最後尾はみなさんにお願いしました。

 

気づいたら、大人の方がへばってます。

 

そしてあっというまに1時間。

 

なんと、6.7km!走りきりました!!

 

すごいすごい。

 

うちの娘以外はそんな長い距離走ったことない。(娘はトレランを12kmとか経験してます)

持久走でもせいぜい1kmです。

 

そんな子どもたちが

 

ケロッと7km弱を。

 

子どもたちより親御さんたちがびっくりしてました。

 

どんな魔法をかけたのか?

 

簡単です。

楽しければ不可能はないってことです。

 

辛いよ〜大変だよ〜、

8kmくらいあるよ〜

とかネガティヴなアナウンスは一切しなかっただけです。

 

途中、ペース合わせや、休憩なども入れているので、実際は走ったり、歩いたり、休憩したりでしたが、基本的にほぼ1時間動き続けました。

 

ヘッドライトをつけて、夜道を走るなんて初めて。

見えないワクワク、夜遊びのワクワク

お友達とワイワイ、

これだけ揃えば十分!

 

女の子2名は転んでしまいましたが、それもまた、経験!

また参加したいって(^^)

 

9月もすでに6名参加決まってます。

10月は2回目のハイキング!

楽しんで体力つけていこう♪

 

〜ナイトラン写真集〜














9月のお知らせ

足から体を整える整体コンディショニング
越谷BASE松田です。
8月もありがとうございました。

お知らせ

<価格改定のお知らせ>

『20分コース4320円』は
『お試し、部分ほぐしコース』としてリーズナブルになりました。
施術としては十分な時間ですのでお気軽にご来店ください!(セルフケア、運動指導などはしませんのでご了承ください)
 

<子どものスポーツ障害やパーソナル指導承ります>

お子さんの成長期特有の痛みや、スポーツのお悩みの相談が増えています。マンツーマンのセッションを受けて、問題を洗い出し、オーダーメイドの調整を受けられてはいかがでしょうか?
かけっこ教室は個別対応はなかなか行き届かないのが現状です。
なにかお子さまの運動の問題が先行している場合は
かけっこ教室参加の前にぜひ、パーソナル指導、整体を受けてくださると良いと思います。

コースと料金

トレイルランレースの最高峰!UTMBに向けて!

足から身体を整える越谷BASEの松田です。

 

昨年まで勤務していた都内の整体院時代からのクライアント様Sさん。

トレイルランニングレースの最高峰と言われる、UTMBに来週出場します!

ランニング障害オンパレードっだったSさんがすっかり故障もなくなり、UTMBだなんて、嬉しさハンパではありません・・・。
羨ましさはその10倍くらいです笑。

UTMBとは(ウィキからコピペ)

ウルトラトレイル・デュ・モンブラン(: L’Ultra-trail du Mont-Blanc=リュルトラ・トラーユ・デュ・モン・ブラン)はUTMBと略称され、フランスの東南部にあるシャモニー=モン=ブランで毎年8月末に開催される、ヨーロッパアルプスの最高峰モンブランを取り巻くフランススイスイタリアにまたがる山岳地帯を走るトレイルランニングの大会

100Mileレースです。168kmオーバー!

2日間に渡って、自然の中を走り続ける、過酷なウルトラレース。

レース前のコンディショニングとして、全身をじっくり調整させていただきました。

モンブランまで付いて行って応援したいけど、当然いけませんので、

GRIDフォームローラーに託しました!


以前にレッスンを受けていますが、復習+疲労が溜まるポイント押させて、再確認!

これで毎日疲労を取り、最適な状態で当日を迎えられるでしょう♪

風邪や胃腸のトラブルはくれぐれもお気を付けください!

そしてアフターシューズとして、

SUPERfeetサンダルもご購入!
サイズあって良かった!

GRIDフォームローラーレクチャー、SUPERfeetサンダル、渾身のコンディショニング!

お渡しできるものは全てお渡ししました!

最高のレースに!

完走してください!!

全力応援!!

 

越谷BASE 松田タカシ

 

 

トリガーポイント・パフォーマンス・セラピーとは

SUPERfeetサンダル情報!使用感など