風邪予防その1「鼻呼吸してますか?」

(すぐ読み終わります)

鼻呼吸の重要性


みなさん鼻で呼吸していますか?

口だよ〜という方。結構多いです。。

鼻炎持ちの方は鼻がほとんど機能していない方もいらします(泣)。

 

そもそも

鼻は呼吸器官、口は消化器官

です。これだけでもどちらが呼吸に向いているかは言わずもかなですが、、、。

鼻には重要な機能がいくつも備わっているのをご存知ですか?

①臭いを嗅ぎ分ける嗅覚

②吸気の加温 ・加湿 ・浄化作用

③防御反射機構(くしゃみなど)

 

①危険察知は視覚や聴覚ももちろんですが鼻の臭いセンサーも欠かせません。

 

昔から、「むむ、鋭い嗅覚だな」なんてセリフよく聞きますよね。

鼻が利くことの重要性はことわざになるほどです。

 

②と③は鼻腔粘膜が外部からの細菌やウイルスを吸着したり、

鼻毛でチリホコリを絡めとったり、

冷たい冷気を温めてから体内に入れたり、

刺激のあるものをくしゃみなどで防御したりしているわけです。

素晴らしい、鼻!

 

口呼吸がなぜいけないのか

口呼吸は扁桃腺が乾燥し機能が低下すると考えられています。

感染症、免疫疾患などのリスクも高めてしまいます。

そもそも口の目的は食べ物を取り込む器官ですから、

味覚以外は防御機能はないのです。

 

 

今日からできる風邪予防はズバリ!

鼻で呼吸することです笑。

そのまんまですが、

 

鼻で吸って口で吐く、でも

鼻で吸って鼻で吐く、でも

 

どちらでもいいので意識をして続けてみてください。

最初は息苦しいと思いますが、そのうち、鼻だけでもできるようになります。

 

食べ物をゆっくりよく噛む

口を閉じてゆっくりよく噛む。

これだけでも鼻呼吸になりますね。

 

鼻炎の方は鼻と口の両方で呼吸してください。

マスクをすると加湿されますので喉には優しいとおもいます。

 

風邪予防 その2

腸内細菌を育てよう

返信を残す

*