いざ!常歩なみあし総本山へ

先日、二日間休みをいただき、名古屋まで研修に、行ってまいりました。

研修先は、
私がいま身体動作のベースとして取り入れている、
常歩(なみあしと読みます)を創始された小山田良治先生の治療院、五体治療院です。

治療自体を見学することももちろんですが、やはり、

本物のなみあしを肌で感じたい!

という強い思いがありました。

そうです。念願の総本山入りです。

 

なみあしってなんぞ??という人も多くいると思います。

 

なみあしの語源は馬の歩き方です。
馬の常歩なみあし
リンクに説明がありますが、
普通に歩いている時は4本の足が交互に着地する4拍子の歩法です。
常に2本あるいは3本の肢が地面に着き、体重を支えています。なお、常歩が早くなると1本の肢で体重を支えるようになります。
肢の動く順序は右後肢、右前肢、左後肢、左前肢。

2足歩行の人間もこの動きを活用すると合理的身体操作が生まれるのです。

重心を崩しながら、力感なく、推進力を作る身体操作がなみあしの真髄です。

 

二日間みっちり詰めさせていただきましたが、
もう、ひっきりなしにクライアントさんが来院され、しかもほとんどプロの競輪選手!

長年、五体治療院に通われていて、なみあし身体動作を体現し、結果を出されている超トップ選手にもお会いできました。身体操作という点では僕なんぞ、足元にも及ばないレベル。トップアスリートの身体感覚の繊細さを垣間見ることができました。

1日目は終始見学で終わり、2日目の空いた時間で歩行に関してのご指導をいただきました。わかっているようで、実はあいまいだったり、勘違いしていたところをバシバシ指摘され、修正していただきました。

ありがたいことに、施術の時間もとってくださり、久しぶりに悶絶いたしました。

ご指導いただく中で特に印象的だった
スポーツが上達する方法の話。

スポーツが上達する方法なんてカンタンなんだよ。
ビアノだって、習字だってみんな同じ。
わかる?

という問いかけに、??と固まり、
理由を教えてもらうと、

 

あーーーー!そうか!そうだよなー!!
と目からウロコ、、、。

本質はとてもシンプルなんだ。

 

とはいえ、ここにたどり着ける人はほとんどいないわけですから。

やっぱりすごい先生だと実感しました。

もう一つ印象的だったお話の一つとして、

イチローがすごいすごいと世間が言い過ぎてるというお話。

彼のしていることは一流になりたいなら当たり前のことで、それを超えたいと思う気持ちにならなきゃだめだよ。

・・・・・・・
そんな風に考えたこともなかったです。

常識を当たり前のように普通に超えていくこの思考こそが、小山田先生の凄さであり、支持され、結果を出し続けている根拠。

 

短い時間でしたが、教えていただいた、本質、体の基本操作、ニュートラルとは?などをこれからじっくり取り組んでまずは実感したいと思います。

何に取り組むか?

もう徹底的に歩きます。

歩いて歩いて歩きたいと思います。

 

常人歩人。

 

走ってる場合ではない(笑)。

歩かなきゃ。

そこが運動の、原点。

 

小山田先生のブログ
常人歩人 って…

 

著書

季節の変わり目症候群のあなたへ

季節の変わり目症候群のあなたへ

越谷BASE松田タカシです。

「季節の変わり目って風邪ひくよね~」
「季節の変わり目はきをつけないとね~」
「季節の変わり目って・・・・」

そんな人をわたしは季節の変わり目症候群と呼んでいます。

9月から特にこんな会話が飛び交います。

たしかに気圧の変化、気温の上下動が多い時期です。
コンディションがついていけないことで不調を感じる人が多いのも事実でしょう。

でも、すべての人が体調を崩しているわけではありません。
みんなが等しく、気圧や気温に晒されているのに・・・
その差はなんでしょう??

答えは2つと考えます。

ひとつは
体が環境に適応する力があるかないか。

もうひとつは
変わり目は体調を崩すと信じているか、気にしていないか。

この2つが原因と考えられます。

体が環境に適応する力
基礎体力がないとちょっとした変化でも風邪をひいたり、具合を悪くします。
これは即効性のある対処方法はありません。積み上げた健康貯金がものを言います。

日々の生活で、
体をよく動かしていますか?
ごはんはゆっくりよくかんで食べていますか?
ストレス解消方法をお持ちですか?
睡眠の質はどうですか?

よく動き、よく笑い、よく食べ、よく寝る

そうした積み重ねが体内の新陳代謝を活発にし、活性酸素を減らし、病気や不調を遠ざけます。

変わり目は体調を崩すという呪文
病は気からです。
冗談でも何でもありません。
そう思うと目の前に症状は現れるものです。

梅干を思い浮かべて唾液が出たことはありませんか?
怖い話を聞いて寒気を感じたことありませんか?
春先マスクをしている人を見て鼻がむずむずしてきたことはありませんか?

目の前にないことを想像して実際にからだに変化が起きるのです。
ストレスからくる胃腸のトラブルは最たる症例ですよね。

季節の変わり目なんてきにしないで、毎日楽しく、元気に過ごせば、気になりません。
体調を崩しても、気圧や気温は気に留めず、いつも通り対処すればよいのです。

病は気からですよ。

当店はからだのコンディショニングだけでなく、こうした、頭の中の思い込みや常識を上書きしていくようなアドバイスやカウンセリングも交えて、トータルでサポートしています。

関係ないと思うようなことでも、なんでも相談してみてください。

心と体はつながっていますからね♪

かけっこ教室年間トレーニング計画表

※かけっこ教室本年度の受付は終了しています。

越谷BASE松田です。年間計画をざっくりとですがご案内します。
12月より以下の内容で進めさせていただきます。参加メンバーのみなさま、ご確認ください。
また来年1月より契約方法が変更になります。3ヶ月ごとの契約になる予定です。契約するかどうかの目安にまなると思います。
契約詳細についてはもう少々お待ちください。

 

3〜5月徒競走対策

6〜8月基礎体力作り

9〜11月持久走対策

12〜2月基礎体力作り

 

従来の基礎ドリルは動き作りの根幹なため通年行ない、プラスアルファとしてテーマを持って取り組んでいきます。

基礎トレーニングの期間が多くなっています。これは小学生のうち最も養いたいと思う身体感覚を作るものとお考えください。特に、スポーツで最も大事なのはバランス感覚です。

自分がどんな状態にあるかを認識する位置感覚、

相対するモノや人との距離感覚、

どんな局面でも自分を平行に保ち、崩れない水平感覚、

これらの感覚は大人になって身につけるのはなかなか難しい感覚です。

子供のうちが一番です。

この中でも特に水平感覚、これはいわゆる世間でいう体幹です。

詳しくはまた別の機会に書きたいと思います。

 

徒競走対策

スタートダッシュ、スピードアップ、フォーム作り、リレー選手はバトン、コーナー走のオプション練習あり

持久走対策

長い距離に慣れ、楽しく走りきれるようにする

駅伝などでチームワークを育む

 

基礎体力作り

走ることはもちろん、多様な動き(とんだり、はねたり、くぐったり、押したり、引いたり)様々な運動を経験することでどんなスポーツにも対応できるようなからだ作りを目指す

1不整地走、、、心肺機能、平衡感覚、反射神経

2福祉村遊具を使ってサーキット、、、バランス感覚、水平感覚、体幹強化

3ボール遊び、、、全身の協調性、空間認識能力、俊敏性、反射性

4駅伝やリレー、、、みんなで楽しみ、体力もつけながらチームワークも養う

 

 

今後はナイトラン、ハイキングなどに加えて練習場所を変えて刺激を入れることも取り入れたいと思います。
特に自然というフィールドは子どもたちの心身を豊かにたくましく成長させてくれます。
可能な限りご参加ください。

また、イベントは保護者の方も帯同することが多々出てきますので、お子様と一緒に運動して体力つけていきましょう(^^)

第二回元荒川親子でナイトラン♪

第二回元荒川親子でナイトラン♪

楽しく終わりました。

今回は小2から小5の9名と保護者7名の16名ご参加いただきました。

 

基本的には通常のランニングルールと同じで、信号や小狭いところなどは歩き、止まり、全体としては走り続けました。

 

今回は

前回の6.7kmから1km伸びて7.8km走破です!!実質発着地の越谷BASEからで換算すると8km。

すごいです。

 

大抵持久走で1km程度しか走ったことない年齢です。

そんな子たちが8km。

 

ゴールすると、走らずお待ちいただいてる間に上映していたミニオンの映画にすぐに食いつき、着替えもしないでみんな夢中に。

 

いま8km走ってましたよね(笑)

しかし、

持久走前に大きな自信になると思います。

というのは大人の思いで、子どもたちは楽しいだけなのでケロッと走りました(笑)

折り返しで足が痛くなった子がいて、お父さんと歩いて戻るハプニングもありました。
子どもたちは兎角、ストップアンドゴーを繰り返すので、できるだけマイペースは維持して欲しいんですが(汗)

走ったり歩いたりして戻ってこられたので、大事には至らないと思います。

また次回も楽しみましょうー!

≪GRIDを使っているトップアスリート≫100Mを9”98で走ったあの選手!

見つけてしまいました。

100mで日本人初の9秒台を記録した桐生選手が
gridフォームローラーを使っていました!


正確には

元オリンピック金メダリスト室伏広治さんがGRIDの使い手でフィギュアスケートの浅田真央選手にもプレゼントしたこともあるようです。


桐生選手は室伏広治さんに弟子入りしたため、使うようになったのかも知れません。

 

しかし、ストレッチ、ストレングス、マッサージとほんとに上手く使っています!