越谷BASEランニングメソッド

身体特性、運動原理に基づいたランニングメソッド。常歩なみあし身体動作をベースに歩行動作から動きを変えていきます。二軸感覚、同側感覚、遊脚感覚、外旋感覚。動きを根本から変えて、合理的でスムーズなフォームを手に入れませんか?

サニブラウンハキーム選手はなみあしかけっこだ!

先週末行われた日本選手権。

注目の男子100m決勝。
ハキーム君ぶっちぎりの優勝。

素晴らしい動きでした。

“四強”の前評判を覆し、日本最速決戦を制したサニブラウンについて、10秒00の日本記録保持者で、日本陸連の伊東浩司強化委員長は「ハキームくんが力強かった。その一言に尽きる。昨日と同じ条件なら9秒台が出ていたんじゃないか」と、舌を巻いた。

予選、準決勝で10秒06、決勝で10秒05というラウンドの重ね方にも「一定レベルの余力を持って勝ち上がれていた。カール・ルイスやボルトのように60~70メートルまでメンタルを安定させて走れるのが強み」と、絶賛していた。

ハキーム君本人によると、

スタートが上手くなったこと、

上半身の筋力トレーニングにより、体がぶれなくなった、

とのことです。

なみあし常歩身体動作の視点から見ると、
全ての動きがなみあしそのものです。

顎をあげ、肩、上肢の動きがバックワードサイクル、

股関節の外旋、肩も外旋、遊脚感覚、2軸感覚、骨盤の下制に見られる抜重、

(難しい言葉ばかりですいません笑)
特に上半身の動きは素晴らしいです。

 

よくフォームが大事と言いますが(僕も言います)

 

100mの決勝での彼の走りと他の選手の走りを比較して繰り返し観ていると

「あー、かけっこの子どもたちと同じ走り方だ。」

と思ったのです。

子どものフォームはめちゃくちゃなように見えますが、
あれはいい意味で生まれたままの自然な動き。

走り方を教わらないと個性派あれど、ぐにゃぐにゃ、ブレブレで動きます。

それがだんだんと筋力がつき、骨、関節が強くなり靭帯や腱が硬く弾性が出てきます。

そうなると、ぐにゃぐにゃ、ブレブレは次第におさまり、
弾むように反発のある動きに変わっていきます。

 

 

 

スクショで荒くて申し訳ないですが、

ハキーム君の動き(特に正面から)誰よりも一番横揺れでたわんでいるのがわかります。


他の選手のたわみは、あまりありません。肩が水平、骨盤も水平です。多田選手は少し、たわんでるかな。

肩も下がり、着地に向かう前から左の遊脚

(振り出している足)の骨盤も

垂れ下がり始めています。

と同時に、右肩は下がります。

この直後に地面反力で力強く推進する力が生まれます。

しかし、ものすごいたわんでいますよね。

緊張や力みがない、だらっとした状態でこそ、実現するフォーム。

 

 

大舞台に動じない、強い心、平常心がなせる技です。

そして、ハキーム君はフォーム矯正を受けていない、つまり走り方を教わっていないのだそうです。

(確かな情報かは断定できませんが、関係者つての話のようです)

 

 

あの桐生選手や山縣選手、ケンブリッジ選手、突如、現れた、多田選手、

9秒台に迫ったトップランナーたちの走っている姿、特に上半身がとても苦しそうに見えるのは僕だけでしょうか??

そんなスピードで走ったことないので偉そうに言えませんが、

純日本人だって小さい時は、そうやってぐにゃぐにゃ走っていたんだからな〜。

 

あんなに体幹をかためて、力んで、重力と思いっきりケンカして走り続けたら・・・

ちなみに世界のトップ選手の走りはコチラ↓

ハキーム選手が黒人により近いことがよくわかりますよね。(ほぼ黒人ですけどね笑)

 

体が動きたいように動かしてあげる運動誘導、思い込みや姿勢制御、運動制御から解放された自由であるがままの体!

越谷BASEかけっこ教室では、基本的にフォームではなく、全体の動きを作りをしていくので、ハキーム選手のような動きを目指しています。初めて言いましたけど笑。

 

最速じゃなくていい。
最高の走りを目指そう!

 

桐生選手も這い上がってほしいですね!

松田タカシ

パーソナルランニング指導②40代女性ビギナー

先日2回目のレッスンがありました。

前回のおさらいとして、

まずは正しい動きに近づけるストレッチ、エクササイズ

これを再確認。

正しい動きを誘導するスイッチが入りやすくなる為に行います。

 


1回目の様子はこちら
http://koshigayabase.com/2017/02/15/personal-running/


 

 

そしてリズムワーク。

これがやっぱり難しいですね。いわゆる裏拍というやつです。日本人のリズムはオンビートです。盆踊りの揉み手拍子ですね。

 

これはじっくり続けてもらいましょう。

このリズムをつかめばぐっと走りかたが変わります。

目指すのはダンスするように走るです♪

 

 

指導させてもらいっているこの女性もそうですし、世の女性ランナーの多くが

膝が強く内側に入る、いわゆる、ニーイン。

トップランナーでもそうですから。

 

この画像では足の幅、歩隔を特に意識しています。

まだ、左右に振れすぎていますが、

骨盤、股関節、膝のねじれはなくなっています。

 

 

 

 

 

 

最後に外に出てフォームを変えるスイッチを入れた後のフォームはこれ。

勝手にフォームが大きくなっています。

よしよしです。

 

 

 

ちなみに私の方針は筋力トレーニングで筋力を上げることは一切やりません。

 

筋力で走るランニングは体が重くなるだけです。

筋力に頼らずとも骨さえあれば前に進むことは可能です。

筋力は結果として必要なぶんだけ必要なところについている

を目指します。

 

 

 

運動原理は一つ

ということです。

良い姿勢が良いフォーム?

必ずしもそうではありません。

それぞれの理想的なフォームはみんな違うはずです。

少なくとも、しきりに言われる体幹がぶれないように、という殺し文句。
体幹を固めてしまうと、せっかくの地面反力が体幹でぶつかって、強い衝撃が股関節、膝、足関節などにリバースします。

それを続ければランナーズ障害が起こる可能性が高くなります。

フォーム、筋力、微妙な体の癖などいろんな要素があるので一概には言えません。

 

でも体幹を固めると地面反力を生かすというより、ぶつかり合ってしまうことだけは理解してください。

反発は下にリバースしないで、上です。上に持って来ましょう!
あの反発が上半身まで上がってこないなんてもったいない!

 

私は胸も張らせないし、顎も引かせません。

 

2次元で見たものをそのまま鵜呑みにすると力んで疲れちゃいます。

 

体は多次元に動きます。

 

動きたがってます!

 

体幹に必要なのは

強さではなく

位置感覚を失わないしなやかさです。

 

 

力んだフォームはもう終わりにして

体を解き放って

さあ、自由になろう!

 

 

 

========================

北越谷、大袋、せんげん台からもご来院いただいてます

足の痛み、脚の歪みの専門整体

越谷base

北越谷5丁目7−2

北越谷駅東口を左まっすぐで5分です。

http://koshigayabase.com

 

《動画》後歯下駄を使ったランニングドリル

越谷BASE松田タカシです。

手探りですが初めてちゃんと?動画をいじりました。

公開するつもりなく、撮ったのですが、けっこう面白かったので笑。

 

 

後歯下駄は特注で作っているものなのでみなさんは練習しようもないのですが(汗)、

 

動画の動き自体を見ていただいて勘の良い方には参考になるかもしれません。

下駄に気を取られていますので、僕もまだまだです。

動き自体はもっともっとダイナミックが理想だと思います。

後歯下駄って本当に難しいのですが、

コツを掴んで後半の方が膝の動きが良くなっています。

 

 

 

音が出るのでお気を付けください。

といううわけで、どうぞご覧下さい!

 

 

 

====================================

足の痛み、脚の歪みの専門整体

〒343-0026 埼玉県越谷市北越谷5丁目7−2

越谷BASE

パーソナルランニング指導①40代女性ビギナー

今日はパーソナルのランニングセッションがありました。

越谷baseでは初オファー♪(まだメニューとしてはアップされてないのです)。

まずは正しい動きに近づけるストレッチ、

エクササイズ、

歩行チェック、

からのリズムワーク、

最後はジョグ。

初回なのでカウンセリングで方向性、目標などじっくり話し合いました。

ケガのリスクの高い動きは効率の悪い動き。

効率の悪さが代償動作を作り出します。

そのまま走り続けると、代償動作が強化され、

結構しっかり走れるようになってくるので錯覚します。

これが怖いのです。

私のランニングセッションは

本人の意向や体の状態などを踏まえ、オーダーメイドで作ります。

でも、一つだけ断りを入れると、

 

運動原理は一つ

 

ということです。

良い姿勢が良いフォーム?

必ずしもそうではありません。

それぞれの理想的なフォームはみんな違うはずです。

少なくとも
体幹を固めてしまうと、せっかくの地面反力を殺してしまいます。
あの反発が上半身まで上がってこないなんてもったいない.

私の指導では体幹は絶対に固めません。
胸も張らないし、顎も引かせません。

体は自由に動くように導きながらも、
運動原理に則った動きからは外れないようにお伝えしています。

運動原理というある程度の制約(本来は自然な動きなんですけど)の中でこそ、

体は解き放たれます。

さあ、自由になろう!

《症例報告》50歳ランナー 足の痛み、膝うらの痛み

二週間後に東京マラソンが控え、ランニングアプリの練習メニューをこなしている。

この3週ほど毎週末、30〜35kmのペース走をしてきたが、走っている時に、足の外側が痛くなり、歩けないほどになった。膝の裏のコリも出てきたがスッキリ取れない。昨年、右膝の鵞足炎、左のシンスプリントもやっている

ランニング歴:1年、現在サブ4(4時間以内)。3時間30分が目標

2週間後に東京マラソンが控えている


症状

左足:足の外側の痛み、膝うらの痛み

両ふくらはぎの張り

 


検査・動作テスト

立位:右膝が内側を向いている。左は正面。

上半身に対し、下半身、脚の筋肉が発達している。

 

歩行チェック:足が外側から回すようにペタペタと着地している。

地面反力に負けているような歩行です。

動くと膝の内側に入る動きが強くなる。

(画像だと粗くてわかりにくいですが。。)

 

触診では特に左脚の外太もも(外側広筋、腸脛靭帯)からふくらはぎ(腓骨筋、腓腹筋)にかけて全体的に硬い。

右もハムストリングス、ふくらはぎ、足裏は硬くなっています。

可動域テストは若干右が狭い。

ランニング障害を一通り経験していることや、右の内ねじれの状態を見ると、左側に出ている足部の症状は右のアライメントを調整すると緩和されると考えられる


整体

下肢を中心にトリガーポイント リリース。

 


インソール

SUPERfeet trimカーボン

 


改善確認

足部の痛み消失。

続いて

歩行とジョグでチェック

筋肉の緊張がとれ動きやすくなっていることは実感している様子。

微妙な変化なのでわかりにくかったのですが、

一番の成果は歩隔(ほかく)が出たこと。

歩隔とは前後の足幅ではなく、左右の足幅です。

before

指一本分と行ったところでしょうか。

 

体重が乗りかかっている軸足が股関節から内側に入っているのがよくわかります。上の動画ですと骨盤が回っています。

これは一軸で体を使っているためです。

 

after

施術でアライメントが正常になり、歩隔が足一足分まで出ました。

二軸の動きです!

二軸の動きになると骨盤が不必要に回らなくなるので股関節も内側には入らなくなりますね。

竹馬や、力士の動きも二軸ですね。地面反力をしっかり捉えて推進力として全身に伝わります。

いい感じです。

 

SUPERfeetのフィッティングも店内の軽いジョグでもかかとの安定感を感じていただけたようでよかったです。


運動指導

SUPERfeetインソールを慣らす

レースまで二週間なので、歩行やスロジョグで調整、

四股踏みで外旋筋に刺激を入れる


一週間後、再来店。

足の外側の痛みが引ききらぬうちに翌日も20KM走。、気持ちはわかりますが〜

結局、東京マラソンは痛みがある状態で途中歩いたりしつつも4時間ちょっとでゴールされたそうです。

ここからじっくり、フォーム改善に取り組んでいきましょう!